操作

歸命本願抄

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

この書は、浄土宗清浄華院第五世 向阿証賢(こうあしょうけん)上人(1265?~1345?)の作とされる。元亨年間(1321~1324)成立。「帰命本願鈔」3巻・「西要鈔」2巻・「父子相迎」2巻などがある。和文で、浄土宗の教義を説く。
蓮如上人の次女、見玉尼は縁あって浄土宗浄華院に喝喰に出されていた。吉崎建立の頃、上人の膝下へ戻ったといわれる。蓮如上人は、この見玉尼の縁で『帰命本願抄』を読まれ、請求(しょうぐ)の意味のタスケタマエを、許諾の意味に転じて「お文」(御文章)で使い出されたのではないかと聴いたことがある。 なお、本文の「悪人をさきとすべし」(悪人為先)とか、「悪人をもて本とすべし」(悪人為本)のように悪人正機説を示すような言葉にも注意すべきであろう。三心料簡および御法語にある「善人尚以往生況悪人乎」(善人なおもって往生す況や悪人をや)という悪人正機説は、法然聖人から伝えられたお言葉だったのである。

中古文なので読みにくいが、ほぼ作者の意向は受け取れるとおもふ。 なお旧字は新字に変換した。


帰命本願抄

帰命本願抄上

夫八万随情の教門は、みな苦海をわたる法船なりといへども、六八超世の本願のみ、ひとりよく常没をすくふ教網たり。 是すなはち本師弥陀五劫思惟の善巧、末世の衆生九品往生の方便なるものをや。 しかあれば、四重八重のともがら、ことごとく報仏化仏の来迎にあづかり、一種一念のたぐひ、おなじく無漏無生の宝国にいたる。 このゆへに光明大師震旦にあらはれて、このおもむきをすすめ、黒谷の上人我朝にいでて、このむねをひろめ給ひしよりこのかた、教をうかがひ行をもとむるもの四遠にみち、穢をいとひ浄をねがふやから一天にあむねくして、世のならはし人のことわざになりにしかば、大かたことはりむでは我も人もみみなれたる事ぞかし。

されども安心起行のありさまなんどこまやかにたづねうかがはんとすれば、諸方の智者たち、そのおしへまちまちにして、往生の径路ひとかたにおもひさだめがたし。 このなかに、いづれか、まさしき法然上人のすすめ給けんおもむきならんと、おぼつかなけれども、面面にわれこそ黒谷の遺風なれと称し、これなん吉水の余流なりと号すれば、あまねく、とふらふにしたがひて、いとどをろかなる心まよひぬべし。

さのみよも、上人のをしへのまちまちなりしにはあらじ。 いかにも下愚の今案のみだりがはしきならんと、をしはかられたり。 さればいかがして相伝の正否をもあきらめ、法門の是非をも、たたさましなんと、さまざまおもひわつらひたるにも、あはれ心あらん人もがな、なげきあはせまほしきに、まことやそのいにしへ北白河のわたりにすみ侍りしころ、わりなくおもひいれたる同法のありしぞかし。 対面などもかきたえておもひわすれにける。ゆくえいかがなりぬらんと、おぼつかなくて、たづねきく程に、ほのかに、そのすみかなんめりとおぼゆる所はあれども、見しにもあらずあれて庭のけしきもあとかすかなり。 ちかきあたりにたちよりて、もしさる人やとたづぬれば、その僧ははや、こぞのこのごろにて侍しやらん。めでたく往生し給にき。そののちは、けしかるあまの、ひとり出いるが、けふしもたがひて侍にやとかたる。

さだめなき世はさる事なれども今さらあはれにおぼえて、一仏浄土もいとどいそがるる心ちすれば、むかしのなごりは花のうへにてもわすれじ物を、各留半座乗花葉わがためにもぞのこすりん。待我閻浮同行人、その人かずにもれじかしと、たのもしくおぼえて、臨終のありさまなど、くはしくかたらふ程に、おぼえずして時うつりにけり、とみれば、日もやうやう入なんとす。

立かへらんみちもはるかなれば、いかがはせましとおもひわづらふに、さてもけふは弥陀感応の日なり。 たまたま又、利物偏増のみぎりにちかし。事のついでなるは心やましけれども、おろかならぬ心ざしは、仏しり給ひなんとおもひて、その夜は真如堂にまうでて通夜し侍りぬ。 夜さしふけ、人うちしづまる程になりにしかば、青嵐のきをはらふひびき、をのづから念仏衆生のこゑをそへ、皓月いらかをてらすかげ、そらに接取不捨のひかりをます。心すごさもかぎりなきに、みちのくたびれとりそへて、しづかに念仏するとおもふ程に、さながらねふりにけり。

されどもたびねのとこ、うちとけがたく、おいの枕おどろきやすければ、程なくねざめてきけば、いつの程よりか、まうでにけむ、僧二人なつかしく、ゐよりてうちかたらふをとすなり。 一人は、しきりにうちしはぶきたるこゑ、いとおいたり。をのれからも、よにたうとく思いれたる所、さぞ、ふかからむと見えたり。ちかくこのあたりよりむうでたる人なるべし。 いまひとりは初発心のものなんめり。いづくよりの修行者にかあらむとおぼゆ。

ねふりにけるまに、何事をかかたりけむとゆかしくききゐたれば、修行者のいはく、本師一代の諸教は、機根の万差に逗ずれども、末法万年の利益は、念仏の一門にかぎれりといふ事、みなうけたまはりおりぶ所なり。 しかはあれども、この念仏の一行をもて、決定往生すべきことはり、いかなるゆへとしらず、もとより一文不知の身なるうへ、はかばかしく知識のをしへをもうけたまはらねばつやつやたちいらぬ事に侍り。 不審までもをよばぬうゐうゐしさなれば、いづくをいかにと問申すべしともおぼえず。ただをろかなる心をくみて、ききやすきやうにをしへ給なんやといへば、老僧のいはく、さやうの事は智者のわざなり。さらに愚老がわきまふべき所にあらず。申さむにつけて仏の知見もはばかりあり。 人のあざけりいかがさらん。そのうへをのづからききをきたりし事も、ちかごろはいたくおいにほれてみなわすれぬてん。 されどもたづね給ふ所の、さりがたければ心にのこりたらん事の、かたはしを、いささかきこえ侍らむ。 いにしへ智者たちの申されしは、念仏して極楽に往生すといふ事、さらに別の子細なし。 いかなる悪人なれども、たすけ給へと思て、南無阿弥陀仏ととなふれば、仏の本願に乗じて必うまるる也。 その願といふは、四十八願の中の第十八の願に、設我得仏、十方衆生、至心信楽、欲生我国、乃至十念、若不生者、不取正覚と説たまへるなり。この願をくはしく心うるに、機につきて心行あり。仏につきて誓願あるべし。 そのなかに十方衆生といふは、まづ往生の機類をさだむ。善人も悪人もともにおさむるべけれども、大悲のほい(本意)をはかるに、もとも悪人をさきとすべし。 至心信楽欲生我国といふは、往生の安心をあかす。くはしくいはば三心あるべし。 要をとればたすけ給へとおもふ心にたりぬ。乃至十念といふは往生の起行をとく。弥陀の名号をとなへんこと、十こゑ一こゑまでもすてじとなり。若不生者不取正覚といふは誓願をたつ。その念仏せんもの生るまじくは、われ正覚をとらじといふなり。 おほよそいづれの教にも機と心と行との三をあきらむるが、諸宗の大事にては侍るなるに、かの聖道門のなかに五逆の調達をさして、三菩提の記莂をさづけしがごときは、まづは機をきらはぬ法なんめりとたのもしけれども、僧那を始心にむすび妙観を十乗にこらさしむるにいたりては、発心修行、さらに下根のをよぶ所にあらざるがゆへに、つゐには機をえらぶ教になりぬ。

