操作

裳無衣

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

もなしごろも

 裳無衣(したばかまのついていない衣)や黒袈裟は、当時、一遍以来の時衆(時宗)が多く用いたものであった。(改邪鈔 P.920)

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。