えかん

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
懐感から転送)
移動先: 案内検索

懐感

 (7世紀頃)唐代の僧。長安千福寺に住した。感禅師(かんぜんじ)とも呼ぶ。初め唯識を学び、のち善導(ぜんどう)大師(613-681)に師事して浄土教の要義を学び、念仏三昧を証得したという。著書に『釈浄土群疑論(しゃくじょうどぐんぎろん)』七巻(懐惲(えうん)補筆)がある。


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。