されば無始生死よりこのかた、さすが仏教にもこそあひつらめども、いままでなを流転の凡夫たる事は、機根はつたなのくして心行のをよびがたきによるなり。しかれば自力の出離は、つやつや思たえたる事にて侍るに、いまこの浄土の教門、弥陀の本願をもて、我らが分にあててみれば、すでに極悪をすて給はぬうへは、もとよりつくろはずしてその機なり。 又機のつたなきにつけては、をのづからたすけ給へとおもふ心もをこりぬべし。 心にたすけ給へとだにもおもへば、はげまざるに申さるる念仏なり。はかなきこの世さまにつけてだにも、なげきある時のまぎらはしには、南無阿弥陀仏とこそいはるめれば、まして後の身をいかがとおもはん人は、わすれても、となへつべくこそ侍れ。

さればこの機と心と行とにてぞ、我らが生死をいでん事は、むげにたやすくなり侍りぬる。 さるには又さしもたやすかるべくもなき往生を、これ程のぶんにてはいかがとぞ、かへりてうたがはれぬべけれども、もし生れずば正覚をとらじとちかひ給ぬるうへは、ゆめゆめ卑下すべくもなかりけり。 をのが力にて生ればこそ、身の程をもかへりみめ。仏の願力によるべからんには、いかさまにてこそかなはめななはおもふまじき事ぞかし。 されば善導大師の若我成仏十方衆生、願生我国、称我名号下至十声、乗我願力、若不生者不取正覚と釈し給て、乗我願力のことばをそへられたる事は、これ程につたなき機のわづかなる心行は、さらに物のようにたつべくもなきよはよはしさなれども、さしもねんごろにむまれしめんとおぼしめす、仏の御心ざしの力に、とりたてられて、その本願に乗ずるがゆへに、往生するなりといふ事をあらはさんとなるべし。

しかるをよのつねの人のおもはくは、かひなくただ、をのが心ざし、をのが行の功にて、むまれんずるやうに心得て、ひたすら仏の御ちからとのみはおもはぬこそ、おほけなき事にて侍れ。 さる程はすずろに心行もふそくにおぼえ往生もうたがはしげなり。これしかしながら他力のいはれをおもひわかぬゆへ也

又修行者とひていはく、本願のなかの十方衆生といふは、悪人をもて本とすべしとのたまはせつれば、その機にもるるものはあるまじきなんめりとまめやかに、たのもしけれども、たちかへり又身わがのありさまをおもひとくには、なをうたがひののこらざるにあらず。 そのゆへは、かやうにすがたは黒衣なりといへどもこころは白俗を(よ)りもにごれり。あやまりて出家のかたちをかりて、渡世誑惑のはかりことし、沙門の名をぬすみて名聞利養のなかだちとせり。 これ無刀の大賊なり、劫盗よりもつみあらんかし。たまたまうちしづまる時は、又妄念こころにきほひて、念仏はただ口ばかりなり。あまりなるには人はよもこれ程もあらじ、わが身ひとつのくせにこそとまでおぼゆるにも、かからん身のありさまをば、すこしひきかへてこそ、十方衆生のうちにもいらめとおぼゆるは、ひがことに侍るをやといへば、 老僧のいはく、あな事あたらし、ひたすらにごりにそみたるよりも、中中なまうかびでは、つみおほき事ぞとはしり給はずや。されば在家の十悪は下品上生にうまるれども、出家の破戒は下品中生とこそとかれたれ。すべてこのごろのありさまは、世もをしなべてにごり、人もおなじくつたなければ、よきもあしきもただをふといはぬとにてこそあれ。

こころのうちをくらべたらは、いく程のけぢめ侍らじかし。たとへばそれはともかくもあれ。まつこの阿弥陀仏を、諸仏にこえてたとひたてまつる事は、何ゆへとかしりたまふ。 さしもの十悪五逆の機を、わづかに一念十念の功にて、たすけ給ふ事のならびなき、かたよりこそ、超世のほまれをも、あげて一代の教にも、ほめられ給ふ事にて侍れ。さればその本願のをこりは、三世の諸仏にもすてられ、十方の浄土にも入りれぬものの、悪ををこしみをつくる事は、あらき風よりもはげしく、とき雨よりもしげくして、さだめて悪道におちなんとするをあはれまんがために、こころを五劫の思惟につくし、身を兆載の修行にくだきて、たて給へるちかひ、成じ給へる願ぞかしな。 それをばたが身のうへとかおもはるる。しかしながら我りがためにこそ侍るめれ。かかるいたづらものなればなて、諸仏はうらめしくすて給にしを、われだにもとてかたじけなく、弥陀ひとりあはれみ給ふゆへにこそ、我建超世願、必至無上道、此願不満足、誓不成正覚とはの給しが、されば本願には、わく所なく総じて十方衆生とこそときたれ。 いつかは善人をのみといひたるや。そのうへはただまづ善人は善人ながら悪人は悪人ながら、ありのままにておさまるべしとこそ心えられたれ。 つたなかりし心のもちやう、わろかりし身のふるまひを、あらためてのちかなふべくは、善人をのみすくふ本願とぞ申すべき。 さではなにをもてか、世にこえたるちかひのしるしとせん。ただしゑらぶところは、わが国にうまれんと思て、名号を、となへんものをと侍れば、往生のねがはしからざらんこころと、念仏におもむかざらん心とをぞ、いかべどもあらためずしては叶まじかんめる。

このゆへに法照禅師は、彼仏因中立弘誓、聞名念我総来迎、不簡貧窮将富貴、不簡下智与高才、不簡多聞持浄戒、不簡破戒罪根深、但使迴心多念仏、能令瓦礫変成金と釈して、持戒も破戒も、とてもかくても機のよしあしはさらにもいはず。 ただ往生のこころざしにて、南無阿弥陀仏と申さんのみ、本願にはかなふべしといへり。抑三世の諸仏いづれか多聞浄戒をほめ、破戒罪根をすて給はざるや。われら無始よりこのかた、六道の貧里にまよひて、福智の珍財をうしなへる事は、諸仏こぞりて、悪をやめ、つみをとどめよとのみ、いましめ給ひしをきてに、かなはざりしによりて、かなしく慈悲の父母にすてられて、あぢきなく流転のみなし子となりにしゆへなり。 しかるを弥陀の本願にも、又多聞浄戒をえらびとり、破戒罪根を、えらびすてたまふ事ならましかばいかがはせん。かかるつたなき身には、おもひたえたる往生にてぞあるべきに、いまこの釈の中に、不簡多聞持浄戒、不簡破戒罪根深とて、ただおなじ詞にいひすてられたるこそ、ことにみみにたちてたうとく、本願の人によらぬほどもかたじけなくおぼえて、よろこびのなみだもふかくにこぼれにけれ。

