覚運

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

[かくうん]   (953-1007)比叡山東塔檀那院に住し、その教学は檀那流といわれ源信(げんしん)和尚の慧心流と共に日本天台教学の二大学派と称される。(口伝鈔 P.898)


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。