操作

五停心観

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

ごじょうしんかん

 仏道修行の最初に修める観法

  1. 不浄観(貪りを対治する)
  2. 慈悲観(いかり(瞋)を対治する)
  3. 因縁観(因果の理を観じて無知(癡)を対治する)
  4. 界差別観(われわれの個人存在を構成している十八要素(十八界)を観じて、我に対する執着を対治する)
  5. 数息観(出入の息を数えて心を統一し、心の散乱を対治する)
四念処

参照WEB版浄土宗大辞典の「五停心観」の項目