あだ

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

Ⅰ 害。危害。(高僧 P.592, 正像 P.602, 一代記 P.1310) 

Ⅱ 仇。敵。または、いたずら事。(一多分別 P.1373)

Ⅲ ここではさまたげ。(歎異抄 P.840)

Ⅳ 粗末にすること。「あだに申さんは」粗末に申し上げるとしたら。 (消息 P.786,一代記 P.1331)

Ⅴ はかないさま。 (御文章 P.1108)


あだに


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。


夢の世に あだにはかなき 身をしれと 教えて還る 子は知識なり (和泉式部)