又法然上人の、鍛冶往生番匠往生とのたまひけんも、ただもとの身がらをあらためずとも、念仏せば往生すべしといふ心なるべし。かくてぞげに本願もひしとわが物におぼえて、弥陀も諸仏にこえてたのもしかんめるを、人ごとに女はあまにもなり、おとこは法師にもなりて、在家のちりにもけがされず、妄念のにごりをも、すましてぞ、仏の御こころにはかなはんずるとおもへるほどに、いまのわが身は本願のよそなる物になりぬ。 かくてはあたら念仏もいたづら物なる心地にて、仏もうとうととおぼゆれば、人能念仏仏還念(以下法事讃)のしたしきおもひもなく、をのれと、とをざかるこころのへだてに、籠籠常在行人前のちかきたのみもなし。 かかる念仏にては、つみもきえがたく、ほとけのむかへもいかがあらん。されば終時従仏坐金蓮のほいもながくたがひぬべし。あさましかるべき事ぞかし。さしも仏のかたよりは、いかさまならんをも、すてじとおぼしめされたるを、こなたより、かかるつみある身なればと、なまざかしき心のおにこそ、中中身のあだにては侍れ。ただひたすらにたのまましかば、よろづのとがはゆるし給なんかし。おもはずに心をきばみたるは、この世さまにもにくき事なり。 いたくわろからんにつけてこそ、いとどたすけ給へとは思ふべけれ。されば永観も、我身もし持戒精進ならば、なんぞかならずしも弥陀をのみたのまむ。破戒懈怠の身なれば、十念往生の願をたのむなりとの給へり。 そのほかの人はまして、さこそたのみ侍るべけれ。ただし、かかればとて、本願をたのまん人は、とがをあらためず、つみをおそれずといふにはあらず。 罪人は往生すれども罪業は往生のさはりなり。身をばひげすべからず、つみをばおそるべし。このいはれをよくよく心え給はせよ。たとへば人のおやのとがある子をあはれむ。をかすところを、いましめざるにあらず。いましむれども又すつる事なきがごとし。 弥陀の本願罪人をすくふ。つみを、にくまざるにはあらず。にくみながらすて給はざるこそ、わりなき慈悲にては侍めれ。さればそのおもむきを心えて、ふるまはん人ぞ、わろわろも仏の御心には、かなひ侍るべき。

法然上人の御をしへには、十悪五逆も往生すと信じて、すこしのつみをも、をかさじとおもへ。重罪なをうまる、いはんや小罪をやと、の給へり。 十悪五逆も往生すと信ぜよといふはにくみながら、すて給はぬ御心をしるなり。すこしのつみをもをかさじと思へといふは、すてねどもにくみ給事を、つつしまんためなり。にくみながらすてたまはずと、しりぬれば、重罪なりとも、うまれん事うたがひなし。すてねどもにくみ給ぞかしとしりて、つみをおそるる時は、いはんや小罪をやと、いよいよたのもし。げにも、にくみてすて給はば、超世の悲願かひなかるべし。我らなにをか、たのみとせん。 すてたまはねばとて、つつしまずすはあまりにあやにくなるこころなり。かからん、ひがひがしさをぞ、仏も、かへりて、うち見給べき。さればとて、つみをことごとく、やめてこそといはんも、又ふぜいすぎたり。なにとしても五濁の凡夫のくせなれば、四儀の作罪とどまるべきにあらず。たとひわづかにきよき心をおこせども、水にゑがくごとし貪嗔のなみ、みなぎりきたりて、しばらくもやむ事なし。 すでに煩悩のみなもとをたたず、いかでか罪業のながれをやめん。ただわろしとしりあさましとおもふ心ばせまでを申にてこそあれ。ねんじかねてあやまりたらんおりはそれぞかし。 たすけ給へ南無阿弥陀仏とおもふべかんめるも、かかるを随犯随懺の念仏とはいふなり。罪垢ことごとく、きえて身つねに清浄ならん。臨終の時罪人悪人の名をあらためて、来迎のほとけ善男善女とほめ給ふべし。 さてもな、これほどに福薄因疎の機、識痴行浅の身として、すみやかに、あとを娑婆にとをざかり、心を浄域に、すましめん事はひたすら他力本願の御恩ぞかし。多生曠劫にも、いかでか報じたてまつらん。 誓到弥陀安養界、還来穢国度人天、願我慈悲無際限、長時長劫報慈恩、さらではいかがとうちくどかれたるけしき。いかにつれなからん心も、げにとはさすがおもはれぬべうこそ


帰命本願抄中

修行者又問ていはく、本願に至心信楽欲生我国といふは、ひろくいへば三心なり。 要をとればたすけ給への一念にたりぬと、の給つるその三心とはいかなる、心にて侍ぞ。などてか又、たすけ給へとおもふ一念には、たるべからん。くはしくかたらひ給なんやといへば、老僧のいはく、

よくとひ給たり、すすみても申たかりつるに、これなん往生の大事にて侍べし。そのゆへは経には、三心をぐするもの、かならずかの国にうまるととき、釈には、もし一心もかけぬれば、うまるる事をえずといひて、そのおもむき、いるかせなるまじきごとくみえたり。されば念仏するものの中に、往生をとげぬが侍るは、一心もかけにけるにこそ、三をぐしたらんものの うまれぬはあるまじき事なり。ぞの三心といふは、一には至誠心、二には深信、三には迴向発願心。一には至誠心といふは、真実の心と釈して、虚仮の心をいましめたり。念仏せんにまことしき心ありて、いつはる心なかれとなり。たとへば人の心には、さまでもおもはぬ事なれども、ことばにはおもふよしにいふを、まことなきいつはりとは申すやうに、念仏せん人の心も、このなずらへにしられぬべし。心のうちには往生の事までも思ひいれずながら、なべてこのごろの世のしきなるを、いかがうたてうとおもひて申人も侍るらむ。もしは又身のすてがたきままには、世わたるはしにとりなして、となふるものもありぬべし。これらはみな、心は名利のかたにおもむきて、行は往生を心ざすよしなり。 かかるは虚仮にいつはれる念仏なるべし。ただ心に往生がしたければ、くちに南無阿弥陀仏と申さるるこそ真実にまことなる念仏にては侍れ。たとへば何事も、かざりたる世のなかに、人のゆのほしき水のほしきといふのみぞ、いつはらぬ事にて侍らむ。いささかにても、ほしき心のなきほどは、こはれぬ事にてあれば、そのほしき心に、こきうすきはありとも、こふことばはみな、まことなるべし。後世にむけても、かくろそありたけれ。 すこしにても往生がげにしたくおぼえて南無阿弥陀仏ととなへんは、そのねがふ心に、ふかきあさきはありとも、申さん念仏はみな、まことなるべし。こころざしふかくば上品に生れ、あさくば下品にこそくだるとも、みな往生の埓のうちには入ぬる也。

その下品にうまるる程のまことは、よにやすき事なるべし。ゆめゆめ往生をかたくはおもふべからず。されども人の心すなほならぬより、やすき念仏にくせもつきぬるこそ、返返ほいなくおぼゆれ。人ごとにつくろはぬ心にて、ただありに申す念仏ならばみな往生はしてんかし。凡夫のならひなれば、この世さまの事こそあらめ。往生の方ばかりはねんじて、さな侍りそかし。

