操作

本願力の回向

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

2017年12月28日 (木) 22:14時点における林遊 (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

ほんがんりきのえこう

 →補註12(他力・本願力回向) (浄文 P.478, 二種 P.721)

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。

法然聖人の教学のキーワードは「選択本願念仏」であり、その選択本願を『浄土論』『浄土論註』の本願力の語に拠って「本願力回向」であるというのが親鸞聖人の「本願力回向」(利他力)という浄土真宗の教義概念である。

二種回向
他力
他利利他の深義

インクルード補註12

Dharma wheel

補  註

阿弥陀仏
往生・真実証・浄土
機・衆生
具縛の凡愚・屠沽の下類
業・宿業
正定聚
信の一念・聞
真実教
旃陀羅
大行・真実行
大信・真実信
他力・本願力回向
同朋・同行
女人・根欠・五障三従
方便・隠顕
菩薩
本願
→七祖 補註へ

12 他力・本願力回向

他力とは、阿弥陀仏の本願力回向のはたらきをいう。本願力とは、因位(いんに)の本願のとおりに完成された力用(りきゆう)のことである。 その本願とは、十方(じっぽう)衆生をして阿弥陀仏の救いを信ぜしめ、その名号を称えしめて、浄土に往生せしめようという願いであったから、本願力とは、衆生をして信行(しんぎょう)せしめ往生成仏せしめているはたらきをいうのである。このように、衆生に南無阿弥陀仏を与えて救うことを、親鸞聖人本願力回向といわれたのである。

回向とは「回転して趣向すること」であるが、これに自身の善根(ぜんごん)を転じて菩提(ぼだい)(さとり)に向かう菩提回向(自利)と、他の衆生に施して与えて救っていく衆生回向(利他)と、真如(しんにょ)にかなっていく実際回向とがある。

いま本願力回向とは、本願に誓われたように、阿弥陀仏が自身の成就された仏徳のすべてを南無阿弥陀仏におさめて衆生に与えたもう利他回向のことである。『一多(いった)証文(しょうもん)』に、「回向は、本願の名号をもつて十方の衆生にあたへたまふ()のりなり」(678) といわれたごとくである。

親鸞聖人は「教巻(きょうかん)」の初めに、本願力回向の相に、往相(おうそう)還相(げんそう)の二種のあることを示された。往相とは、衆生が浄土に往生していく因果のすがたであって、教を与え行信の因を与え証果を与えていくことである。還相とは、証果を開いたものが大悲をおこして菩薩(ぼさつ)のすがたとなって、十方の衆生を救うためにこの世に還り来るすがたであるが、それもまた阿弥陀仏の第二十二願によって与えられたすがたである。


出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。