操作

「大利」の版間の差分

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

 
4行目: 4行目:
  
 
【左訓】
 
【左訓】
:①「涅槃に入るを大利といふなり」(異本)([[浄土和讃#P--561|浄土 P.561]]) 
+
:①「涅槃に入るを大利といふなり」(異本)([[浄土和讃#no30|浄土 P.561]]) 
 
:②「涅槃ねはんのさとり」([[三経往生文類#P--637|三経 P.637]])
 
:②「涅槃ねはんのさとり」([[三経往生文類#P--637|三経 P.637]])
  
 
{{Copyright}}
 
{{Copyright}}
 
----
 
----

2020年1月26日 (日) 12:05時点における最新版

だいり

 大きな利益(りやく)、すなわち無上涅槃(仏のさとり)に至ること。(真要鈔 P.979)

【左訓】

①「涅槃に入るを大利といふなり」(異本)(浄土 P.561) 
②「涅槃ねはんのさとり」(三経 P.637)
出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。