二に深信といふは、ふかく信ずる心なりと釈して、往生な、うたがひそと、いましむる也。 これにつきて二の信あり。一には自身は現にこれ罪悪生死の凡夫、曠劫より、このかた、つねに没し、つねに流転して出離の縁あることなしと信じ。二にはかの阿弥陀仏、四十八願をもて、衆生を摂取したまへば、うたがひなく、うらおもひなく、かの願力に乗じて、さだめて往生することをえんと信ぜよといへり。 いまこの二の信のおもむきは、苦海常没の身にして出離の縁もなき我らぞかしと、ひたすら自力のかけたる事をしらせて、されども弥陀の本願によりて、うたがひなく往生せん事のうれしさよと、うらうらと他力に思ひつかせむとなり。

たとへば世のなかのならひも、さこそあれ。かなしくかずにもあらぬ身となりぬればこそ、わばてはすずろに世もしたはしく人のなさけも、ことにうれしくおぼゆるやうに、わが身の罪悪深重なることを、よくよくおもひしりてこそ、かかるをすてぬ本願と、きかんも、いとどかたじけなくはおぼえぬべけれ。 かの聖道の修行におもむく人は、初心より極仏の思をなすゆへに、凡身のあなうらにとどこほらず、仏祖のいただきをこえんとおもへり。されば自身即仏とをごりて他力本願をおとしめたり。 この浄土の出離をもとむるものは、鈍根無智の機なるがゆへに、縁を本願にからずしては、運を穢方につくしがたし。これによりて身を出離の縁なきものと、くだしはてて、たのみを超世の願にかくる心をおこさしむる也。 たとへばよの中の人のありさまも、あやしき、しばのいほりにすめども、あるじとなる時は、をごるけしきあり。いみじき玉のうてなにまうでても、やつこなるおりはへる心あるがごとし。我人にしたがふと、我人をしたがふるとは、その心もち、かはることなり。聖道浄土の修行の用心のたがひめは、これになずらへてしりぬべし。

されば往生を期せん人は、返返おこのけなく、身のほどをしり給へとよ、さもげに、わをき身ぞかしな、おもひと思ふ事は、のちの身のあた、なしとなすことは、この世のいとなみ、悪をなす時は寝食も、なをわすれ、善をなす時は起居みなわづらはし。かかるあさましきとがは、身がらもさすがにおぼゆらん。出離の縁なき身とは、あらがふところなかるべし。三悪の火坑あしにまかせていりなんとす、永劫の苦果なにとかせんとするや。 しかるに弥陀如来、かやうのつたなきものをたすけんために、本願をおこし給ふによりて、わづかに一世の勤苦をもて、ながく九品の快楽をうけん事は、かぎりなき悦ぞかし。あやうしな。この本願にあはざらましかば、かなしくからきめは見てまし物をと、うしろめたき心のあたの、身をはなれぬにつけても、本願のかたうどのことにたのもしくおぼえ侍ぞとよ。

三に迴向発願心といふは別の子細なし。ただ申ず念仏を極楽に迴向して、まめやかに往生せんとねがふをいふ也。さてさてかやうにくはしく申わけは、中中事おほくして、かへりて詮なるべきところやかくれぬらん。ただ三心のおほすがたは、まことしく、本願信じて、往生せばやと思へとにて侍なり。 又詮ずるところ、三心とは本願をたのむこころにて侍れば、仏たすけ給へと思ふ心だにもあれば、三心はをのづからその中におさまるべきなり。しかるゆえは罪おほき身のあさましければ、仏ならではいかでとおぼゆるにつけてこそ、たすけ給へともおもはるれば、深信もこれにこもれり。 そのたすけ給へとおもふ心には、露のいつはりもなきぞかし。それをこそ、至誠心とも申せ。このたすけ給へと思ふは、やがて迴向発願心にて侍也。あまりに、つたなくなりて、心のいたりすくなき身には、本願いしいしの事までも、猶おもひわきがたかんめれば、それにつけても、わづかにたすけ給へとばかりこそ、おもひえつべき心にては侍れ。

これ程の事は又たれか、おもはでもあらんなればみな往生はしつべくこそあれ。三心のゆくゑもしらぬ、あやしのめのわらはべなどの、往生する心づかひは、みなこのつらにてこそ侍らめ。ただし三心こまごまとならひしりたる人も、念仏うち申てゐたるつねの心づかひは、ただたすけ給へともたるるなんめり。されば阿弥陀仏をたのみたてまつりて、往生をねがふほどの人は、智慧あるも智慧なきも、おちつく所はみなひとしき心もち也。

さてこそ念仏の功徳をうる事も、往生のほいをとぐる事も、智者なればとても、まさらず、愚者なればとても、おとらず、かしこきもおろかなるも、おなじく仏のむかへにあづかり、たかきもいやしきも、ともに花のうてなにはのぼるらめ。おほかた三心はかならずしもならひて、おこすべき物にあらず。ただ往生だにもしたくなりぬれば、をのづからぐする事にて侍也。 されば智者の往生せぬもあり、愚者の往生をするもあり。これみな、しると、しらざるとにはよらず。ねがふと、ねがはざるとのゆえなり。さてさて、かやうにあまりたやすき事にて寺るほどに、人ごとにかへりてはまことしからず思て、さすが往生ほどの大事をとげむには、いかゆも智慧も、ふかく、さとりもあらん心にて申さん念仏をぞ、仏もうけひき給べき。ただたすけ給へとばかりはかろがろしと、事たらぬげに思あひたり、かやうのうたがひはげにもと、おぼゆるやうなれども、もとより弥陀の本願は、愚智無智のもののためなるにさやうに智慧才学あらん心をと、ちかはれては、人をわかぬ利益ありなんや。 又聖道門の心は、智慧をきはめて生死をいで、浄土門の心は愚痴にかへりて往生をとぐるゆへに、自力をもて生死をいでんみちにぞゆゆしく、智慧才学あらん心も大切なるべき。他力にすがりて往生をとぐるかたにては、中中ただたすけ給へとおもふが故実にて侍也。

されば法然上人は、念仏を信ぜん人は、たとひ一代の法をよくよく学すとも、尼入道の無智のともがらに同して、智者のふるまひをせずして、ただ一向に念仏すべしとの給へり。たとへば人に身をまかせて世をわたらんものは、いかにさへかしこく、心すくよかなりとも、人をたのむ程にては、われはがほならんはにくき心なるべし。まして、その身にとる所なからんはをのが程、うらおもひしりて、かかるいたづらものに、いささかのなさけをも、のこさるるは、ありがたき心ざしかなと、おもひいれて、心たらぬあやまりしいでたる時も、うららかに、うちむかひ、あさましとわびゐたるむざうさには、よくにくかりぬべきとがなれども、さながらつみゆるさるるやうに、いまの世の衆生はたとひ智者学生なりとも、そのちからにて生死をいでん事のかなはずして、他力本願を、たのむとならば、かひなき才を、さりともと、をのがちからありがほならんよりは中中ただひたすらたすけ給へとにてこそあるべけれ。 いはんや戒定恵のとる所もなく、貪瞋痴のあやまりのみおほからん身には、いよいよさりとてはと、うちたのみたてまつらん心にぞ、仏もよろづはおもひゆるし給べき。さればかかる、をろかなる身にては、いかがと思ふより仏にはとをざかり、わろきにつけても、さりとては、たすけ給へと思ふより仏にはちかづきたてまつるなり。本願により、のきのさかひは、この心の、すすみ、しりぞくあはひにて侍べし。 すなはち、善導大師の、南無者即是帰命との給へるも、南無といふは、たすけ給へといふことばと釈する也。そのことばのしたに三心あるべければ、亦是発願迴向之義ともいふなるべし。阿弥陀仏者即是其行とは、たすけ給ふべき本願の名号なればなり。

