もつておのれが善根として

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

もっておのれがぜんこんとして


称名を自らの修した善根であるとして回向するということ。 (化巻 P.400)

原文の当面読みは

己善根(己が善根を以って)

であるが、御開山は、

以己善根(以って己が善根として)

と、訓点を付け替えられて自力の称名の意にされた。