住水宝珠

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

じゅうすいほうしゅ

 如意珠の異名。意のままに宝や衣服、食物などを出す徳をもつ宝珠のこと。水底に沈んでいる宝珠。菩提心を喩えていう。(信巻 P.228)

 如(にょ)意(い)珠(しゅ)の異名。 意のままに財宝や衣服・飲食などを出す徳をもつ宝珠。 また悪を去り、濁水をきよらかにし、禍(わざわい)を去る徳をもつともいう。 (要集 P.921)


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。