六住

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

ろくじゅう

 十地のうちの初地から六地を指すという説、十住のうちの初住から六住を指すという説がある。(信巻 P.279)


 六種住の略。菩薩の修行の位を六種に分けたもの。『地持経(じじきょう)』巻二による。

種性住(しゅしょうじゅう)(十住)
解行住(げぎょうじゅう)十行(じゅうぎょう)十回向(じゅうえこう)
浄心住(じょうしんじゅう)初地(しょじ)
行道迹住(ぎょうどうしゃくじゅう)(第二地より第七地まで)
決定住(けつじょうじゅう)(第八・九地)
究竟住(くきょうじゅう)(第十地および等覚(とうがく))。→菩薩


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。