蓮如上人御一代記聞書

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
一代記から転送)
移動先: 案内検索

(#noN)によってリンク可能。また番号をクリックすることで現代語参照可能。

 主として第8代宗主蓮如上人の御一代における法語や訓誡および上人の行動などを収録し、さらに蓮如・実如両上人に関係する人々の言動も記録されたものである。すべて箇条書きになっていて、浄土真宗聖典には314条を収めているが、その他条数の異なる諸本もある。これは本書が、数種の語録からの抜き書きを集めて構成されていることを示している。なお、編者については諸説があって定かではない。
 内容は、真宗の教義、倫理、生活、儀礼など多岐にわたり、故実や多くの人物の動静によって、懇切に興味深く記されている。もっとも、全体を通して主題となっているのは、信心獲得することがいかに大切であるかにつきるといってよい。

 本書は誰にでも分りやすく、簡潔に浄土真宗の肝要を述べることに努められた上人の態度が、もっともよくあらわれている法語集であり、浄土真宗の信者はこれによって念仏者としての生活の規範を知り、座右に置いて反省の資にすることができるであろう。


蓮如上人御一代記聞書

蓮如上人御一代記聞書 本

1-50

(1)

一 勧修寺村の道徳明応二年正月一日に御前へまゐりたるに、蓮如上人仰せられ候ふ。道徳はいくつになるぞ。道徳念仏申さるべし。自力の念仏といふは、念仏おほく申して仏にまゐらせ、この申したる功徳にて仏のたすけたまはんずるやうにおもうてとなふるなり。他力といふは、弥陀をたのむ一念のおこるとき、やがて御たすけにあづかるなり。そののち念仏申すは、御たすけありたるありがたさありがたさと思ふこころをよろこびて、南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏と申すばかりなり。されば他力とは他のちからといふこころなり。この一念、臨終までとほりて往生するなりと仰せ候ふなり。


(2)

一 あさの御つとめに、「いつつの不思議をとくなかに」(高僧和讃・三三)より「尽十方の無礙光は 無明のやみをてらしつつ 一念歓喜するひとを かな らず滅度にいたらしむ」(高僧和讃・三八)と候ふ段のこころを御法談のとき、「光明遍照十方世界」(観経)の文のこころと、また「月かげのいたらぬさとはなけれども ながむるひとのこころにぞすむ」とある歌をひきよせ御法談候ふ。なかなかありがたさ申すばかりなく候ふ。上様(蓮如)御立ちの御あとにて、北殿様(実如)の仰せに、夜前の御法談、今夜の御法談とをひきあはせて仰せ候ふ、ありがたさありがたさ是非におよばず御掟候ひて、御落涙の御こと、かぎりなき御ことに候ふ。


(3)

一 御つとめのとき順讃御わすれあり。南殿へ御かへりありて、仰せに、聖人(親鸞)御すすめの和讃、あまりにあまりに殊勝にて、あげばをわすれたりと仰せ候ひき。ありがたき御すすめを信じて往生するひとすくなしと御述懐なり。


(4)

一 念声是一といふことしらずと申し候ふとき、仰せに、おもひ内にあればいろ外にあらはるるとあり。されば信をえたる体はすなはち南無阿弥陀仏なり とこころうれば、口も心もひとつなり。


(5)

一 蓮如上人仰せられ候ふ。本尊は掛けやぶれ、聖教はよみやぶれと、対句に仰せられ候ふ。


(6)

一 仰せに、南無といふは帰命なり、帰命といふは弥陀を一念たのみまゐらするこころなり。また発願回向といふは、たのむ機にやがて大善大功徳をあたへたまふなり。その体すなはち南無阿弥陀仏なりと仰せ候ひき。


(7)

一 加賀の願生覚善又四郎とに対して、信心といふは弥陀を一念御たすけ候へとたのむとき、やがて御たすけあるすがたを南無阿弥陀仏と申すなり。総じて罪はいかほどあるとも、一念の信力にて消しうしなひたまふなり。されば「無始以来輪転六道妄業、一念南無阿弥陀仏と帰命する仏智無生の妙願力にほろぼされて、涅槃畢竟の真因はじめてきざすところをさすなり」(真要鈔・本)といふ御ことばを引きたまひて仰せ候ひき。さればこのこころを御 かけ字あそばされて、願生にくだされけり。


(8)

一 三河の教賢伊勢の空賢とに対して、仰せに、南無といふは帰命、このこころは御たすけ候へとたのむなり。この帰命のこころやがて発願回向のこころを感ずるなりと仰せられ候ふなり。


(9)

一 「他力の願行をひさしく身にたもちながら、よしなき自力の執心ほだされて、むなしく流転しけるなり」(安心決定鈔・末意)と候ふを、え存ぜず候ふよし申しあげ候ふところに、仰せに、ききわけてえ信ぜぬもののことなりと仰せられ候ひき。


(10)

一 「弥陀の大悲、かの常没の衆生のむねのうちにみちみちたる」(安心決定鈔・本意)といへること不審に候ふと、福田寺申しあげられ候ふ。仰せに、仏心の蓮華はむねにこそひらくべけれ、はらにあるべきや。「弥陀の身心の功徳、法界衆生の身のうち、こころのそこに入りみつ」(同・本)ともあり。しかれば、 ただ領解の心中をさしてのことなりと仰せ候ひき。ありがたきよし候ふなり。


(11)

一 十月二十八日逮夜にのたまはく、「正信偈和讃」をよみて、仏にも聖人(親鸞)にもまゐらせんとおもふか、あさましや。他宗にはつとめをもして回向するなり。御一流には他力信心をよくしれとおぼしめして、聖人の和讃にそのこころをあそばされたり。ことに七高祖の御ねんごろなる御釈のこころを、和讃にききつくるやうにあそばされて、その恩をよくよく存知して、あらたふとやと念仏するは、仏恩の御ことを聖人の御前にてよろこびまうすこころなりと、くれぐれ仰せられ候ひき。


(12)

一 聖教をよくおぼえたりとも、他力の安心をしかと決定なくはいたづらごとなり。弥陀をたのむところにて往生決定と信じて、ふたごころなく臨終までとほり候はば往生すべきなり。


(13)

一 明応三年十一月、報恩講の二十四日あかつき八時において、聖人の御前 〔に〕参拝申して候ふに、すこしねぶり候ふうちに、ゆめともうつつともわかず、空善拝みまうし候ふやうは、御厨子のうしろよりわたをつみひろげたるやうなるうちより、上様(蓮如)あらはれ御出であると拝みまうすところに、御相好、開山聖人(親鸞)にてぞおはします。あら不思議やとおもひ、やがて御厨子のうちを拝みまうせば、聖人御座なし。さては開山聖人、上様に現じましまして、御一流を御再興にて御座候ふと申しいだすべきと存ずるところに、慶聞坊の讃嘆に、聖人の御流義、「たとへば木石の縁をまちて火を生じ、瓦礫のをすりて玉をなすがごとし」と、『御式』(報恩講私記)のうへを讃嘆あるとおぼえて夢さめて候ふ。さては開山聖人の御再誕と、それより信仰申すことに候ひき。


(14)

一 教化するひと、まづ信心をよく決定して、そのうへにて聖教をよみかたらば、きくひとも信をとるべし。


(15)

一 仰せに、弥陀をたのみて御たすけを決定して、御たすけのありがたさよ とよろこぶこころあれば、そのうれしさに念仏申すばかりなり。すなはち仏恩報謝なり。


(16)

一 大津近松殿に対しましまして仰せられ候ふ。信心をよく決定して、ひとにもとらせよと仰せられ候ひき。


(17)

一 十二月六日に富田殿へ御下向にて候ふあひだ、五日の夜は大勢御前へまゐり候ふに、仰せに、今夜はなにごとに人おほくきたりたるぞと。順誓申され候ふは、まことにこのあひだの御聴聞申し、ありがたさの御礼のため、また明日御下向にて御座候ふ。御目にかかりまうすべしかのあひだ、歳末の御礼のためならんと申しあげられけり。そのとき仰せに、無益の歳末の礼かな、歳末の礼には信心をとりて礼にせよと仰せ候ひき。


(18)

一 仰せに、ときどき懈怠することあるとき、往生すまじきかと疑ひなげくものあるべし。しかれども、もはや弥陀如来をひとたびたのみまゐらせて往 生決定ののちなれば、懈怠おほくなることのあさましや。かかる懈怠おほくなるものなれども、御たすけは治定なり。ありがたやありがたやとよろこぶこころを、他力大行の催促なりと申すと仰せられ候ふなり。


(19)

