操作

雑毒

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

ぞう-どく

 三毒煩悩の毒が()じっていること。如来の真実に対して衆生の行為を、雑毒の善、雑毒の行などという。

信巻の信楽釈には、

一切凡小、一切時のうちに、貪愛の心つねによく善心を汚し、瞋憎の心つねによく法財を焼く。急作急修して頭燃を灸ふがごとくすれども、すべて雑毒雑修の善と名づく。また虚仮諂偽の行と名づく。真実の業と名づけざるなり。この虚仮雑毒の善をもつて無量光明土に生ぜんと欲する、これかならず不可なり。(信巻 P.235)

正像末和讃には、
(96)

悪性さらにやめがたし
 こころは蛇蝎のごとくなり
 修善も雑毒なるゆゑに
 虚仮の行とぞなづけたる (正像末和讃p.619)

などとある。