操作

乃至一念…

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

ないしいちねん…

 「乃至一念、かの仏を念じたてまつれば、また往生を得」『大経』の原文には「乃至一念、かの仏を念じたてまつりて、至誠心をもつてその国に生れんと願ぜん。この人、終りに臨んで、夢のごとくにかの仏を見たてまつりて、また往生を得」(大経 P.43)とある。

 (一多分別 P.1372)

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。