一 御たすけありたることのありがたさよと念仏申すべく候ふや、また御たすけあらうずることのありがたさよと念仏申すべく候ふやと、申しあげ候ふとき、仰せに、いづれもよし。ただし正定聚のかたは御たすけありたるとよろこぶこころ、滅度のさとりのかたは御たすけあらうずることのありがたさよと申すこころなり。いづれも仏に成ることをよろこぶこころ、よしと仰せ候ふなり。


(20)

一 明応五年正月二十三日に富田殿より御上洛ありて、仰せに、当年よりいよいよ信心なきひとには御あひあるまじきと、かたく仰せ候ふなり。安心のとほりいよいよ仰せきかせられて、また誓願寺に能をさせられけり。二月十七日にやがて富田殿へ御下向ありて、三月二十七日に堺殿より御上洛ありて、 二十八日に仰せられ候ふ。「自信教人信」(礼讃 六七六)のこころを仰せきかせられんがために、上り下り辛労なれども、御出であるところは、信をとりよろこぶよし申すほどに、うれしくてまたのぼりたりと仰せられ候ひき。


(21)

一 四月九日に仰せられ候ふ。安心をとりてものをいはばよし。用ないことをばいふまじきなり。一心のところをばよく人にもいへと、空善に御掟なり。


(22)

一 おなじき十二日に堺殿へ御下向あり。


(23)

一 七月二十日御上洛にて、その日仰せられ候ふ。「五濁悪世のわれらこそ 金剛の信心ばかりにて ながく生死をすてはてて 自然の浄土にいたるなれ」(高僧和讃・七六)。このつぎをも御法談ありて、この二首の讃のこころをいひてきかせんとてのぼりたりと仰せ候ふなり。さて「自然の浄土にいたるなり」、「ながく生死をへだてける」、さてさてあらおもしろやおもしろやと、くれぐれ御掟ありけり。

(24)

一 のたまはく、「南旡」の字は聖人(親鸞)の御流義にかぎりてあそばしけり。「南旡阿弥陀仏」をにて写させられて、御座敷に掛けさせられて仰せられけるは、不可思議光仏、無礙光仏もこの南無阿弥陀仏をほめたまふ徳号なり。しかれば南無阿弥陀仏を本とすべしと仰せられ候ふなり。


(25)

一 「十方無量の諸仏の 証誠護念のみことにて 自力の大菩提心の かなはぬほどはしりぬべし」(正像末和讃・四四)。御讃のこころを聴聞申したきと順誓申しあげられけり。仰せに、諸仏の弥陀に帰せらるるをとしたまへり。 「世のなかにあまのこころをすてよかし 妻うしのつのはさもあらばあれ」と。これは御開山(親鸞)の御歌なり。さればかたちはいらぬこと、一心を本とすべしとなり。世にも「かうべをそるといへども心をそらず」といふことがあると仰せられ候ふ。


(26)

一 「鳥部野をおもひやるこそあはれなれ ゆかりの人のあととおもへば」。これも聖人の御歌なり。

(27)

一 明応五年九月二十日、御開山(親鸞)の御影様、空善に御免あり。なかなかありがたさ申すにかぎりなきことなり。


(28)

一 おなじき十一月報恩講の二十五日に、御開山の『御伝』(御伝鈔)を聖人(親鸞)の御前にて上様(蓮如)あそばされて、いろいろ御法談候ふ。なかなかありがたさ申すばかりなく候ふ。


(29)

一 明応六年四月十六日御上洛にて、その日御開山聖人の御影の正本、あつがみ一枚につつませ、みづからの御筆にて御座候ふとて、上様御手に御ひろげ候ひて、皆に拝ませたまへり。この正本、まことに宿善なくては拝見申さぬことなりと仰せられ候ふ。


(30)

一 のたまはく、「諸仏三業荘厳して 畢竟平等なることは 衆生虚誑の身口意を 治せんがためとのべたまふ」(高僧和讃・四四)といふは、諸仏の弥陀に帰して衆生をたすけらるることよと仰せられ候ふ。

(31)

一 一念の信心をえてのちの相続といふは、さらに別のことにあらず、はじめ発起するところの安心を相続せられてたふとくなる一念のこころのとほるを、「憶念の心つねに」とも「仏恩報謝」ともいふなり。いよいよ帰命の一念、発起すること肝要なりと仰せ候ふなり。


(32)

一 のたまはく、朝夕、「正信偈和讃」にて念仏申すは、往生のたねになるべきかなるまじきかと、おのおの坊主に御たづねあり。皆申されけるは、往生のたねになるべしと申したる人もあり、往生のたねにはなるまじきといふ人もありけるとき、仰せに、いづれもわろし、「正信偈和讃」は、衆生の弥陀如来を一念にたのみまゐらせて、後生たすかりまうせとのことわりをあそばされたり。よくききわけて信をとりて、ありがたやありがたやと聖人(親鸞)の御前にてよろこぶことなりと、くれぐれ仰せ候ふなり。


(33)

一 南無阿弥陀仏の六字を、他宗には大善大功徳にてあるあひだ、となへてこの功徳を諸仏・菩薩・諸天にまゐらせて、その功徳をわがものがほにするな り。一流にはさなし。この六字の名号わがものにてありてこそ、となへて仏・菩薩にまゐらすべけれ。一念一心に後生たすけたまへとたのめば、やがて御たすけにあづかることのありがたさありがたさと申すばかりなりと仰せ候ふなり。


(34)

一 三河国浅井の後室、御いとまごひにとてまゐり候ふに、富田殿へ御下向のあしたのことなれば、ことのほかの御取りみだしにて御座候ふに、仰せに、名号をただとなへて仏にまゐらするこころにてはゆめゆめなし。弥陀をしかと御たすけ候へとたのみまゐらすれば、やがて仏の御たすけにあづかるを南無阿弥陀仏と申すなり。しかれば、御たすけにあづかりたることのありがたさよありがたさよと、こころにおもひまゐらするを、口に出して南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏と申すを、仏恩を報ずるとは申すことなりと仰せ候ひき。


(35)

一 順誓申しあげられ候ふ。一念発起のところにて、罪みな消滅して正定聚不退の位に定まると、御文にあそばされたり。しかるに罪はいのちのあるあ ひだ、罪もあるべしと仰せ候ふ。御文と別にきこえまうし候ふやと、申しあげ候ふとき、仰せに、一念のところにて罪みな消えてとあるは、一念の信力にて往生定まるときは、罪はさはりともならず、されば無き分なり。命の娑婆にあらんかぎりは、罪は尽きざるなり。順誓は、はや悟りて罪はなきかや。聖教には「一念のところにて罪消えて」とあるなりと仰せられ候ふ。罪のあるなしの沙汰をせんよりは、信心を取りたるか取らざるかの沙汰をいくたびもいくたびもよし。罪消えて御たすけあらんとも、罪消えずして御たすけあるべしとも、弥陀の御はからひなり、われとしてはからふべからず。ただ信心肝要なり と、くれぐれ仰せられ候ふなり。


(36)

一 「真実信心の称名は 弥陀回向の法なれば 不回向となづけてぞ 自力の称念きらはるる」(正像末和讃・三九)といふは、弥陀のかたより、たのむこころも、たふとやありがたやと念仏申すこころも、みなあたへたまふゆゑに、とやせんかくやせんとはからうて念仏申すは、自力なればきらふなりと仰せ候 ふなり。

(37)

一 無生の生とは、極楽の生は三界をへめぐるこころにてあらざれば、極楽の生は無生の生といふなり。


(38)

一 回向といふは、弥陀如来の、衆生を御たすけをいふなりと仰せられ候ふなり。


(39)

一 仰せに、一念発起の義、往生は決定なり。罪消して助けたまはんとも、罪消さずしてたすけたまはんとも、弥陀如来の御はからひなり。罪の沙汰無益なり。たのむ衆生を本とたすけたまふことなりと仰せられ候ふなり。


(40)

一 仰せに、身をすてておのおのと同座するをば、聖人(親鸞)の仰せにも、四海の信心の人はみな兄弟と仰せられたれば、われもその御ことばのごとくなり。また同座をもしてあらば、不審なることをも問へかし、信をよくとれかしとねがふばかりなりと仰せられ候ふなり。

(41)

一 「愛欲の広海に沈没し、名利の太山に迷惑して、定聚の数に入ることを喜ばず、真証の証に近づくことを快しまず」(信巻・末)と申す沙汰に、不審のあつかひどもにて、往生せんずるか、すまじきなんどとたがひに申しあひけるを、ものごしにきこしめされて、愛欲も名利もみな煩悩なり、されば機のあつかひをするは雑修なりと仰せ候ふなり。ただ信ずるほかは別のことなしと仰せられ候ふ。


(42)