しかれば南無阿弥陀仏と、となふるは、たすけ給へ阿弥陀仏といふことばなり。 いふことばは思ふ心はあらはるるゆへに、南無阿弥陀仏ととなふることばに、たすけ給へ阿弥陀仏とおもふ心ありとしられたり。 これによりて十こゑ仏をねんずれば、十願十行ありといへり、以此義故必得往生との給へば、たのもしかるべき事ぞかし。 さればとしても、かくしても、つみふかき身のかこつかたには、たすけ給へとにてあるべき也。世にこえたる御慈悲なればとおもふのみこそ、又なくたのもしき事にては侍るめれ。

さてさてこのごろの学生たちの中に、かく罪人をすてぬ本願の心やすき事を申たてんとて罪をはばかるまじきやうに、いひなさるる人おほし。さればとて、つみをよき物といはんとにてはよも侍らじなれども、ひがひがしからん機は、ききあやまりぬべきぞかし さればすゑずゑには、邪見なる義どもも、きこゆるにや。返返あさましき事也。 すべて罪をかへりみぬものは、身のわろき事をしらず。身のわろき事をわすれぬれば、又たすけ給へとおもふ心もなし。たすけ給へと思ふ心をすすめんためにも、ことに罪業をおそるべき也。本願にほこりてつみを心やすくおもはん人は、はじめは信心のあるににたりとも、のちにはたす け給への心もなくなるべし。 よくよくよういあるべき事をや。又人のそねにうたがひあひたるやうは、たとへば智慧才学はいらずもあれ、おなじくたすけ給へと思ふとも、骨髄に、とほりて、ふかからんこそ往生をもせめ。我らが心は、さまでもなし、ただかたのやうなる心ざしにては、かなふべしともおぼえず。又しらず、仏もさ程によはよはしからん心なりとも、すてじとまでは、ちかはれずもやなんどおもひあへり。かやうのうたがひはひたすら、にくからざれども、さりとては仏の本願は、さるをも、すてじとちかはれたらんには、そのうへをなをよもとは、いかがうたがふべき。凡夫のぶんざいの心は、つよくとてもなに程の事かあらん。 とても、仏の御ちからにてうまるべくは、をのがちからは、よはくとても、それによるべからず。わが心ざしのつよからんよりは、仏の願力のつよからんこそ、たのもしかるべきに、わが心ざしの、よはければとて、仏もいかがと、あやぶむは、願力をいやしむになるぞかし。ただかまへてをのがちからのよはからんにつけても、いとど仏の御ちからをたのむべき也。

又いかに、よはよはしからん心ざしまでも、すてらるまじき事は、うたがひやは侍る。そのゆへは、すでに機をさだむる時、いたりて、をもき五逆までをおさめ、行を願ずる時は、いたりてすくなき。一念までをたてたり。心をとらん時、いかが又、いたりてよはき心ざしまでをも、おさめられざらん。いはんや、つみふかき機ならば、心もしたがひてをろかに、行あさきものならば心ざしも、をのづから、うすかるべき。いはれにてこそあれ。 しかあるに、機と行とのつたなきをすくはんための本願に、心はふかからんをと、ちかはれたらんは、あたら本願のよきかたはなるべし。さしも五劫まで案じ給けむ善巧の、さるてづつなる事やは侍るべき。かやうの、ことはりをもて思ふに、いかにあさき心ざしなりとも、いつはりなく、たすけ給へとだにも思ふならば、往生にふそくはあるべからず。 おほよそ生死をいづる事のかたきにはあらず、発心する事の、かたかりしゆへに、過去遠遠、生死悠悠たりし身の、このたび弥陀の本願にあひて、わづかに、たすけ給へと思ふばかりの心をおこして、往生のほいをとげん事は、ひとへに仏の御ちからぞかし。 かかる、みのりを、ききえつる、むかしのむくひ、うれしくこそと、宿因おもひつづけて、悲喜こもごもながれけなり

修行者又とひていはく、本願すでに乃至十念とちかはれたれば、十声一声までもすてられず、かならず往生すべしと、の給ひつるは、よにたのもしく侍れども、いかにもなを、それ程の念仏のさだめて往生の業となるべしともおぼえず。ましてじ妄念うちおこしながら申す念仏は物のかずならじと、かろしめ、おもはるるはいかが侍るべき。 老僧のいはく、これは御身ひとつのうたがひにしもあらじ、なべて人ごとに思あへる事なんめり。本願のおもむきを、よくもしらざるゆへに、かかる、なまざかしき心もおこるなるべし。 仏すでに一念十念までもうまれしめんとちかひ給ふ。その願むなしからずはいかでか往生をとげざらん。ただこゑを本願にまかせて名号をとなふべきなり。これによりて法然上人は、たれたれも煩悩のうすくあつきをもかへりみず、罪業のふかき、あさきをもいふべからず、ただ南無阿弥陀仏と申て、こゑにつきて決定往生の思をなせとの給へり。 そのゆへは往生せんとおもひたちて南無阿弥陀仏と一声となへはじめぬるが、一念をもかならずうまれしめんとちかひ給ふ。本願のなかにおさまりそむるより、十こゑになれば十念をもといふ願におさまり、一期申ぬれば一形をもといふ願におさまる也。 されば我らはしとげなくとなへゐたれども、仏は一こゑもきこしめしすごさず、みな若不生者不取正覚といふ本願のなかに、うけとり給て、仏力守護すれば、六塵のぬす人にもかすめられず、三毒の火にも、やかれずして、一念より一形にいたるまで、みな決定往生の業となる也。是名正定之業、順彼仏願故と釈する、この心なるべし。

こゑにつきて決定往生の思をなせといふげにもいはれたり。異香よりも紫雲よりも、南無阿弥陀仏ととなふるこゑにすぎたる往生のしるしやは侍るべき。かまへてただ、とかくのうら思なく、ま心に念仏して本願にあづけ、たてまつり給へ。いのちをはらん時、仏たしかに返したまはすべし。それをこそ最後の念仏にもし侍らんずれば、臨終の十念は、仏の御はからひにて相違あるべからず。かやうにうしろめたからぬ慈悲の父母にて、心やすくうしろみ給ふうへは、南無阿弥陀仏ととなへて、よろづは仏にまかせたてまつるべし。 さてこそ念仏のこゑをば、緑子の哭するこゑのごとしとも釈したれ。たとへばおさなき子のあしてもたたず、物もえいはぬは、うへたるにもさむきにもただ、母をかこちて、なくよりほかの事なし。母そのこゑをききぬれば、かならずゆきてたすく。うへたるらんとおもへばむねをひらきてちぶさをふくめ、さむかるらんと思へば、ふところにいれてはだへをあたたむ。さればうへをやすめ、さむさをやむるは、ひたすら母のちからにあり。わびてなくばかりこそ子のわざにては侍るやうに、我らが身の智慧の心もさかしからず、行のあしてもたたぬ事はおさなき子よりも、なををろかなれども、さすが、ありはてぬ世も、あぢきなく、ながきまよひも、かなしければ、たすけ給へと仏をかこちて、南無阿弥陀仏ととなふるほかは、はげみえたるかたなし。 仏このこゑをきこしめすに、一子の慈悲いかでか、やすき事をえん。されば穢土をいで浄土にうまれん事は、しかしながら仏の御ちから也。たすけ給へと思て名号を、となふるのみぞ、おのがはげむ所なる、化仏菩薩尋声到。たのもしき慈悲の父母なれば、ただかまへておさなき子の、母をよばふおもひをなして、こゑにまかせて来迎をまつべし。あなかしこ。

