操作

従真垂仮

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

じゅうしん-すいけ じゅうけ-にっしん

従真垂仮(じゅうしん-すいけ)

真より仮を垂れる。真実を直接理解できない未熟の機の為に真(実)より仮(善巧方便)を垂れること。真実を顕す為に暫く用いるから暫用といふ。(暫用の意味:しばらくもちいる)

従仮入真(じゅうけ-にっしん)

仮より真へ入れる。仮の法門にいる者を仮(権仮方便)より真(実)に入らしめること。真実を知ることによって仮を廃捨するから還廃といふ。(還廃の意味:かえりてはいす)
  • 従は助辞で~より、ということ。

用例:
従真垂仮して従仮入真せしめる。

真実の立場よりかりに方便を垂れて、これを真実に誘入せんとする作用であり、 従真垂化して未熟の機を従仮入真さしめようとすることをいう。
トーク:方便