一 ゆふさり案内をも申さず、ひとびとおほくまゐりたるを、美濃殿まかりいで候へと、あらあらと御申しのところに、仰せに、さやうにいはんことばにて、一念のことをいひてきかせて帰せかしと。東西を走りまはりていひたきことなりと仰せられ候ふとき、慶聞房涙を流し、あやまりて候ふとて讃嘆ありけり。皆々落涙申すことかぎりなかりけり。


(43)

一 明応六年十一月、報恩講に御上洛なく候ふあひだ、法敬坊御使ひとして、当年は御在国にて御座候ふあひだ、御講をなにと御沙汰あるべきやと、 たづね御申し候ふに、当年よりは夕の六つどき、朝の六つどきをかぎりに、みな退散あるべしとの御文をつくらせて、かくのごとくめさるべきよし御掟あり。御堂の夜の宿衆もその日の頭人ばかりと御掟なり。また上様(蓮如)は七日の御講のうちを富田殿にて三日御つとめありて、二十四日には大坂殿へ御下向にて御勤行なり。


(44)

一 おなじき七年の夏よりまた御違例にて御座候ふあひだ、五月七日に御いとまごひに聖人へ御まゐりありたきと仰せられて、御上洛にて、やがて仰せに、信心なきひとにはあふまじきぞ。信をうるものには召してもみたく候ふ、逢ふべしと仰せなりと[云々]。


(45)

一 今の人は古をたづぬべし。また古き人は古をよくつたふべし。物語は失するものなり。書したるものは失せず候ふ。


(46)

一 赤尾の道宗申され候ふ。一日のたしなみには朝つとめにかかさじとたし なむべし。一月のたしなみにはちかきところ御開山様(親鸞)の御座候ふところへまゐるべしとたしなめ、一年のたしなみには御本寺へまゐるべしとたしなむべしと[云々]。これを円如様きこしめしおよばれ、よく申したると仰せられ候ふ。


(47)

一 わが心にまかせずして心を責めよ。仏法は心のつまる物かとおもへば、信心に御なぐさみ候ふと仰せられ候ふ。


(48)

一 法敬坊九十まで存命候ふ。この歳まで聴聞申し候へども、これまでと存知たることなし、あきたりもなきことなりと申され候ふ。


(49)

一 山科にて御法談の御座候ふとき、あまりにありがたき御掟どもなりとて、これを忘れまうしてはと存じ、御座敷をたち御堂へ六人よりて談合候へば、面々にききかへられ候ふ。そのうちに四人はちがひ候ふ。大事のことにて候ふと申すことなり。聞きまどひあるものなり。

(50)

一 蓮如上人の御時、こころざしの衆も御前におほく候ふとき、このうちに信をえたるものいくたりあるべきぞ、一人か二人かあるべきか、など御掟候ふとき、おのおの肝をつぶし候ふと申され候ふよしに候ふ。

51-118

(51)

一 法敬申され候ふ。讃嘆のときなにもおなじやうにきかで、聴聞はかどをきけと申され候ふ。詮あるところをきけとなり。


(52)

一 「憶念称名いさみありて」(報恩講私記)とは、称名はいさみの念仏なり。信のうへはうれしくいさみて申す念仏なり。


(53)

一 御文のこと、聖教は読みちがへもあり、こころえもゆかぬところもあり。御文は読みちがへもあるまじきと仰せられ候ふ。御慈悲のきはまりなり。これをききながらこころえのゆかぬは無宿善の機なり。


(54)

一 御一流の御こと、このとしまで聴聞申し候うて、御ことばをうけたまは り候へども、ただ心が御ことばのごとくならずと、法敬申され候ふ。

(55)

一 実如上人、さいさい仰せられ候ふ。仏法のこと、わがこころにまかせずたしなめと御掟なり。こころにまかせては、さてなり。すなはちこころにまかせずたしなむ心は他力なり。


(56)

一 御一流の義を承りわけたるひとはあれども、聞きうる人はまれなりといへり。信をうる機まれなりといへる意なり。


(57)

一 蓮如上人の御掟には、仏法のことをいふに、世間のことにとりなす人のみなり。それを退屈せずして、また仏法のことにとりなせと仰せられ候ふなり。


(58)

一 たれのともがらも、われはわろきとおもふもの、一人としてもあるべからず。これしかしながら、聖人(親鸞)の御をかうぶりたるすがたなり。これによりて一人づつも心中をひるがへさずは、ながき世〔は〕泥梨にふかく沈 むべきものなり。これといふもなにごとぞなれば、真実に仏法のそこをしらざるゆゑなり。


(59)

一 「皆ひとのまことの信はさらになし ものしりがほの風情にてこそ」。近松殿へ御下向のとき、なげしおしておかせられ候ふ。あとにてこのこころをおもひいだし候へと御掟なり。光応寺殿の御不審なり。「ものしりがほ」とは、われはこころえたりとおもふがこのこころなり。


(60)

一 法敬坊、安心のとほりばかり讃嘆するひとなり。「言南無者」(玄義分 三二五)の釈をば、いつもはづさず引く人なり。それさへ、さしよせて申せと、蓮如上人御掟候ふなり。ことばすくなに安心のとほり申せと御掟なり。


(61)

一 善宗申され候ふ。こころざし申し候ふとき、わがものがほにもちてまゐるははづかしきよし申され候ふ。なにとしたることにて候ふやと申し候へば、これはみな御用のものにてあるを、わがもののやうにもちてまゐると申され候 ふ。ただ上様(蓮如)のもの、とりつぎ候ふことにて候ふを、わがものがほに存ずるかと申され候ふ。


(62)

一 津国郡家の主計と申す人あり。ひまなく念仏申すあひだ、ひげを剃るとき切らぬことなし。わすれて念仏申すなり。人は口はたらかねば念仏もすこしのあひだも申されぬかと、こころもとなきよしに候ふ。


(63)

一 仏法者申され候ふ。わかきとき仏法はたしなめと候ふ。としよれば行歩もかなはず、ねぶたくもあるなり。ただわかきときたしなめと候ふ。


(64)

一 衆生をしつらひたまふ。「しつらふ」といふは、衆生のこころをそのままおきて、よきこころを御くはへ候ひて、よくめされ候ふ。衆生のこころをみなとりかへて、仏智ばかりにて、別に御みたて候ふことにてはなく候ふ。


(65)

一 わが妻子ほど不便なることなし。それを勧化せぬはあさましきことなり。 宿善なくはちからなし。わが身をひとつ勧化せぬものがあるべきか。


(66)

一 慶聞坊のいはれ候ふ。信はなくてまぎれまはると、日に日に地獄がちかくなる。まぎれまはるがあらはれば地獄がちかくなるなり。うちみは信不信みえず候ふ。とほくいのちをもたずして、今日ばかりと思へと、古きこころざしのひと申され候ふ。


(67)

一 一度のちかひが一期のちかひなり。一度のたしなみが一期のたしなみなり。そのゆゑは、そのままいのちをはれば一期のちかひになるによりてなり。


(68)

一 「今日ばかりおもふこころを忘るなよ さなきはいとどのぞみおほきに」[覚如様御歌]


(69)

一 他流には、名号よりは絵像、絵像よりは木像といふなり。当流には、木像よりは絵像、絵像よりは名号といふなり。

(70)

一 御本寺北殿にて、法敬坊に対して蓮如上人仰せられ候ふ。われはなにごとをも当機をかがみおぼしめし、十あるものを一つにするやうに、かろがろと理のやがて叶ふやうに御沙汰候ふ。これを人が考へぬと仰せられ候ふ。御文等をも近年は御ことばすくなにあそばされ候ふ。いまはものを聞くうちにも退屈し、物を聞きおとすあひだ、肝要のことをやがてしり候ふやうにあそばされ候ふのよし仰せられ候ふ。


(71)

一 法印兼縁、幼少の時、二俣にてあまた小名号を申し入れ候ふ時、信心やある、おのおのと仰せられ候ふ。信心は〔その〕体名号にて候ふ。いま思ひあはせ候ふとの義に候ふ。


(72)

一 蓮如上人仰せられ候ふ。堺の日向屋は三十万貫を持ちたれども、死にたるが仏には成り候ふまじ。大和の了妙は帷一つをも着かね候へども、このたび仏に成るべきよと、仰せられ候ふよしに候ふ。

(73)

一 蓮如上人へ久宝寺の法性申され候ふは、一念に後生御たすけ候へと弥陀をたのみたてまつり候ふばかりにて往生一定と存じ候ふ。かやうにて御入り候ふかと申され候へば、ある人わきより、それはいつものことにて候ふ。別のこと、不審なることなど申され候はでと申され候へば、蓮如上人仰せられ候ふ。それぞとよ、わろきとは。めづらしきことを聞きたくおもひしりたく思ふなり。信のうへにてはいくたびも心中のおもむき、かやうに申さるべきことなるよし仰せられ候ふ。