こざかしき心あて往生をうたがふ事なかれ。又いかに妄念に申まじへたる念仏も、往生の定業となる也。そのゆへはもとより罪悪深重の機の、妄念とどまりがたかるべしとは、仏もおぼしめしまうけたるらん。そのうへにおこされたる本願なれば、にこれる念仏を、いなとにてはよも侍らじ。されば中路の白道も、なみをふみてあゆむべしとこそみえたれ。いはんや人ごとにその日の数返にとりむかふおりは、まづいかにも往生の思ひより、申そめらるる事なれば、念念の念仏はみな、もとの、やくそくにかへりて、はじめの心ざしにをさまりぬ。 又しどけなく、申ちらしたる念仏なれども、のちにかならず、とりあつめて、極楽に迴向する思あり。この時、妄念は、をのづからえらびすてられ、念仏はことごとくえらびとられて、けがるる所なく、みな清浄の業となる也。

さればかまへて口ばかりにもあれ、となへをくべき也。をはりに迴向せん時心ざしとひとつになるべきがゆへに、妄念とともにても申たらん念仏のつゐにいたづらなる事はゆめゆめ侍まじ。水火の二河をかへりみず、念念にわすれざれといふこの心なるべし。 又せめて千返万返申つづけんに、妄念おこりて心やましくば、中中一念十念づつなりとも、つねにとなへてみ給へかし。余念はよも侍らじ、たとへば河をわたる時は、水のたえまをまつ事なし、ただその、ながるるうへをふめば、あまさへ、あしのしたの水がせかるるやうに、われら貪嗔の河ふかくして、妄念のながれやむ事なけれども、南無阿弥陀仏と申せば、かへりてこゑのしたの妄念はをのづからやむ也。かやうに申つけぬる念仏は、妄念をこそさまたぐれ、妄念にさまたげらるる事はなきなり。わざとやめんとすれば、妄念いよいよたえず。をこらばをこれとうちすてて、妄念をかへりみず申すが手にて侍也。 さるを世のまぎれのひまなさに、念仏が申されぬなんどいふ人は、ただ往生の心ざしのなきゆへに、せめての事とこそおぼゆれ。かならずしも千遍万遍申つづけたるのみやは、往生の業なるべき。一念十念づつなりとも、本願は、よもきらひ給はじ。ずずをとりたるがいみじきにしもあらじ。とてもかくても申こそ詮にて侍るべけれ。されば楽天のことばには、たちても阿弥陀、ゐても阿弥陀、たとひいそがはしき事、きるににたれども、一声の阿弥陀はすたれずといへり。

すでに先賢の故実也。さらに後学の今案にあらず。すべからく一声の阿弥陀をたもちて、よろしく九品の無生忍を証すべし。おほよそ称仏一声の風、すみやかに妄念の雲をはらふ。正座十劫の月をのづから信楽の露にうかぶ。けにたれか往生をとげさらんと、まめやかにたのもしくこそ覚れ。

又曇鸞の釈には、至極無生清浄宝珠の名号といへり。たとへば浄摩尼珠といふたまを、にごれる水に入れば、水たちまちにすむなるやうに、名号のたまを、くちのうちにふくみぬれば妄念のつみのにごりすみて、心の水きよくなりぬ。一念に八十億劫の生死のつみを滅すといへるも、かかるゆへなるべし。 さてさてかやうに一念も往生にふそくなき事をききて、かならずしも数返をはげまずともなんど、申すやからも侍るやらん。それは本願をあしく心得たる人也。法然上人の御すすめには、信を一念にとりて行を多念にはげめ、一念なを生ず、いはんや多念をやとの給へり。一念もうまるるとは、本願を信ずるやうをいふ。多念にはげめとは、起行をすすむる方を申也。一念も往生すと信ずるによりて、多念はげまざるは、信の行をさまたげたる也。多念はげめとすすむるによりて、一念をかろしむるは、行の信をさまたげたる也。 すべからく安心をば、かまへて、やはらかにとりて、起行をばいか程も、こはくはげむ、べきなり。一念功たへにして往生決定ならば、いよいよ多念をこそはげむべけれ。ただしはげめと、すすむるにつきて、いか程までといふきははあるべからず。ただ身のたへ心のをよばん程なるべし。その中に毎日百返が身にたへたるもあるべし。千返がこころのをよぶもあるべし。乃至三万六万も、機にしたがひてはげみえんまで也。 在家の人はまぎるるなかにはげみえん程、出家の人はのどかならんにつけちはげみえん程、又いたづらなるいとまに、をこたらじばやとはおもへども、などやらんわすられんは、ちからなき懈怠の機なれば、それもはげみて思ひいだされんほど也。

すべて人によりて事ことなるべし、さらにひとつらにはあるべからず。機にしたがひて行の多少はともかくもあれ、いづれもその心ざしの、いつはりなからんまでを身のぶんとすべじ。 おほかたは不簡行住坐臥、不論時所諸縁と侍れば、時をきらはず所をいはず縁によらず、ただたちゐおきふしにとなふべし。念仏に無礼といふ事はあるべからず。いか程も申ぞうやまふにて侍らん。さても、もとよりをこたりがちなりし身の、いとど老につかれ、やまふにくたびれて、しばしおきゐる事だにもかなはずなりぬ。まして威儀をうるはしくする事はまれなり、ただいつとなくおびとき、ひれふしながら猶さりともと出離を期する事は、浄土の一門ならで又いづれの教にかあるや。かかるに、つけてもすずろに本願がかたじけなくおぼえ、念仏がたうとく侍るぞとよ。さればとてあなかしこ。かなひぬべからん心を、ゆるしはすぐすべからず、いかにも、やすきに事をよするはかだましきがいたす所なりんかしと、をしはかりも、ようにくかりぬべくや


帰命本願抄下

修行者又問ていはく。本願のなかの機と心と行と別の子細なく我らがつたなき程にかなへりといふ事、あきらかに、うけ給はり、ひらきぬ。このぶんにて往生をとげん事は、若不生者不取正覚とちかひたまふ、仏の願力に乗ずるゆへ也と、のたまはせつる、いはれは、さからとおぼゆるやうなれども、なを、ひしとも心えとかれ侍らぬといへば、 老僧のいはく、人ごとにみなそのしきにて侍るぞとよ。凡夫の往生は本願に乗ずるゆへとまでは、たれたれもみみなれてぞ侍らんなれども、まさしく願に乗ずとはいかやうなるすぢといふ事を、おもひときたるはまれならんかし。よろづただ人の心のまことなきゆへに、しりがほにだにもなりぬればたりぬと思て、さしもとひきはめんとはせざんめるを、かくねんごろにたづね給ふこそ、げに往生の心ざしもおはするにこそとありがたく覚れ。

