洛陽

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

らくよう

Ⅰ 京都のこと。隋・唐の東都、洛陽から転じた名称。(歎異抄 P.838)

Ⅱ 中国、河南省北部の都市。周代の洛邑に始まり、漢代に洛陽と改称され都として栄えた。


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。