(74)

一 蓮如上人仰せられ候ふ。一向に不信のよし申さるる人はよく候ふ。ことばにて安心のとほり申し候ひて、口にはおなじごとくにて、まぎれて空しくなるべき人を悲しく覚え候ふよし仰せられ候ふなり。


(75)

一 聖人(親鸞)の御一流は阿弥陀如来の御掟なり。されば御文には「阿弥陀如来の仰せられけるやうは」とあそばされ候ふ。

(76)

一 蓮如上人、法敬に対せられ仰せられ候ふ。いまこの弥陀をたのめといふことを御教へ候ふ人をしりたるかと仰せられ候ふ。順誓、存ぜずと申され候ふ。いま御をしへ候ふ人をいふべし。鍛冶・番匠なども物ををしふるにを出すものなり。一大事のことなり。なんぞものをまゐらせよ。いふべきと仰せられ候ふ時、順誓、なかなかなにたるものなりとも進上いたすべきと申され候ふ。蓮如上人仰せられ候ふ。このことををしふる人は阿弥陀如来にて候ふ。阿弥陀如来のわれをたのめとの御をしへにて候ふよし仰せられ候ふ。


(77)

一 法敬坊、蓮如上人へ申され候ふ。あそばされ候ふ御名号焼けまうし候ふが、六体の仏になりまうし候ふ。不思議なることと申され候へば、前々住上人(蓮如)そのとき仰せられ候ふ。それは不思議にてもなきなり。仏の仏に御成り候ふは不思議にてもなく候ふ。悪凡夫の弥陀をたのむ一念にて仏に成るこそ不思議よと仰せられ候ふなり。


(78)

一 朝夕は如来・聖人(親鸞)の御用にて候ふあひだ、冥加のかたをふかく 存ずべきよし、折々前々住上人(蓮如)仰せられ候ふよしに候ふ。


(79)

一 前々住上人仰せられ候ふ。「噛むとはしるとも、呑むとしらすな」といふことがあるぞ。妻子を帯し魚鳥を服し、罪障の身なりといひて、さのみ思ひのままにはあるまじきよし仰せられ候ふ。


(80)

一 仏法には無我と仰せられ候ふ。われと思ふことはいささかあるまじきことなり。われはわろしとおもふ人なし。これ聖人(親鸞)の御罰なりと、御詞候ふ。他力の御すすめにて候ふ。ゆめゆめわれといふことはあるまじく候ふ。無我といふこと、前住上人(実如)もたびたび仰せられ候ふ。


(81)

一 「日ごろしれるところを善知識にあひて問へば徳分あるなり」(浄土見聞集・意)。しれるところを問へば徳分あるといへるが殊勝のことばなりと、蓮如上人仰せられ候ふ。知らざるところを問はばいかほど殊勝なることあるべきと仰せられ候ふ。

(82)

一 聴聞を申すも大略わがためとはおもはず、ややもすれば法文の一つをもききおぼえて、人にうりごころあるとの仰せごとにて候ふ。


(83)

一 一心にたのみたてまつる機は、如来のよくしろしめすなり。弥陀のただしろしめすやうに心中をもつべし。冥加をおそろしく存ずべきことにて候ふとの義に候ふ。


(84)

一 前住上人(実如)仰せられ候ふ。前々住(蓮如)より御相続の義は別義なきなり。ただ弥陀たのむ一念の義よりほかは別義なく候ふ。これよりほか御存知なく候ふ。いかやうの御誓言もあるべきよし仰せられ候ふ。


(85)

一 おなじく仰せられ候ふ。凡夫往生、ただたのむ一念にて仏に成らぬことあらば、いかなる御誓言をも仰せらるべき。証拠は南無阿弥陀仏なり。十方の諸仏、証人にて候ふ。

(86)

一 蓮如上人仰せられ候ふ。物をいへいへと仰せられ候ふ。物を申さぬものはおそろしきと仰せられ候ふ。信不信ともに、ただ物をいへと仰せられ候ふ。物を申せば心底もきこえ、また人にも直さるるなり。ただ物を申せと仰せられ候ふ。


(87)

一 蓮如上人仰せられ候ふ。仏法は、つとめ節はかせもしらでよくすると思ふなり。つとめの節わろきよしを仰せられ、慶聞坊をいつもとりつめ 仰せられつるよしに候ふ。それにつきて蓮如上人仰せられ候ふ。一向にわろき人は違ひなどといふこともなし。ただわろきまでなり。わろしとも仰せごともなきなり。法義をもこころにかけ、ちとこころえもあるうへの違ひが、ことのほかの違ひなりと仰せられ候ふよしに候ふ。


(88)

一 人のこころえのとほり申されけるに、わがこころはただ籠に水を入れ候ふやうに、仏法の御座敷にてはありがたくもたふとくも存じ候ふが、やがてもとの心中になされ候ふと、申され候ふところに、前々住上人(蓮如)仰せられ 候ふ。その籠を水につけよ、わが身をば法にひてておくべきよし仰せられ候ふよしに候ふ。万事信なきによりてわろきなり。善知識のわろきと仰せらるるは、信のなきことをくせごとと仰せられ候ふことに候ふ。


(89)

一 聖教を拝見申すも、うかうかと拝みまうすはその詮なし。蓮如上人は、ただ聖教をばくれくれと仰せられ候ふ。また百遍これをみれば義理おのづから得ると申すこともあれば、心をとどむべきことなり。聖教は句面のごとくこころうべし。そのうへにて師伝口業はあるべきなり。私にして会釈することしかるべからざることなり。


(90)

一 前々住上人(蓮如)仰せられ候ふ。他力信心他力信心とみれば、あやまりなきよし仰せられ候ふ。


(91)

一 わればかりと思ひ、独覚心なること、あさましきことなり。信あらば仏の慈悲をうけとりまうすうへは、わればかりと思ふことはあるまじく候ふ。触光 触光柔軟の願(第三十三願)候ふときは、心もやはらぐべきことなり。されば縁覚は独覚のさとりなるがゆゑに、仏に成らざるなり。


(92)

一 一句一言も申すものは、われと思ひて物を申すなり。信のうへはわれはわろしと思ひ、また報謝と思ひ、ありがたさのあまりを人にも申すことなるべ し。


(93)

一 信もなくて、人に信をとられよとられよと申すは、われは物をもたずして人に物をとらすべきといふの心なり。人、承引あるべからずと、前住上人(蓮如)申さると順誓に仰せられ候ひき。「自信教人信」(礼讃 六七六)と候ふ時は、まづわが信心決定して、人にも教へて仏恩になるとのことに候ふ。自身の安心決定して教ふるは、すなはち「大悲伝普化」(同)の道理なるよし、おなじく仰せられ候ふ。


(94)

一 蓮如上人仰せられ候ふ。聖教よみの聖教よまずあり、聖教よまずの聖 教よみあり。一文字をもしらねども、人に聖教をよませ聴聞させて信をとらするは、聖教よまずの聖教よみなり。聖教をばよめども、真実によみもせず法義もなきは、聖教よみの聖教よまずなりと仰せられ候ふ。  自信教人信の道理なりと仰せられ候ふこと。


(95)

一 聖教よみの、仏法を申したてたることはなく候ふ。尼入道のたぐひのたふとやありがたやと申され候ふをききては、人が信をとると、前々住上人(蓮如)仰せられ候ふよしに候ふ。なにもしらねども、仏の加備力のゆゑに尼入道などのよろこばるるをききては、人も信をとるなり。聖教をよめども、名聞がさきにたちて心には法なきゆゑに、人の信用なきなり。


(96)

一 蓮如上人仰せられ候ふ。当流には、総体世間機わろし。仏法のうへよりなにごともあひはたらくべきことなるよし仰せられ候ふと[云々]。


(97)

一 おなじく仰せられ候ふ。世間にて、時宜しかるべきはよき人なりといへど も、信なくは心をおくべきなり。便りにもならぬなり。たとひ片目つぶれ、腰をひき候ふやうなるものなりとも、信心あらん人をばたのもしく思ふべきなりと仰せられ候ふ。


(98)

一 を思ふはわれを思ふなり。善知識の仰せに随ひ信をとれば、極楽へまゐるものなり。


(99)

一 久遠劫より久しき仏は阿弥陀仏なり。仮に果後の方便によりて誓願をまうけたまふことなり。


(100)

一 前々住上人(蓮如)仰せられ候ふ。弥陀をたのめる人は、南無阿弥陀仏に身をばまるめたることなりと仰せられ候ふと[云々]。いよいよ冥加を存ずべきのよしに候ふ。


(101)

