多屋

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

たや

 多は他で、本坊に対する他屋の意。、地方の門徒が吉崎御坊参詣の際、宿泊聞法(もんぽう)する宿坊をいう。越前(現在の福井県)や加賀(現在の石川県南部)方面の有力寺院は吉崎に多屋を設け家族の一部をここに留めて宿泊者の世話をさせた。 (御文章 P.1098, P.1107)


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。