操作

「阿闍世王太子」の版間の差分

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

(相違点なし)

2004年11月22日 (月) 20:30時点における版

あじゃせおうたいし

  阿闍世王の太子、和休(わく)とする説と、阿闍世王自身のこととする説とがある。(行巻 P.144)

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。