操作

ふかく信じて

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

2020年1月25日 (土) 00:45時点における林遊 (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

ふかくしんじて

 深く信じてを、信心あさくと対判され「深とは利他真実の心これなり」の意とされておられたのであろう。(消息 P.785)
「化巻」の三経通顕で真仮を分判し、

ここをもつて『大経』には「信楽」とのたまへり、如来の誓願疑蓋雑はることなきがゆゑに信とのたまへるなり。
『観経』には「深心」と説けり、諸機の浅信に対せるがゆゑに深とのたまへるなり。『小本』(小経)には「一心」とのたまへり、二行雑はることなきがゆゑに一とのたまへるなり。また一心について深あり浅あり。とは利他真実の心これなり、とは定散自利の心これなり。 (化巻 P.393)

とある。「行巻」では教法について47対をあげた中に「深浅対(念仏は深い法であり、諸善は浅薄である。)」とある。(行巻 P.199)

トーク:疑蓋