力者法師

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

りきしゃほうし

  もとは輿かく僧たちのことであったが、のちには剃髪して公家・寺社・武家などに仕え、駕輿、馬の口取り、長刀を帯してのを警護、使者など、力役を中心とした奉仕に従った者。(正像 P.619, 自力他力 P.1379)


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。