操作

弥勒

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

みろく

  梵語マイトレーヤ(Maitreya)の音写。慈氏(じし)と漢訳する。また阿逸多(あいった)ともいう。阿逸多は梵語アジタ(Ajita)の音写で無能勝と漢訳し、弥勒の(あざな)とされる。もとは別の人格であったのを混同したと考えられる。

 弥勒は現在の一生を過ぎると仏と成る補処(ふしょ)の菩薩として、現在兜率天(とそつてん)の内院に住し、天人のために説法している。釈尊滅後五十六億七千万年の後にこの世に下生して、竜華樹(りゅうげじゅ)の下でさとりをひらき、衆生(しゅじょう)を救済するために三回説法するといわれる(弥勒の三会)。

 浄土真宗では、真実信心をえた人は来世に必ず成仏する身に定まるから、その位は弥勒に同じであるとして、「便同弥勒(べんどうみろく)」とも「次如弥勒(しにょみろく)」ともいう。


出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。

WDM:みろく