操作

正覚浄華の化生

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

しょうがくじょうけのけしょう

 阿弥陀如来と同体のさとりをひらくこと。浄華とは仏の座のことで、如来正覚の仏座に化生するという意。(行巻 P.186, 証巻 P.310)

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。