三種の荘厳

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

さんしゅのしょうごん

 天親(てんじん)菩薩の『浄土論』に説く浄土のうるわしい相で、国土荘厳十七種・仏荘厳八種・菩薩荘厳四種の三厳二十九種(さんごんにじゅうくしゅ)荘厳のこと。


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。


国土の荘厳

  1. 荘厳清浄功徳
  2. 荘厳無量功徳
  3. 荘厳性功徳
  4. 荘厳形相功徳
  5. 荘厳種種事功徳
  6. 荘厳妙色功徳
  7. 荘厳触功徳
  8. 荘厳三種功徳
  9. 荘厳雨功徳
  10. 荘厳光明功徳
  11. 荘厳妙声功徳
  12. 荘厳主功徳
  13. 荘厳眷属功徳
  14. 荘厳受用功徳
  15. 荘厳無諸難功徳
  16. 荘厳大義門功徳
  17. 荘厳一切所求満足功徳

仏の荘厳

  1. 荘厳座功徳
  2. 荘厳身業功徳
  3. 荘厳口業功徳
  4. 荘厳心業功徳
  5. 荘厳大衆功徳
  6. 荘厳上首功徳
  7. 荘厳主功徳
  8. 荘厳不虚作住持功徳

菩薩の荘厳

  1. 不動遍至功徳
  2. 時遍至功徳
  3. 無余供養功徳
  4. 遍示三法功徳