皆受自然…

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

かいじゅじねん…

 「みな自然虚無の身、無極の体を受けたるなり」

 自然・虚無・無極は、涅槃の異名。浄土における身体は涅槃の徳にかない、あらゆる限定を超えているという意。分別的な限定をこえた無為自然の浄土に生れたものは、色もなく形もない絶対無限のさとりの身となることをいう。 (真巻 P.372)


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。