長楽寺

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

[ちょうらくじ]

 長楽寺流のこと。法然上人門下の皆空房(かいくうぼう)隆寛(りゅうかん)(1148-1227)によって伝えられた系統。隆寛が東山の長楽寺に住したので、この名がある。多念の称名によって臨終の往生が確実になるとするので、多念義とも呼ばれるが、隆寛自身の教学を多念義とするのは適切ではない。 (御文章 P.1132)


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。