テスト

 操作

普賢の徳

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

2018年4月17日 (火) 15:17時点における林遊 (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

ふげんのとく

 浄土に往生したものが再びこの世に還り、普く衆生を済度するという大慈大悲の徳。(行巻 P.189, 証巻 P.316, 浄文 P.483, 三経 P.630, 唯文 P.702)

 「われら衆生、極楽にまゐりなば、大慈大悲をおこして十方に至りて衆生を利益するなり。仏の至極の慈悲をまうすなり」(異本左訓)(浄土 P.559)

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。

普賢の願