一 丹後法眼 [蓮応] 衣装ととのへられ、前々住上人の御前に伺候候ひし 時、仰せられ候ふ。衣のえりを御たたきありて、南無阿弥陀仏よと仰せられ候ふ。また前住上人(実如)は御たたみをたたかれ、南無阿弥陀仏にもたれたるよし仰せられ候ひき。南無阿弥陀仏に身をばまるめたると仰せられ候ふと符合申し候ふ。


(102)

一 前々住上人(蓮如)仰せられ候ふ。仏法のうへには、事ごとにつけて空おそろしきことと存じ候ふべく候ふ。ただよろづにつけて油断あるまじきことと存じ候へのよし、折々に仰せられ候ふと[云々]。仏法には明日と申すことあるまじく候ふ。仏法のことはいそげいそげと仰せられ候ふなり。


(103)

一 おなじく仰せに、今日の日はあるまじきと思へと仰せられ候ふ。なにごともかきいそぎて物を御沙汰候ふよしに候ふ。ながながしたることを御嫌ひのよしに候ふ。仏法のうへには、明日のことを今日するやうにいそぎたること、賞翫なり。

(104)

一 おなじく仰せにいはく、聖人(親鸞)の御影を申すは大事のことなり。昔は御本尊よりほかは御座なきことなり。信なくはかならず御罰を蒙るべきよし仰せられ候ふ。


(105)

一 時節到来といふこと、用心をもしてそのうへに事の出でき候ふを、時節到来とはいふべし。無用心にて出でき候ふを時節到来とはいはぬことなり。聴聞を心がけてのうへの宿善・無宿善ともいふことなり。ただ信心はきくにきはまることなるよし仰せのよし候ふ。


(106)

一 前々住上人(蓮如)、法敬に対して仰せられ候ふ。まきたてといふもの知りたるかと。法敬御返事に、まきたてと申すは一度たねを播きて手をささぬものに候ふと申され候ふ。仰せにいはく、それぞ、まきたてわろきなり。人に直されまじきと思ふ心なり。心中をば申しいだして人に直され候はでは、心得の直ることあるべからず。まきたてにては信をとることあるべからずと仰せられ候ふ[云々]。

(107)

一 何ともして人に直され候ふやうに心中を持つべし。わが心中をば同行のなかへ打ちいだしておくべし。下としたる人のいふことをば用ゐずしてかならず腹立するなり。あさましきことなり。ただ人に直さるるやうに心中を持つべき義に候ふ。


(108)

一 人の、前々住上人(蓮如)へ申され候ふ。一念の処決定にて候ふ。ややもすれば、善知識の御ことばをおろそかに存じ候ふよし申され候へば、仰せられ候ふは、もつとも信のうへは崇仰の心あるべきなり。さりながら、凡夫の心にては、かやうの心中のおこらん時は勿体なきこととおもひすつべしと仰せられしと[云々]。


(109)

一 蓮如上人、兼縁に対せられ仰せられ候ふ。たとひ木の皮をきるいろめなりとも、なわびそ。ただ弥陀をたのむ一念をよろこぶべきよし仰せられ候ふ。


(110)

一 前々住上人仰せられ候ふ。上下老若によらず、後生は油断にてしそん ずべきのよし仰せられ候ふ。


(111)

一 前々住上人(蓮如)御口のうち御煩ひ候ふに、をりふし御目をふさがれ、ああ、と仰せられ候ふ。人の信なきことを思ふことは、身をきりさくやうにかなしきよと仰せられ候ふよしに候ふ。


(112)

一 おなじく仰せに、われは人の機をかがみ、人にしたがひて仏法を御聞かせ候ふよし仰せられ候ふ。いかにも人のすきたることなど申させられ、うれしやと存じ候ふところに、また仏法のことを仰せられ候ふ。いろいろ御方便にて、人に法を御聞かせ候ひつるよしに候ふ。


(113)

一 前々住上人仰せられ候ふ。人々の仏法を信じてわれによろこばせんと思へり。それはわろし。信をとれば自身の勝徳なり。さりながら、信をとらば、恩にも御うけあるべきと仰せられ候ふ。また、聞きたくもなきことなりとも、まことに信をとるべきならば、きこしめすべきよし仰せられ候ふ。

(114)

一 おなじく仰せに、まことに一人なりとも信をとるべきならば、身を捨てよ。それはすたらぬと仰せられ候ふ。


(115)

一 あるとき仰せられ候ふ。御門徒の心得を直すときこしめして、老の皺をのべ候ふと仰せられ候ふ。


(116)

一 ある御門徒衆に御尋ね候ふ。そなたの坊主、心得の直りたるをうれしく存ずるかと御尋ね候へば、申され候ふ。まことに心得を直され、法義を心にかけられ候ふ。一段ありがたくうれしく存じ候ふよし申され候ふ。その時仰せられ候ふ。われはなほうれしく思ふよと仰せられ候ふ。


(117)

一 をかしき事態をもさせられ、仏法に退屈仕り候ふものの心をもくつろげ、その気をも失はして、またあたらしく法を仰せられ候ふ。まことに善巧方便、ありがたきことなり。

(118)

一 天王寺土塔会、前々住上人(蓮如)御覧候ひて仰せられ候ふ。あれほどのおほき人ども地獄へおつべしと、不便に思し召し候ふよし仰せられ候ふ。またそのなかに御門徒の人は仏に成るべしと仰せられ候ふ。これまたありがたき仰せにて候ふ。

蓮如上人御一代聞書 本

蓮如上人御一代記聞書 末

119-200

(119)

一 前々住上人(蓮如)御法談以後、四五人の御兄弟へ仰せられ候ふ。四五人の衆寄合ひ談合せよ。かならず五人は五人ながら意巧にきくものなるあひだ、よくよく談合すべきのよし仰せられ候ふ。


(120)

一 たとひなきことなりとも、人申し候はば、当座領掌すべし。当座に詞を返せば、ふたたびいはざるなり。人のいふことをばただふかく用心すべきなり。これにつきてある人、あひたがひにあしきことを申すべしと、契約候ひしところに、すなはち一人のあしきさまなること申しければ、われはさやうに存ぜざれども、人の申すあひださやうに候ふと申す。さればこの返答あしきとのことに候ふ。さなきことなりとも、当座はさぞと申すべきことなり。

(121)

一 一宗の繁昌と申すは、人のおほくあつまり、威のおほきなることにてはなく候ふ。一人なりとも、人の信をとるが、一宗の繁昌に候ふ。しかれば、「専修正行の繁昌は遺弟念力より成ず」(報恩講私記)とあそばされおかれ候ふ。


(122)

一 前々住上人(蓮如)仰せられ候ふ。聴聞心に入れまうさんと思ふ人はあり、信をとらんずると思ふ人なし。されば極楽はたのしむと聞きて、まゐらんと願ひのぞむ人は仏に成らず、弥陀をたのむ人は仏に成ると仰せられ候ふ。


(123)

一 聖教をすきこしらへもちたる人の子孫には、仏法者いでくるものなり。 ひとたび仏法をたしなみ候ふ人は、おほやうなれどもおどろきやすきなり。


(124)

一 御文は如来の直説なりと存ずべきのよしに候ふ。形をみれば法然、詞を聞けば弥陀の直説といへり。

(125)

一 蓮如上人御病中に、慶聞に、なんぞ物をよめと仰せられ候ふとき、御文をよみまうすべきかと申され候ふ。さらばよみまうせと仰せられ候ふ。三通二度づつ六遍よませられて仰せられ候ふ。わがつくりたるものなれども、殊勝なるよと仰せられ候ふ。


(126)

一 順誓申されしと[云々]。常にはわがまへにてはいはずして、後言いふとて腹立することなり。われはさやうには存ぜず候ふ。わがまへにて申しにくくは、かげにてなりともわがわろきことを申されよ。聞きて心中をなほすべきよし申され候ふ。


(127)

一 前々住上人(蓮如)仰せられ候ふ。仏法のためと思し召し候へば、なにたる御辛労をも御辛労とは思し召されぬよし仰せられ候ふ。御心まめにて、なにごとも御沙汰候ふよしなり。


(128)

一 法にはあらめなるがわろし。世間には微細なるといへども、仏法には微細 に心をもち、こまかに心をはこぶべきよし仰せられ候ふ。


(129)

一 とほきはちかき道理、ちかきはとほき道理あり。灯台もとくらしとて、仏法を不断聴聞申す身は、御用を厚くかうぶりて、いつものことと思ひ、法義におろそかなり。とほく候ふ人は、仏法をききたく大切にもとむるこころありけり。仏法は大切にもとむるよりきくものなり。


