操作

宗教

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

2020年11月2日 (月) 06:45時点における林遊 (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

しゅう-きょう

 宗と教え、また、宗の教えの意で仏教のもろもろの教え、あるいはその中の一つを指していう。明治時代以降はレリジョン(religion)の訳語として、仏教やキリスト教などを包括的に示す意が一般的となった。 →  →  (浄土真宗辞典)

◆ 参照読み込み (transclusion) JDS:宗教

しゅうきょう/宗教

「文化」や「芸術」など、われわれの生活の中の他の領域と同じように、宗教もまたかなり広範にわたる事象であって、その輪郭は必ずしも一義的に明確だとは言えない。その複雑さは、要するに、それを生み出した社会的な文脈の多様さや、その歴史的な変容の結果なのである。「宗教」とは、この独特な事象を全体として捉え、また論議するために、いわば人為的に設定された概念枠組みにほかならない。したがって、その詳しい内容を明らかにするには、背景ないし基盤をなす文化環境やその変遷を念頭におきつつ、表現(ことば)とそれが指している事象との両面から検討してみる必要があろう。

[ことばと意味]

まず表現それ自体について見てみれば、「宗教」はもと仏教に由来する漢語の熟語である。しばしば言及される法蔵の『華厳五教章』では、それは教えの核心をなす「宗」とそれについてのいろいろな言説としての「教」とを含み、要するに仏教を意味したという。しかし、それが現代日本語の語彙として採用されたのは比較的新しく、明治維新の前後からであった。当時、開国とともに欧米諸国との交渉の必要に迫られたわが国で、多少の試行錯誤ののち、それが欧米語のreligionにほぼ相当する訳語として選ばれ、次第流通し定着するに至った。こうして今日では、「宗教」はふつう仏教キリスト教ヒンドゥー教神道などのすべてを含む類概念(一段高い概念)として用いられることになった。ちなみに、これとやや似た事情は欧米の側にも認められる。すなわち、religionの語源のラテン語religioは、元来は禁忌の感情や信心などを意味していたが、現代語では、日本語の場合と同じく、さまざまな諸宗教を覆うものと解されることになった。

このように、日本語と欧米語の表現には、細部の違いにも拘らず、いくつかの共通点がある。その一つは、双方ともが暗黙のうちに、ある程度まとまった教義や組織を有し、一言でいえば形の整った宗教を想定していることである。逆に、そうした要件を欠き「拡散」したものは、宗教ではなく「俗信」とか、さらには「迷信」などと呼ばれ区別される場合が少なくない。例えば、この点について一つの公式見解をしめした「宗教法人法」(昭和二六年〔一九五一〕制定)では、一定の教義礼拝対象ないし施設をもつことなどが、法人の構成要件としてあげられる。いずれにしても、「宗教」の意味とその指す範囲とを確定しようとすれば、さらに、それに対応する事象の側からの接近が求められることになる。

[特徴と類型]

こうした角度から重ねられてきた考察は、今日、宗教がいくつかの特徴的な要素からなる複合的なシステム(体系)であることを明らかにしたと言える。実際には千差万別だが、よくみると共通の性質・働きをもつそうした要素として、ここではとりあえず次の四つをあげる。①思想的・観念的な要素としての「教え」。世界や人生についての見方、この世ならぬ別世界(他界・異界)や神霊の表象などで、神話教義として説かれる。②行動にかかわる要素としての儀礼修行。教えと連動しつつ個人や集団の宗教生活の中核となる。③現実に宗教を営む人間の結びつき・組織という社会的な要素。④担い手である人間の志向に連動して、これらすべての要素が帯びる「非日常的」「究極的」という独特の質と深み。これを体験の要素と名づけてもよい。

以上が諸宗教の公分母(共通する要素)であるが、これら要素の具体的な中味やその相互関係を手がかりに、さらにいくつかの類型に分けることも可能である。総じて、「原始的」な宗教では②の儀礼が中心となる場合が多いが、古代宗教仏教キリスト教などの「普遍宗教」は、ふつうさらに加えて高度に発達した①の教えをもっている。その教えも、何らかの超越的存在(神・神々・神仏など)への信仰を説くもののほか、初期仏教のように、専ら解脱の境地への到達をめざすものもある。同じような分類は、③の宗教の組織についても数多く提示でき、この種の分析は、宗教の研究の重要かつ興味ふかいテーマをなしている。

宗教の動態]

ここでは、試みに宗教を一つのシステムとして見たが、言語や生態系など、一般にすべての生きたシステムと同じように、宗教もまたつねに流動する。すなわち、全体としての統合を保ちながらも、その中の個々の要素は絶えず変化し、また更新される。例えば、わが国でひろく行われてきた地鎮祭のように、その本来の意義の薄れた儀礼は「習俗」として周辺に押しやられる一方で、新しい要素が採り入れられてくる。近年、伝統的な宗教とは異なって不定形な「霊性」(スピリチュアリティ)が多くの関心を惹くようになったのも、その一例といえる。本項の最初にも述べたように、宗教と非宗教の境界がしばしば重なり合い、また流動するのは、本来それに具わった動態の結果である。


【参考】阿満利麿『日本人はなぜ無宗教なのか』(ちくま新書、一九九六)、田丸徳善「称名念仏の宗教学」(『現代と念仏』浄土宗総合研究所、一九九九)、関一敏他編『岩波講座 宗教』全一〇巻(岩波書店、二〇〇三~四)、島薗進他編『宗教学キーワード』(有斐閣、二〇〇六)


【執筆者:田丸徳善】