操作

「維摩経」の版間の差分

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

 
10行目: 10行目:
 
:→ [[方丈に…]]
 
:→ [[方丈に…]]
 
:→ [[号び三千を振はす]]
 
:→ [[号び三千を振はす]]
 +
:→ [[卑湿の淤泥…]]
 
:→[[ノート:道場]]
 
:→[[ノート:道場]]
 +
  
 
[[Category:巻末註]]
 
[[Category:巻末註]]

2020年3月21日 (土) 12:26時点における最新版

ゆいまぎょう

『維摩経』 『維摩詰(ゆいまきつ)所説経(しょせつきょう)』のこと。 三巻。 後秦(こうしん)鳩摩羅什(くまらじゅう)訳。 在家の維摩詰を主人公としたもの。 一切(いっさい)皆空(かいくう)の思想にもとづいて、大乗菩薩の実践道を説く。

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。

不断煩悩得涅槃
足の指…
一音を…悟る
方丈に…
号び三千を振はす
卑湿の淤泥…
ノート:道場