(130)

一 ひとつことを聞きて、いつもめづらしく初めたるやうに信のうへにはあるべきなり。ただ珍しきことをききたく思ふなり。ひとつことをいくたび聴聞申すとも、めづらしく初めたるやうにあるべきなり。


(131)

一 道宗は、ただ一つ御詞をいつも聴聞申すが、初めたるやうにありがたきよし申され候ふ。


(132)

一 念仏申すも、人の名聞げにおもはれんと思ひてたしなむが大儀なるよし、 ある人申され候ふ。常の人の心中にかはり候ふこと。


(133)

一 同行同侶の目をはぢて冥慮をおそれず。ただ冥見をおそろしく存ずべきことなり。


(134)

一 たとひ正義たりとも、しげからんことをば停止すべきよし候ふ。まして世間の儀停止候はぬことしかるべからず。いよいよ増長すべきは信心にて候ふ。


(135)

一 蓮如上人仰せられ候ふ。仏法にはまゐらせ心わろし。これをして御心に叶はんと思ふ心なり。仏法のうへはなにごとも報謝と存ずべきなりと[云々]。


(136)

一 人の身には眼・耳・鼻・舌・身・意六賊ありて善心をうばふ。これは諸行のことなり。念仏はしからず。仏智の心をうるゆゑに、貪瞋痴の煩悩をば仏の方より刹那に消したまふなり。ゆゑに「貪瞋煩悩中 能生清浄願往生心」(散善義 四六八)といへり。「正信偈」には、「譬如日光覆雲霧 雲霧之下明無闇 といへり。


(137)

一 一句一言を聴聞するとも、ただ得手に法を聞くなり。ただよくきき、心中のとほりを同行にあひ談合すべきことなりと[云々]。


(138)

一 前々住上人(蓮如)仰せられ候ふ。神にも仏にも馴れては、手ですべきことを足にてするぞと仰せられける。如来・聖人(親鸞)・善知識にも馴れまうすほど御こころやすく思ふなり。馴れまうすほどいよいよ渇仰の心をふかくはこぶべきこともつともなるよし仰せられ候ふ。


(139)

一 口と身のはたらきとは似するものなり。心根がよくなりがたきものなり。涯分、心の方を嗜みまうすべきことなりと[云々]。


(140)

一 衣装等にいたるまで、わが物と思ひ踏みたたくることあさましきことなり。ことごとく聖人の御用物にて候ふあひだ、前々住上人は召し物など御 足にあたり候へば、御いただき候ふよし承りおよび候ふ。


(141)

一 王法額にあてよ、仏法は内心にふかく蓄へよとの仰せに候ふ。仁義といふことも、端正あるべきことなるよしに候ふ。


(142)

一 蓮如上人御若年のころ、御迷惑のことにて候ひし。ただ御代にて仏法を仰せたてられんと思し召し候ふ御念力一つにて御繁昌候ふ。御辛労ゆゑに候ふ。


(143)

一 御病中に蓮如上人仰せられ候ふ。御代に仏法を是非とも御再興あらんと思し召し候ふ御念力一つにて、かやうにいままでみなみな心やすくあることは、この法師冥加に叶ふによりてのことなりと御自讃ありと[云々]。


(144)

一 前々住上人(蓮如)は、昔はこぶくめをめされ候ふ。白小袖とて御心やすく召され候ふ御ことも御座なく候ふよしに候ふ。いろいろ御かなしかりける ことども、折々御物語り候ふ。今々のものはさやうのことを承り候ひて、冥加を存ずべきのよしくれぐれ仰せられ候ふ。


(145)

一 よろづ御迷惑にて、油をめされ候はんにも御用脚なく、やうやう京の黒木をすこしづつ御とり候ひて、聖教など御覧候ふよしに候ふ。また少々は月の光にても聖教をあそばされ候ふ。御足をもたいがい水にて御洗ひ候ふ。また二三日も御膳まゐり候はぬことも候ふよし承りおよび候ふ。


(146)

一 人をもかひがひしく召しつかはれ候はであるうへは、幼童のむつきをもひとり御洗ひ候ふなどと仰せられ候ふ。


(147)

一 存如上人召しつかはれ候ふ小者を、御雇ひ候ひて召しつかはれ候ふよしに候ふ。存如上人は人を五人召しつかはれ候ふ。蓮如上人御隠居の時も、五人召しつかはれ候ふ。当時は御用とて心のままなること、そらおそろしく、身もいたくかなしく存ずべきことにて候ふ。

(148)

一 前々住上人(蓮如)仰せられ候ふ。昔は仏前に伺候の人は、本は紙絹に輻をさし着候ふ。いまは白小袖にて、結句きがへを所持候ふ。これそのころは禁裏にも御迷惑にて、質をおかれて御用にさせられ候ふと、引きごとに御沙汰候ふ。


(149)

一 また仰せられ候ふ。御貧しく候ひて、京にて古き綿を御とり候ひて、御一人ひろげ候ふことあり。また御衣はかたの破れたるをめされ候ふ。白き御小袖は美濃絹のわろきをもとめ、やうやう一つめされ候ふよし仰せられ候ふ。当時はかやうのことをもしり候はで、あるべきやうにみなみな存じ候ふほどに、冥加につきまうすべし。一大事なり。


(150)

一 同行・善知識にはよくよくちかづくべし。「親近せざるは雑修の失なり」と『礼讃』(意)にあらはせり。あしきものにちかづけば、それには馴れじと思へども、悪事よりよりにあり。ただ仏法者には馴れちかづくべきよし仰せられ候ふ。俗典にいはく、「人の善悪は近づき習ふによる」と、また「その人を しらんとおもはば、その友をみよ」といへり。「善人の敵とはなるとも、悪人を友とすることなかれ」といふことあり。


(151)

一 「きればいよいよかたく、仰げばいよいよたかし」といふことあり。物をきりてみてかたきとしるなり。本願を信じて殊勝なるほどもしるなり。信心おこりぬれば、たふとくありがたく、よろこびも増長あるなり。


(152)

一 凡夫の身にて後生たすかることは、ただ易きとばかり思へり。「難中之難」(大経・下)とあれば、堅くおこしがたき信なれども、仏智より得やすく成就したまふことなり。「往生ほどの一大事、凡夫のはからふべきにあらず」(執持鈔・二)といへり。前住上人(実如)仰せに、後生一大事と存ずる人には御同心あるべきよし仰せられ候ふと[云々]。


(153)

一 仏説に信謗あるべきよし説きおきたまへり。信ずるものばかりにて謗ずる人なくは、説きおきたまふこといかがとも思ふべきに、はや謗ずるものあるう へは、信ぜんにおいてはかならず往生決定との仰せに候ふ。


(154)

一 同行のまへにてはよろこぶものなり、これ名聞なり。信のうへは一人居てよろこぶ法なり。


(155)

一 仏法には世間のひまを闕きてきくべし。世間の隙をあけて法をきくべきやうに思ふこと、あさましきことなり。仏法には明日といふことはあるまじきよしの仰せに候ふ。「たとひ大千世界に みてらん火をもすぎゆきて 仏の御名をきくひとは ながく不退にかなふなり」と、『和讃』(浄土和讃・三一)にあそばされ候ふ


(156)

一 法敬申され候ふと[云々]。人寄合ひ、雑談ありしなかばに、ある人ふと座敷を立たれ候ふ。上人いかにと仰せければ、一大事の急用ありとて立たれけり。その後、先日はいかにふと立たれ候ふやと問ひければ、申され候ふ。仏法の物語、約束申したるあひだ、あるもあられずしてまかりたち候ふよし申さ れ候ふ。法義にはかやうにぞ心をかけ候ふべきことなるよし申され候ふ。


(157)

一 仏法をあるじとし、世間を客人とせよといへり。仏法のうへよりは、世間のことは時にしたがひあひはたらくべきことなりと[云々]。


(158)

一 前々住上人(蓮如)、南殿にて、存覚御作分の聖教ちと不審なる所の候ふを、いかがとて、兼縁、前々住上人へ御目にかけられ候へば、仰せられ候ふ。名人のせられ候ふ物をばそのままにて置くことなり。これが名誉なりと仰せられ候ふなり。


(159)

一 前々住上人へある人申され候ふ。開山(親鸞)の御時のこと申され候ふ。これはいかやうの子細にて候ふと申されければ、仰せられ候ふ。われもしらぬことなり。なにごともなにごともしらぬことをも、開山のめされ候ふやうに御沙汰候ふと仰せられ候ふ。

(160)