さればいかほともくはしくきこゆべし。まづ若不生者不取正覚とは、かかるつたなきものなりとも南無阿弥陀仏ととなへば、かならずわがくにに生ぜしめんとねがふ。この心ざしのちからむなしくして、もし、うるまじくは仏にならじと也。これにつきて、そのつたなきものなりとも、念仏せばかまへて生しめんとねがふを願とはいひ、生るまじくは仏になりじとちかごとし給を誓とは申也。 いまこの誓願は、弥陀如来いまだ仏になりたまはざりしいにしへ、法蔵比丘と申ししとき、一切衆生を平等にあはれみ給ふ御慈悲のあまり、わがねがひのままに衆生往生すべくは、われも仏にならん。そのうまるる事かなふまじくは、ただもろともに、しづみこそせめ衆生をすてて我ひとり仏にならん事、さらにのぞむ所にあらず。 あやまて、衆生だにもたすかるべくは、仮令身止諸苦毒中我行精進忍終不悔とまで、身にかへてかなしみおぼしめされし程に、さしも一大事の正覚をかけてちかひ給へる本願なり。

されば、念仏せんもの生ぜしめんといふ御ねがひ、かなふべくは、その御ちかごとにむくひてをのづから仏になりたまはんずらん。御ねがひむなしくして、我ら念仏すとも、うまるまじくは、又この御ちかごとにむくひて、よも仏にはなり給はじなれば、法蔵比丘の成仏が我らが往生せんずるしるしにてはあるべき也。 これによりて善導大師は、若我成仏十方衆生、称我名号下至十声、若不生者不取正覚、彼仏今現在世成仏、当知本誓重願不虚、衆生称念必得往生と釈して、かの仏いま現に成仏し給ひぬ、まさにしるべし、うまるまじくは正覚とらじとたて給ひしちかごとのをもさにかへて、うまれしめんとおぼしめす御ねがひむなしからずして、われら称念せばかならず往生すべしといふ事をとの給へり。 されば衆生の往生すべきによりて仏は正覚をとり、仏の正覚なり給によりて、衆生は往生をすべき也。このゆへに念仏申さんものの往生せんずる事は、はやすでに本願成就して正覚なり給し時より、ゆるぎなくさだまりてしかば、我らをみちびき給ふべき仏の御方便は、もとより、したためまうけられたるを、ただ衆生のかたよりあやぶみて、身を本願にまかせかねたる心のなまざかしさにこそ、けふまで往生もとどこほりぬれ。 いまよりにても心をかずたへみをかけば、やがて本願には乗ずべし。本願にだにも乗じなば、又いのちをはらん時かの国に生ぜん事、いささかもうたがひあるべからず。それにつきては、本願に乗じて往生すといふことはりをこそ、よくよく心えわくべけれ。

たとへば孟宗といひしもののおやは、たかんな(筍)をあいしけるなるべし。ある冬のころせちにこれをねがひげるに、時しも、あれ心づきなしとおぼえぬべけれども、孝養の心ざしねんごろなる子なりければ、雪いたくふりつみて、あるべうもなき竹のなかにむかひゐて、せめての事に、なきゐたるほどにとみれば、さるべきころよりも、なをあざやかなるたかうな(筍)、時のまにをひいでたりけむ。ふしぎなりける事ぞかし。 つらつらこの事をおもふにかぎりありて、をのれとをふべきころならば、夏のすゑざまをこそまつべけれ。これはしかしながら孟宗がねがふ心のせちなりしかば、そのねがひむなしからずしてかなひしゆへに、をふべくもなき時なれども、心ならずをひにける也。まめやかにねんごろなるねがひの、かなはぬ事は侍らぬにこそ、弥陀の本願もかくのごとし。我らがうまるべくもなき事は、雪のうちのたかんなの、をふべくもなきににたれども、深重の慈悲よりおこりて、ねんごろなりし本願なれば、念仏せんものかまへて、わが国にうまれしめんとねがはれし、その御ねがひむなしからずしてかなふゆへに、となふるものことごとくうまるる事は、孟宗がねがひのせちなりしによりて、たかんなのをひしがごとし、かかるを本願に乗じて往生すとはなづくる也。

されば仏の御ねがひのかなひぬるこそ、返返我らがよろこびにては侍れ。かの孟宗がねがひによりしたかんな、程よく片時に深雪をうがちてをひき。弥陀の本願たる念仏のいかでか一念に重垢をはらひてうまれざらん。我らが往生すべき支度をば、弥陀本願にかまへてたてられたり。南無阿弥陀仏と申さば、仏なにとも、はからひたまはんずらん。わがちからにてすまじき往生なれば、なにの心ぐるしきところかある。ただしたかんなをねがひし所にあらぬ草木はをひず、念仏をと、ちかふ仏なれば、称名にあらずばうまれがたし。をのづからうまるる事をうれども、ももにひとつといへり。これにつけても、いよいよ一すぢに念仏して、仏の御ねがひ物になるべき也。

しかれば仏、すでに往生せんと思て、南無阿弥陀仏ととなへんものをとねがひ給ふ。我又往生せんと思ひて南無阿弥陀仏ととなふ。わが思ひ仏のねがひにいささかもたがはねど、すなはち仏の御ねがひ、もはら我身のうへにあたれり。もしうまれずばと侍れば、かならずうまれん事なにの 相違かあらん。ふかく決定の思をなすべし。ゆめゆめうたがふ心あるべからず。こまかにこのことはりをあんずれば、よろこびのなみだかへりてかなしむ。いたづらに無量無数劫の生死をへて、いままで常没常流転の凡夫たるだにもくやしきに、なを又有海の波浪にただよひて、こりずまに無窮に楚毒をのまん事は、あぢきなかるべき事なるを。いまこの本願にあひぬるのみこそ、まめやかに多生のおもひいでにて侍れ。 呑鉤の魚は水にある事ひさしからずといふ事あり。ふかくこれをよろこぶべし。たとへばうえたる魚のゑをもとむる。つりをえつればすなはちのみぬ。をのがいのちはあるにもあらず。いまはさだめてひさしからじ。わづかに水にある程、はかなくよろこぶけしきあれども、いまにくやしかるべきがごとく、われらひさしく流転のなみにつかれて、出離のゑにうえたりし身の、たまたま名号のつりをえてのみぬ。苦海にあらん事いまいくばくぞや。わづかにいのちのつきざらん程、わすれずとなへんとするはくるしきににたれども、前念にいのちをはらば後念にすなはち往生せん。永劫の快楽こころよきにあらずや。物うきことをわすれてねんごろに念仏すべし。おほよそ本願はさをのごとし。名号はつりににたり。衆生の南無阿弥陀仏ととなふるは魚のゑをのみぬるにことならず。

さればすでに大悲の漁人、本願のさをよりたれたる。名号のつりをふくみて、生死の深淵をいでん事、さらさらうたがひあるべからず。さをにかけたるつりは、のむほどのうををえずといふことなし。本願にたれたる名号なれば、となへんほどのもののうまれぬはあるべからす。ゑをもとめて、つりをのむまでは、わづかに魚のわざなれども、つりをかまへて魚をうる事は、さながら人のちからにあり。 往生をねがひて名号をとなふるは、いささか衆生のわざなれども、本願をかまへて衆生をみちびくは、ことごとく仏のちからにあり。極悪の機の、たすけ給へと思て南無阿弥陀仏と申すは、機もつたなく、心もをろかに行もいやしけれども、これをわづかにゑをもとめつりをふくむほどのなかだちとして、若不生者不取正覚とちかひ給ふ本願にすがりなば、さだめて往生せん事を、魚のいのちをつりにまかせたるになずらへてみむ。かかるを他力に乗じて往生すとはならふ也。 さればこの名号のつりをのみぬるこそ、返返たのもしくおぼゆれ。極楽ならではいづくへかまかり侍らん。なにもげに期といふ事がありけるぞかし。このたびが生死のかぎりにて侍りけるよと、いひあへず、ことにばもなみだにとどこほれけしき。ことはらにいりたたぬ身なれどもたのもしくたうとくおぼゆ

