血脈

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

けちみゃく

 教えを受け伝える法脈のことで、血統のつづくことに喩えて血脈と呼ぶ。(改邪鈔 P.917)

師資相承の血脈(ししそうじょう の けちみゃく)    師から弟子(資)へ教えが代々伝えられることを、身体の血管が切れ目なく続いていることに喩えたもの。(改邪鈔 P.917)

 師から弟子へと法脈が伝えられていくこと。 (選択本願念仏集(P.1190)


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。