操作

『観経』の三心をえてのちに、『大経』の三信心をうるを一心をうるとは申すなり

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

2018年12月26日 (水) 14:03時点における林遊 (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

 『観経』に説かれている至誠心深心回向発願心三心(ひるがえ)して、『大経』「第十八願」の、至心信楽欲生三信心をうることを、一心を得るというとされる。この一心とは「信巻」三心一心問答(信巻 P.229) にある三信即一の一心である。この一心が欠ければ真の報土へは生まれずといふ。(唯文 P.714)

「若少一心」といふは、「若」はもしといふ、ごとしといふ、「少」はかくるといふ、すくなしといふ。一心かけぬれば生れずといふなり。
一心かくるといふは信心のかくるなり、信心かくといふは、本願真実の三信心のかくるなり[1]
『観経』の三心をえてのちに、『大経』の三信心をうるを一心をうるとは申すなり。このゆゑに『大経』の三信心をえざるをば一心かくると申すなり。この一心かけぬれば真の報土に生れずといふなり。
『観経』の三心は定散二機の心なり、定散二善回して、『大経』の三信をえんとねがふ方便の深心と至誠心としるべし。(唯文 P.714)

善導大師の当面では「もし一心かけぬれば」の一心は『観経』の至誠心深心回向発願心の三心のうちの一心がかけることである。しかし御開山は『大経』の三信即一の信楽(信心)である「一心」がかけることであるとされた。
法然聖人は、ご自身の回心の体験(*) から偏依善導といわれ、主として『観経疏』の説に拠られ浄土教を開顕された。それに対して、御開山は法然聖人が「三経一論」として挙げられた『浄土論』、その注釈書である『論註』によって法然聖人の真意を洞察されたのであった。そして阿弥陀仏の本願を説く『大経』を真実の経とし、第十八願の、至心信楽欲生の三信(三心)を根拠とし詳細に展開されたのである。『大経』には「願」が説かれているからである。この『観経』の三心から『大経』の三信への指示が「『観経』の三心をえてのちに、『大経』の三信心をうるを一心をうるとは申すなり」の釈であろう。
御開山は「それ真実の教を顕さば、すなはち『大無量寿経』これなり」(教巻 P.135) と『大経』によって宗義を立てられるから『観経』に真仮をみられたのである。「『観経』の三心をえてのちに、『大経』の三信心をうるを一心をうるとは申すなり」とはその意であろう。それが三心結釈として、

まことに知んぬ、至心・信楽・欲生、その(ことば)異なりといへども、その(こころ)これ一つなり。なにをもつてのゆゑに、三心すでに疑蓋雑はることなし、ゆゑに真実の一心なり。(信巻 P.245)

と、疑蓋無雑の『浄土論』の「世尊我一心」の一心であった。

広く三経の光沢を蒙りて、ことに一心の華文を開く。しばらく疑問を至してつひに明証を出す。(信巻 P.209)

とある本願力回向華のような一心であったのである。

(78)
真実信心えざるをば
 一心かけぬとをしへたり
 一心かけたるひとはみな
 三信具せずとおもふべし (高僧 P.592)
一心
定散二善を…ねがふ
もし一心少けぬれば
若少一心…

  1. 『観経』の「具三心者 必生彼国(三心を具するものは、かならずかの国に生ず)」の文を善導大師は『礼讃』で、至誠心 深心 回向発願心のうちの一心が欠けることを「若少一心 即不得生(もし一心かけぬればすなはち生れずといふなり)」とされていた。御開山はこの「一心かける」を『大経』の、至心 信楽 欲生の三心即一の信楽が欠けることが一心が欠けることであるとみられた。それが次下の「『観経』の三心をえてのちに、『大経』の三信心をうるを一心をうるとは申すなり」である。御開山は『観経』を顕機の教(機の真実)とみられた。その根底には大乗菩薩道の「別願」を説く『大経』を「真実の教」とするからであった。穢土・浄土の二元を主題とした『観経』から「誓願一仏乗」の大乗を説く『大経』の本願に立脚されたからである。