一 総体、人にはおとるまじきと思ふ心あり。この心にて世間には物をしならふなり。仏法には無我にて候ふうへは、人にまけて信をとるべきなり。をみてを折るこそ、仏の御慈悲よと仰せられ候ふ。


(161)

一 一心とは、弥陀をたのめば如来の仏心とひとつになしたまふがゆゑに、一心といへり。


(162)

一 ある人申され候ふと[云々]。われは井の水を飲むも、仏法の御用なれば、水の一口も、如来・聖人(親鸞)の御用と存じ候ふよし申され候ふ。


(163)

一 蓮如上人御病中に仰せられ候ふ。御自身なにごとも思し召し立ち候ふことの、成りゆくほどのことはあれども、成らずといふことなし。人の信なきことばかりかなしく御なげきは思し召しのよし仰せられ候ふ。


(164)

一 おなじく仰せに、なにごとをも思し召すままに御沙汰あり。聖人の御一流 をも御再興候ひて、本堂・御影堂をもたてられ、御住持をも御相続ありて大坂殿を御建立ありて御隠居候ふ。しかれば、われは「功成り名遂げて身退くは天の道なり」(老子)といふこと、それ御身のうへなるべきよし仰せられ候ふと。


(165)

一 敵の陣に火をともすを、火にてなきとは思はず。いかなる人なりとも、御ことばのとほりを申し、御詞をよみまうさば、信仰し、承るべきことなり と。


(166)

一 蓮如上人、折々仰せられ候ふ。仏法の義をばよくよく人に問へ。物をば人によく問ひまうせのよし仰せられ候ふ。たれに問ひまうすべきよしうかがひまうしければ、仏法だにもあらば、上下をいはず問ふべし。仏法はしりさうもなきものが知るぞと仰せられ候ふと[云々]。


(167)

一 蓮如上人、無紋のものを着ることを御きらひ候ふ。殊勝さうにみゆると の仰せに候ふ。また、墨の黒き衣を着候ふを御きらひ候ふ。墨の黒き衣を着て、御所へまゐれば仰せられ候ふ。衣紋ただしき殊勝の御僧の御出で候ふと、仰せられ候ひて、いやわれは殊勝にもなし。ただ弥陀の本願殊勝なるよし仰せられ候ふ。


(168)

一 大坂殿にて、紋のある御小袖をさせられ、御座のうへに掛けられておかれ候ふよしに候ふ。


(169)

一 御膳まゐり候ふ時には、御合掌ありて、如来・聖人(親鸞)の御用にて衣食ふよと仰せられ候ふ。


(170)

一 人はあがりあがりておちばをしらぬなり。ただつつしみて不断そらおそろしきことと、毎事につけて心をもつべきのよし仰せられ候ふ。


(171)

一 往生は一人のしのぎなり。一人一人仏法を信じて後生をたすかることな り。よそごとのやうに思ふことは、かつはわが身をしらぬことなりと、円如仰せ候ひき。


(172)

一 大坂殿にて、ある人、前々住上人(蓮如)に申され候ふ。今朝暁より老いたるものにて候ふがまゐられ候ふ。神変なることなるよし申され候へば、やがて仰せられ候ふ。信だにあれば辛労とはおもはぬなり。信のうへは仏恩報謝と存じ候へば、苦労とは思はぬなりと仰せられしと[云々]。老者と申すは田上の了宗なりと[云々]。


(173)

一 南殿にて人々寄合ひ、心中をなにかとあつかひまうすところへ、前々住上人御出で候ひて仰せられ候ふ。なにごとをいふぞ。ただなにごとのあつかひも思ひすてて、一心に弥陀を疑なくたのむばかりにて、往生は仏のかたより定めましますぞ。その証は南無阿弥陀仏よ。このうへはなにごとをかあつかふべきぞと仰せられ候ふ。もし不審などを申すにも、多事をただ御一言にてはらりと不審はれ候ひしと[云々]。

(174)

一 前々住上人(蓮如)、「おどろかすかひこそなけれ村雀 耳なれぬればなるこにぞのる」、この歌を御引きありて折々仰せられ候ふ。ただ人はみな耳なれ雀なりと仰せられしと[云々]。


(175)

一 心中をあらためんとまでは思ふ人はあれども、信をとらんと思ふ人はなきなりと仰せられ候ふ。


(176)

一 蓮如上人仰せられ候ふ。方便をわろしといふことはあるまじきなり。方便をもつて真実をあらはす廃立の義よくよくしるべし。弥陀・釈迦・善知識の善巧方便によりて、真実の信をばうることなるよし仰せられ候ふと[云々]。


(177)

一 御文はこれ凡夫往生の鏡なり。御文のうへに法門あるべきやうに思ふ人あり。大きなる誤りなりと[云々]。


(178)

一 信のうへは仏恩の称名退転あるまじきことなり。あるいは心よりたふ とくありがたく存ずるをば仏恩と思ひ、ただ念仏の申され候ふをば、それほどに思はざること、大きなる誤りなり。おのづから念仏の申され候ふこそ、仏智の御もよほし、仏恩の称名なれと仰せごとに候ふ。


(179)

一 蓮如上人仰せられ候ふ。信のうへは、たふとく思ひて申す念仏も、またふと申す念仏も仏恩にそなはるなり。他宗には親のため、またなにのためなんどとて念仏をつかふなり。聖人(親鸞)の御一流には弥陀をたのむが念仏なり。そのうへの称名は、なにともあれ仏恩になるものなりと仰せられ候ふ[云々]。


(180)

一 ある人いはく、前々住上人(蓮如)の御時、南殿とやらんにて、人、蜂を殺し候ふに、思ひよらず念仏申され候ふ。その時なにと思うて念仏をば申したると仰せられ候へば、ただかはいやと存ずるばかりにて申し候ふと申されければ、仰せられ候ふは、信のうへはなにともあれ、念仏申すは報謝の義と存ずべし。みな仏恩になると仰せられ候ふ。

(181)

一 南殿にて、前々住上人(蓮如)、のうれんを打ちあげられて御出で候ふとて、南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏と仰せられ候ひて、法敬この心しりたるかと仰せられ候ふ。なにとも存ぜずと申され候へば、仰せられ候ふ。これはわれは御たすけ候ふ、御うれしやたふとやと申す心よと仰せられ候ふ[云々]。


(182)

一 蓮如上人へ、ある人安心のとほり申され候ふ。[西国の人と云々] 安心の一通りを申され候へば、仰せられ候ふ。申し候ふごとくの心中に候はば、それが肝要と仰せられ候ふ。


(183)

一 おなじく仰せられ候ふ。当時ことばにては安心のとほりおなじやうに申され候ひし。しかれば、信治定の人に紛れて、往生をしそんずべきことをかなしく思し召し候ふよし仰せられ候ふ。


(184)

一 信のうへはさのみわろきことはあるまじく候ふ。あるいは人のいひ候ふなどとて、あしきことなどはあるまじく候ふ。今度生死の結句をきりて、安楽に 生ぜんと思はん人、いかんとしてあしきさまなることをすべきやと仰せられ候ふ。


(185)

一 仰せにいはく、仏法をばさしよせていへいへと仰せられ候ふ。法敬に対し仰せられ候ふ。信心・安心といへば、愚痴のものは文字もしらぬなり。信心・安心などいへば、別のやうにも思ふなり。ただ凡夫の仏に成ることををしふべし。後生たすけたまへと弥陀をたのめといふべし。なにたる愚痴の衆生なりとも、聞きて信をとるべし。当流には、これよりほかの法門はなきなりと仰せられ候ふ。『安心決定鈔』(本)にいはく、「浄土の法門は、第十八の願をよくよくこころうるのほかにはなきなり」といへり。しかれば、御文には「一心一向に仏たすけたまへと申さん衆生をば、たとひ罪業は深重なりとも、かならず弥陀如来はすくひましますべし。これすなはち第十八の念仏往生の誓願の意なり」といへり。


(186)

一 信をとらぬによりてわろきぞ。ただ信をとれと仰せられ候ふ。善知識のわ ろきと仰せられけるは、信のなきことをわろきと仰せらるるなり。しかれば、前々住上人(蓮如)、ある人を、言語道断わろきと仰せられ候ふところに、その人申され候ふ。なにごとも御意のごとくと存じ候ふと申され候へば、仰せられ候ふ。ふつとわろきなり。信のなきはわろくはなきかと仰せられ候ふと[云々]。


(187)

一 蓮如上人仰せられ候ふ。なにたることをきこしめしても、御心にはゆめゆめ叶はざるなりと。一人なりとも人の信をとりたることをきこしめしたきと、御ひとりごとに仰せられ候ふ。御一生は、人に信をとらせたく思し召され候ふよし仰せられ候ふ。


(188)

