守屋

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

もりや

  物部守屋(もののべのもりや)(-587)のこと。仏教伝来当時、仏教の受容に反対して蘇我氏と対立し、用明天皇の死後、穴穂部皇子(あなほべのみこ)を擁護しようとしたが、蘇我馬子らに攻められ敗死した。(正像 P.620)


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。