操作

「尽十方無碍光如来」の版間の差分

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

 
 
1行目: 1行目:
(じんじっぽうむげこうにょらい)
+
じんじっぽうむげこうにょらい
  
  阿弥陀仏の徳をあらわす名で、天親(てんじん)菩薩の『浄土論』に示されている。智慧の光をもって十方(じっぽう)世界を照らして、さわりなく衆生(しゅじょう)を救いたもう如来という意。→[[阿弥陀仏]](あみだぶつ)。
+
 阿弥陀仏の徳をあらわす名で、<kana>[[天親]](てんじん)</kana>菩薩の『浄土論』に示されている。[[智慧]]の光をもって<kana>十方(じっぽう)</kana>世界を照らして、さわりなく<kana>[[衆生]](しゅじょう)</kana>を救いたもう如来という意。→<kana>[[阿弥陀仏]](あみだぶつ)</kana>
  
 
{{Copyright}}
 
{{Copyright}}
 
----
 
----
 
尽十方+無碍+光+如来
 
尽十方+無碍+光+如来

2017年11月10日 (金) 16:26時点における最新版

じんじっぽうむげこうにょらい

 阿弥陀仏の徳をあらわす名で、天親(てんじん)菩薩の『浄土論』に示されている。智慧の光をもって十方(じっぽう)世界を照らして、さわりなく衆生(しゅじょう)を救いたもう如来という意。→阿弥陀仏(あみだぶつ)

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。

尽十方+無碍+光+如来