操作

「不二」の版間の差分

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

 
4行目: 4行目:
 
:→[[入不二の法門]]
 
:→[[入不二の法門]]
 
:→[[若不生者のちかひ]]
 
:→[[若不生者のちかひ]]
 
+
:→[[名体不二]]
 
[[Category:追記]]
 
[[Category:追記]]

2019年7月12日 (金) 23:04時点における最新版

ふに

 二とは相対や対立の意で、この否定が不二。対立していて二元的に見える事柄も、絶対的な立場から見ると対立がなく一つのものであるということ。相対(相待)を絶するということから絶対(絶待)を意味する。また対立を超えているということから平等を意味し、不二絶対、不二平等というように使われる。

入不二の法門
若不生者のちかひ
名体不二