清見が関

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

きよみがせき

 平安時代、駿河(するが)庵原(いはら)郡(現在の静岡県清水市)興津(おきつ)町清見寺の地にあった関のことで、北に富士山、南に三保の松原を望むことができる名勝。(唯信鈔 P.1340)


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。