四重禁

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
四重から転送)
移動先: 案内検索

しじゅうきん

 四重禁戒のこと。略して四重ともいう。比丘(びく)・比丘尼(びくに)の守るべき最も厳重な禁戒。殺生・偸盗(ちゅうとう)(いん)妄語(もうご)四波羅夷罪(しはらいざい)をいう。これを犯すと出家教団から追放される。 →四重 (信巻 P.221後世物語 P.1365,愚禿上 P.512,愚禿下 P.533)


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。