操作

いっぺん

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

一遍

 (1239-1289)諱(いみな)は智真、時宗の開祖。円照大師、遊行(ゆぎょう)上人とも呼ばれる。

 伊予(現在の愛媛県)の豪族河野道広の子として生まれ、出家して聖達(浄土宗西山派の祖、証空の弟子)に師事した。

 文永十一年(1274)熊野に百箇日参篭して、夢告を得、自ら一遍と号して時宗を開き、以後全国を遊行して念仏弘通に努めた。

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。

六字名号一遍法

WDM:いっぺん