トーク:御文章 (二帖)

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

 ほとけは悪人をすて給はねども、このみて悪をつくる事、これ仏の弟子にはあらず、一切の仏法に悪を制せずといふ事なし。  悪を制するに、かならずしもこれをとゞめえざるものは、念仏してその罪を滅せよとすゝめたる也。 ……たとへば人のおやの、一切の子をかなしむに、そのなかによき子もあり、あしき子もあり。 ともに慈悲をなすとはいへども、悪を行ずる子をば、目をいからし、杖をさゝげて、いましむるがごとし。

仏の慈悲のあまねき事をきゝては、つみをつくれとおぼしめすといふさとりをなさば、仏の慈悲にももれぬべし。 悪人までもすて給はぬ本願としらんにつけても、いよいよほとけの知見をばはづべし、かなしむべし。 父母の慈悲あればとて、父母のまへにて悪を行ぜんにその父母よろこぶべしや。 なげきながらすてず、あはれみながらにくむ也。ほとけも又もてかくのごとし。 『和語燈録』巻四 『真宗聖教全書』四p641