いだいけ

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
韋提から転送)
移動先: 案内検索

韋提希

 梵名ヴァイデーヒー(Vaidehī)の音写(おんしゃ)韋提希(いだいけ)の略。毘提訶(びだいか)ともいう。

釈尊在世の頃の中インドにあったマガダ国頻婆娑羅(びんばしゃら)(おう)の夫人で、阿闍世(あじゃせ)の母。阿闍世によって幽閉された頻婆娑羅王のためにひそかに食を運んだが、これが阿闍世に知られ、韋提希自身も幽閉されるに至った。 『観経』はこのことを嘆いた韋提希の願いによって説かれた教えである。


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。