操作

「実相身」の版間の差分

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

 
1行目: 1行目:
 
じっそうしん
 
じっそうしん
  
 実相 (<kana>真如(しんにょ)</kana>) をさとり、自利の徳をそなえた仏身。 →[[七祖-補註1]] ([[浄土論註 (七祖)#P--103|論註 P.103]]、[[安楽集 (七祖)#P--232|安楽集 P.232]])
+
 [[実相]] (<kana>[[真如]](しんにょ)</kana>) をさとり、自利の徳をそなえた仏身。 →[[七祖-補註1]] ([[浄土論註 (七祖)#P--103|論註 P.103]]、[[安楽集 (七祖)#P--232|安楽集 P.232]])
  
 
{{Copyright}}
 
{{Copyright}}

2020年2月11日 (火) 18:55時点における最新版

じっそうしん

 実相 (真如(しんにょ)) をさとり、自利の徳をそなえた仏身。 →七祖-補註1 (論註 P.103安楽集 P.232)

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。

◆ 参照読み込み (transclusion) ノート:実相身

じっそうしん 実相身  いもつしん 為物身

 真如実相にかなった自利円満の仏身。これに対して、衆生(物)のために利益をほどこす利他円満の仏身を為物身という。曇鸞は、この実相身為物身によって阿弥陀仏の性格を明らかにしている。それは阿弥陀仏の仏身の全体を指して実相身とし、同時にまた為物身とするもので、阿弥陀仏正覚は単に仏みずからのためのものではなく、衆生救済のために成就されたものであることを示している。→不如実修行七祖-補註1。(浄土真宗辞典)