操作

機の真実

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

きのしんじつ

 衆生の本来のすがた。(口伝鈔 P.900, 改邪鈔 P.938)

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。

二種深信

覚如上人は、[口伝鈔で、

 いはゆる三経の説時をいふに、『大無量寿経』は、法の真実なるところを説きあらはして対機はみな権機なり。『観無量寿経』は、機の真実なるところをあらはせり、これすなはち実機なり。いはゆる五障の女人韋提をもつて対機として、とほく末世の女人・悪人にひとしむるなり。
『小阿弥陀経』は、さきの機法の真実をあらはす二経を合説して、「不可以少善根福徳因縁得生彼国」と等説ける。無上大利名願を、一日七日の執持名号に結びとどめて、ここを証誠する諸仏の実語を顕説せり。

とされておられた。