張掄

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

ちょうりん

 南宋代の人。浄楽と号す。高宗の頃、総官(軍事をつかさどる官名)となった。厚く念仏を尊び、晩年、自宅に道場を設け、慧遠(えおん)白蓮社(びゃくれんしゃ)にならい、妻子とともに日課念仏を修した。(行巻 P.177)


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。