修行者又いはく、このちかごろ、ここかしこ、まどひありきしほどに、げには事のはしばしはたずねふらふかたもこそ侍りしかども、おほくは経釈にもあはぬ義どもにて、いと心えぬ事のみ也。 されば安心もたちがたく、起行もすすましからざりつるに、しかるべう、こよひこまやかなる御をしへにあづかりて、往生のみちたどらず思さだめ侍りぬるは、さながら大聖の方便にこそと、よろこびのなみだことばにさきだつ。さても、いにしへの智者のをしへとかやきき侍りつるは、たれ人の事にかあらん。それまではいかでもありぬべけれども、又ながれをくみてみなもとをたづぬるならひは、ゆかしかるべき事にこそといへば、 老僧のいはく、とりわき一人につたへたる身にはあらず。法然上人の御弟子の中に、智者学生といはれし人人をば、もうさずこそとふらひ侍りしが、なかにもみみにとまりておぼゆるは、聖覚法印の法然上人の第三年の御仏事に、当伽藍にして道俗をあつめて、七日百万返の念仏をすすめられし結願の説法に、三心の法門を申されて、をはりにもしこの法門、わが大師法然のおほせられしに、いささかもたがひ侍らば、当寺の本尊照罰し給へと、おなじことばに三度までちかごとをたてて、なをこれをふしんに思あはれば、筑紫の聖光房にとはるべしと申されしにこそ。さては聖 光ひじりは、証人になるほどのたしかなる智者にておはするにこそと、やむごとなくおぼえしかば、いかがしてかのひじりに、たいめんして、安心起行なんど、こまかにたづねうかがはましと思ひしかとも、こしたへぬ老のあゆみなれば、みちゆかぬあらましのみにて、やみにき、ほいなかりし事なれども、よしよしたとひ九州ほどとをくして談話を西海のなみにへだつとも、一生いくばくならざれば、向顔を宝池の月に期せんと、思ひなぐさみてすぎにしほどに、かのひじりのかかれたる、三心要集、修行門、なんどいふ物をみしかばのせらるる所の義、さらに聖覚のことばにたがはす。あまさへ、われいささかも上人の御義をあやまらばとて、さまざまの誓言をかきのせられたりしを、ひらき見てしのちこそ、遐方も終古も、げに面会のごとくに、よろこびもうらみもいまさらなりしか。 その書どもはいくらもよの中に侍るなんめり。たれだれもかまへてたづね見給へ。このひじりたちは、その身がらの人にすぎて、智者道心者にておはせしも、さる事にて、法然上人の御義を、たがへずとたて給ひしちかごとが、ことにたのもしくたうとくおぼゆる也。されば勢観房の聖光ひじりへつかはされしせうそこ(消息)にも、当世京辺の念仏の義、みなもて濁乱、しかるに御辺一人、正義伝持候、ことに随喜し入候とかかれたりき。

かの勢観房はとしひさしく上人につかへたてまつりて法門の聴聞もみみふりたりしひじり也。その消息はまのあたり見侍りき。まさしき自筆の状にて侍りし也。又法蓮房正信房なんどにたづねうけ給はりしもみな相伝の正義とて申されしは、ことばもひとつに心もかはらざりき。そのほか京都にはやりたる義どもをは、さらに上人の御をしへにあらず。まめやかに頴川ちかくは、みみもあらひぬべしとぞ、この上足たちはかたられ侍りし。かやうにあるひはあまねくその人にむかひ、或はくはしくその書をひらきて、相伝の邪正をただしあきらめて、黒谷の正義をばききをきしかども、天性もとよりかたくななるに、老性いよいよをろそか也。才もなく智もなし、はぢつべしいたみつべし。かたはらいたく申さでぞあるべきをたづね給ふ心ざしのねんごろなれば、をのづから利益も侍らんに、わたくしありとおもひて、ききをきしはしばしをあらあらかたりきこゑぬる、をろかならんものはあざけりなん。法門のことはりをわきまへざるがゆへに、かしこからん人はかろしむべからず。智者のことばをつたへたるがゆへに、よくよくききとどめ給へ。ゆめゆめいるかせになしたまはせそ、かやうに申すはをこなる荒言なりや。されども法門にあやまりありなしは、法然上人のあそばしをかれたる物ども、世にかくれなく侍り。

又さきに申つるひじりたちのことばを、ききとどめたる人もここかしこにおほくのこりたれば、かれをひらきこれをとぶらはんにしられぬべし。としよりの、くりことし侍るほどに、夜もはやあけがたになりぬらん。身もひゑむねもわびしければ、さのみは申つくしがたし。この一夜の結縁をもて、かの九品の値遇をまたんといひすててたたれぬ。 この修行者さぞあやなくおもふらん。心の中にのこる事おほかるべし。なをもしたひていはんとにや、やがてつづきていでぬ。そのありさまゆかしくて、愚僧も又たちいでてみれば、あけがたのきりふかくして、ゆくゑむなしく見うしなひぬ。ねんなしとあきれゐたるほどに、夜もあけきりもはれにしかば、仏にいとま申てまかんで侍りにき。抑安心僻越しぬれば、万行いたづらにほどこす。邪師邪教、をそれずばあるべからず。これによりて、としごろいかがして法然上人の正義をうけて、凡夫往生の径路を、あきらめましと思侍しに、むなしくすぎし月日のかげ、かたぶきぬる身のよはひ、無常の獦者しきりにかりてもゆく。屠所のひつじ心ならずあゆみをいそぐ。たちかへるべきみちならねば、ゆくさきのみちかづくらん。一息かへらざればこれを後世に属す。一念蹉跪せばすなはち輪迴に堕せん。いたづらにつちとなり煙とならんずる身をのみおもひて、かなしくこほりにむせび、ほのをにむせばんずるたましゐをかへり見ざるは、後のくゐさきにたたぬなげきもいまの事ぞかし。

後の世のさりともとおぼゆるたのみもなければ、命のをはりもすずろにおそろしかりしほどに、かぎりなく仏に、それへ申てししるしならむ。まのあたり明師のをしへをききて、はるかに上人の素意をしりぬるにこそ、臨終も心やすく、往生もうちかためておぼえぬれ。かの韋提希の世尊に崛せし時、釈梵そらに住して、二尊の教益を蒙りし、むかしの仏化になずらへて、この修行者の智識にあひし日、愚僧みぎりにのぞんで、一宗の祖訓をさとる。

いまの得益をおもふに、まことにこれ多生の大慶也。いかでか又小縁の宿因ならんや。ただしうらむるところは一旦にむなしくわかれて再会しばらく、へだたりぬる事を。ただみみにとどまることばのみぞ、いまは心にのこるかたみならん。さしもありがたきおもひいでの、跡なくわすれなんはほいなかるべければ、その一夜の閑談をあつめて、この三巻の記録とす。としてもかくしても、ただ身をまかせてたのめ、本願たすけ給ふべしとのみききしかば、帰命本願抄とやなづくべからむ


本文の出所は大正新脩大蔵経テキストデータベースです