操作

無上法輪

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

むじょうほうりん

 この上ない教えの輪。仏の教えは一所に停滞せずに人々の間に伝わって行くので、これを輪に喩える。(化巻 P.410)

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。


WikiPediaから転送
法輪は八正道のシンボルとされる

法輪(ほうりん、: dharma-cakra)は、仏教の教義、特に釈迦が説いた四諦八正道の別称。「輪」とは古代インドの投擲武器であるチャクラムのことである。人々が僧侶から説かれた仏教の教義を信じることによって自らの煩悩が打ち消されるさまを、その破邪の面を特に強調して、転輪聖王の7種の宝具の1つであるチャクラムに譬えた表現である。

そこから、仏教では教義(法輪)を他人に伝えること(転)を転法輪と言うようになり、特に釈迦がサールナート(仙人堕処)鹿野苑(施鹿林)で元の修行仲間5人に最初に教義を説いた出来事を初転法輪と言う。その後、三転十二行相を説いたともされる。

法輪は仏教の教義を示す物として八方向に教えを広める車輪形の法具として具現化され、と共に仏教のシンボルとして信仰され、寺院の軒飾りにも使用された。また、中国では道教にも取り入れられ、教義を示す用語として使用されている。

法輪一覧

符号位置

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+2638 - ☸
☸
WHEEL OF DHARMA

脚注

[ヘルプ]

関連項目

外部リンク