操作

殿最懸隔

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

2005年9月7日 (水) 23:56時点における淳照 (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

でんさいけんかく

  殿は下・後、最は上・先頭をあらわす。しんがりと先頭、上下優劣のへだたりがはなはだしいこと。 (口伝鈔 P.898


  すぐれた功績を最、それほどでもない功績を殿、また、先頭を最、しんがりを殿ということから、殿最は優劣の意。懸隔はへだたりがはなはだしいこと。

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。