善恵房

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

(ぜんえぼう)

 (1177-1247)法然上人の門弟、証空(しょうくう)のこと。浄土宗西山派の派祖。十四歳で出家し法然上人の門に入った。「七箇条制誡(しちかじょうせいかい)」の四番目に署名するなど法然上人門下の重要な地位にあった。承元の弾圧(1207)・嘉禄(かろく)の弾圧(1227)に連座したが、とりなしがあり免れた。建保元年(1213)から西山善峰寺の往生院(三鈷寺)に住したので、その門流を西山義と呼ぶ。


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。