操作

執心

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

しゅうしん

 Ⅰ 法をとりたもつ心で、信心のこと。自力の行法をとりたもてば自力の信心のことになり、他力の法をとりたもてば他力の信心を意味することになる。(正信大意 P.1036)

 Ⅱ 執着心。ここでは是非ともこの土地にとどまりたいという執着心。 (御文章 P.1188)

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。