操作

「三願的証」の版間の差分

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

 
3行目: 3行目:
 
さんがん-てきしょう
 
さんがん-てきしょう
  
的取三願ともいう。曇鸞の『浄土論註』巻下([[浄土論註 (七祖)#三願的証|論註 P.155]]) に見える説。『浄土論』には、[[五念門]]の行を修めることによってすみやかに成仏するといわれているが、それは五念門によって[[浄土]]へ生まれ、浄土の[[菩薩]]として他を教化するから[[自利]]と[[利他]]とが完成するのによるとして、浄土往生によってすみやかに成仏する根拠を、阿弥陀仏の四十八願のうちの三願を取り出して証明したもの。<br />
+
的取三願ともいう。[[曇鸞]]の『浄土論註』巻下([[浄土論註 (七祖)#三願的証|論註 P.155]]) に見える説。『浄土論』には、[[五念門]]の行を修めることによってすみやかに成仏するといわれているが、それは[[五念門]]によって[[浄土]]へ生まれ、浄土の[[菩薩]]として他を教化するから[[自利]]と[[利他]]とが完成するのによるとして、浄土往生によってすみやかに成仏する根拠を、阿弥陀仏の四十八願のうちの三願を取り出して証明したもの。<br />
 
即ち'''[[第十八願]]'''によれば、念仏して往生するから迷いの世界に[[輪廻]]することがなく、'''[[第十一願]]'''によれば浄土の衆生は[[正定聚]]に住するから必ず[[滅度]](さとり)に至り堕落することがない。<br />
 
即ち'''[[第十八願]]'''によれば、念仏して往生するから迷いの世界に[[輪廻]]することがなく、'''[[第十一願]]'''によれば浄土の衆生は[[正定聚]]に住するから必ず[[滅度]](さとり)に至り堕落することがない。<br />
 
そして'''[[第二十二願]]'''によれば浄土の菩薩は一地より一地へと次第に進むことなく諸地の行を同時に修め、また利他の行を修める。このように、往生のためにも往生の後の生活においてもすべて阿弥陀仏の本願力によるのであるから、すみやかに往生成仏することになるという。これによって往生の因である五念門と、往生してからの果である[[五功徳門]]のうちの前の四門および第五門とがいずれも'''[[本願力]]'''によることを、順次に三願をもって証明したのである。(仏教学辞典)
 
そして'''[[第二十二願]]'''によれば浄土の菩薩は一地より一地へと次第に進むことなく諸地の行を同時に修め、また利他の行を修める。このように、往生のためにも往生の後の生活においてもすべて阿弥陀仏の本願力によるのであるから、すみやかに往生成仏することになるという。これによって往生の因である五念門と、往生してからの果である[[五功徳門]]のうちの前の四門および第五門とがいずれも'''[[本願力]]'''によることを、順次に三願をもって証明したのである。(仏教学辞典)
 
}}
 
}}
[http://www.kanjipedia.jp/kanji/0004998500 的]は、あたる。要点をつく。たしか。あきらかという意。三願の要点をあきらかにして証明するという意。
+
[http://www.kanjipedia.jp/kanji/0004998500 的]は、あたる。要点をつく。たしか。あきらかという意。三願の要点をあきらかにして証明するという意。([[行巻#三願的証|行巻 P.193で引文]])
 
+
([[行巻#三願的証|行巻 P.193で引文]])
+
  
 
[[Category:追記]]
 
[[Category:追記]]

2019年11月10日 (日) 19:41時点における最新版

  • 『論註』で本願力(仏力)に拠って速やかに往生成仏することを三願によって証明された釈文。

さんがん-てきしょう

的取三願ともいう。曇鸞の『浄土論註』巻下(論註 P.155) に見える説。『浄土論』には、五念門の行を修めることによってすみやかに成仏するといわれているが、それは五念門によって浄土へ生まれ、浄土の菩薩として他を教化するから自利利他とが完成するのによるとして、浄土往生によってすみやかに成仏する根拠を、阿弥陀仏の四十八願のうちの三願を取り出して証明したもの。
即ち第十八願によれば、念仏して往生するから迷いの世界に輪廻することがなく、第十一願によれば浄土の衆生は正定聚に住するから必ず滅度(さとり)に至り堕落することがない。
そして第二十二願によれば浄土の菩薩は一地より一地へと次第に進むことなく諸地の行を同時に修め、また利他の行を修める。このように、往生のためにも往生の後の生活においてもすべて阿弥陀仏の本願力によるのであるから、すみやかに往生成仏することになるという。これによって往生の因である五念門と、往生してからの果である五功徳門のうちの前の四門および第五門とがいずれも本願力によることを、順次に三願をもって証明したのである。(仏教学辞典)

は、あたる。要点をつく。たしか。あきらかという意。三願の要点をあきらかにして証明するという意。(行巻 P.193で引文)