一 聖人(親鸞)の御流はたのむ一念のところ肝要なり。ゆゑに、たのむといふことをば代々あそばしおかれ候へども、くはしくなにとたのめといふことをしらざりき。しかれば、前々住上人の御代に、御文を御作り候ひて、「雑行をすてて、後生たすけたまへと一心に弥陀をたのめ」と、あきらかにしらせら れ候ふ。しかれば、御再興の上人にてましますものなり。


(189)

一 よきことをしたるがわろきことあり、わろきことをしたるがよきことあり。よきことをしても、われは法義につきてよきことをしたると思ひ、われといふことあればわろきなり。あしきことをしても、心中をひるがへし本願に帰すれば、わろきことをしたるがよき道理になるよし仰せられ候ふ。しかれば、蓮如上人は、まゐらせ心がわろきと仰せらるると[云々]。


(190)

一 前々住上人(蓮如)仰せられ候ふ。思ひよらぬものが分に過ぎて物を出し候はば、一子細あるべきと思ふべし。わがこころならひに人よりものを出せばうれしく思ふほどに、なんぞ用をいふべき時は、人がさやうにするなりと仰せられ候ふ。


(191)

一 行くさきむかひばかりみて、あしもとをみねば、踏みかぶるべきなり。人のうへばかりみて、わが身のうへのことをたしなまずは、一大事たるべきと仰 せられ候ふ。


(192)

一 善知識の仰せなりとも、成るまじなんど思ふは、大きなるあさましきことなり。成らざることなりとも、仰せならば成るべきと存ずべし。この凡夫の身が仏に成るうへは、さてあるまじきと存ずることあるべきか。しかれば道宗、近江の湖を一人してうめよと仰せ候ふとも、畏まりたると申すべく候ふ。仰せにて候はば、成らぬことあるべきかと申され候ふ。


(193)

一 「至りてかたきは石なり、至りてやはらかなるは水なり、水よく石を穿つ心源もし徹しなば菩提の覚道なにごとか成ぜざらん」といへる古き詞あり。いかに不信なりとも、聴聞を心に入れまうさば、御慈悲にて候ふあひだ、信をうべきなり。ただ仏法は聴聞にきはまることなりと[云々]。


(194)

一 前々住上人(蓮如)仰せられ候ふ。信決定の人をみて、あのごとくならではと思へばなるぞと仰せられ候ふ。あのごとくになりてこそと思ひすつる と、あさましきことなり。仏法には身をすててのぞみもとむる心より、信をば得ることなりと[云々]。


(195)

一 人のわろきことはよくよくみゆるなり。わが身のわろきことはおぼえざるものなり。わが身にしられてわろきことあらば、よくよくわろければこそ身にしられ候ふとおもひて、心中をあらたむべし。ただ人のいふことをばよく信用すべし。わがわろきことはおぼえざるものなるよし仰せられ候ふ。


(196)

一 世間の物語ある座敷にては、結句法義のことをいふこともあり。さやうの人なみたるべし。心には油断あるべからず。あるいは講談、または仏法の讃嘆などいふ時、一向に物をいはざること大きなる違ひなり。仏法讃嘆とあらん時は、いかにも心中をのこさず、あひたがひに信不信の義、談合申すべきことなりと[云々]。


(197)

一 金森の善従に、ある人申され候ふ。このあひださこそ徒然に御入り候 ひつらんと申しければ、善従申され候ふ。わが身は八十にあまるまで徒然といふことをしらず。そのゆゑは、弥陀の御恩のありがたきほどを存じ、和讃・聖教等を拝見申し候へば、心おもしろくも、またたふときこと充満するゆゑに、徒然なることもさらになく候ふと申され候ふよしに候ふ。


(198)

一 善従申され候ふとて、前住上人(実如)仰せられ候ふ。ある人、善従の宿所へ行き候ふところに、履をも脱ぎ候はぬに、仏法のこと申しかけられ候ふ。またある人申され候ふは、履をさへぬがれ候はぬに、いそぎかやうにはなにとて仰せ候ふぞと、人申しければ、善従申され候ふは、出づる息は入るをまたぬ浮世なり、もし履をぬがれぬまに死去候はば、いかが候ふべきと申され候ふ。ただ仏法のことをば、さし急ぎ申すべきのよし仰せられ候ふ。


(199)

一 前々住上人(蓮如)、善従のことを仰せられ候ふ。いまだ村殿御坊、その沙汰もなきとき、神無森をとほり国へ下向のとき、輿よりおりられ候ひて、野村殿の方をさして、このとほりにて仏法がひらけまうすべしと申され候 ひし。人々、これは年よりてかやうのことを申され候ふなど申しければ、つひに御坊御建立にて御繁昌候ふ。不思議のことと仰せられ候ひき。また善従は法然の化身なりと、世上に人申しつると、おなじく仰せられ候ひき。かの往生は八月二十五日にて候ふ。

200-314

(200)

一 前々住上人(蓮如)東山御出で候ひて、いづかたに御座候ふとも、人存ぜず候ひしに、この善従あなたこなた尋ねまうされければ、ある所にて御目にかかられ候ふ。一段御迷惑の体にて候ひつるあひだ、前々住上人にもさだめて善従かなしまれまうすべきと思し召され候へば、善従御目にかかられ、あらありがたや、はや仏法はひらけまうすべきよと申され候ふ。つひにこの詞符合候ふ。善従は不思議の人なりと、蓮如上人仰せられ候ひしよし、上人(実如)仰せられ候ひき。


(201)

一 前住上人(実如)、先年大永三、蓮如上人二十五年の三月始めごろ、御夢御覧候ふ。御堂上壇南の方に前々住上人御座候ひて、紫の御小袖をめ され候ふ。前住上人(実如)へ対しまゐらせられ、仰せられ候ふ。仏法は讃嘆・談合にきはまる。よくよく讃嘆すべきよし仰せられ候ふ。まことに夢想ともいふべきことなりと仰せられ候ひき。しかればその年、ことに讃嘆を肝要と仰せられ候ふ。それにつきて仰せられ候ふは、仏法は一人居て悦ぶ法なり。一人居てさへたふときに、まして二人寄合はばいかほどありがたかるべき。仏法をばただ寄合ひ寄合ひ談合申せのよし仰せられ候ふなり。


(202)

一 心中を改め候はんと申す人、なにをかまづ改め候はんと申され候ふ。よろづわろきことを改めてと、かやうに仰せられ候ふ。いろをたて、きはを立て申しいでて改むべきことなりと[云々]。なににてもあれ、人の直さるるをききて、われも直るべきと思うて、わがとがを申しいださぬは、直らぬぞと仰せられ候ふと[云々]。


(203)

一 仏法談合のとき物を申さぬは、信のなきゆゑなり。わが心にたくみ案じて申すべきやうに思へり。よそなる物をたづねいだすやうなり。心にうれしきこ とはそのままなるものなり。寒なれば寒、熱なれば熱と、そのまま心のとほりをいふなり。仏法の座敷にて物を申さぬことは、不信のゆゑなり。また油断といふことも信のうへのことなるべし。細々同行に寄合ひ讃嘆申さば、油断はあるまじきのよしに候ふ。


(204)

一 前々住上人(蓮如)仰せられ候ふ。一心決定のうへ、弥陀の御たすけありたりといふは、さとりのかたにしてわろし。たのむところにてたすけたまひ候ふことは歴然に候へども、御たすけあらうずというてしかるべきのよし仰せられ候ふ[云々]。一念帰命の時、不退の位に住す。これ不退の密益なり、これ涅槃分なるよし仰せられ候ふと[云々]。


(205)

一 徳大寺の唯蓮坊、摂取不捨のことわりをしりたきと、雲居寺の阿弥陀に祈誓ありければ、夢想に、阿弥陀のいまの人の袖をとらへたまふに、にげけれどもしかととらへてはなしたまはず。摂取といふは、にぐるものをとらへておきたまふやうなることと、ここにて思ひつきたり。これを引き言に仰せられ候 ふ。


(206)

一 前々住上人(蓮如)御病中に、兼誉・兼縁御前に伺候して、ある時尋ねまうされ候ふ。冥加といふことはなにとしたることにて候ふと申せば、仰せられ候ふ。冥加に叶ふといふは、弥陀をたのむことなるよし仰せられ候ふと[云々]。


(207)

一 人に仏法のことを申してよろこばれば、われはそのよろこぶ人よりもなほたふとく思ふべきなり。仏智をつたへまうすによりて、かやうに存ぜられ候ふことと思ひて、仏智の御方をありがたく存ぜらるべしとの義に候ふ。


(208)

一 御文をよみて人に聴聞させんとも、報謝と存ずべし。一句一言も信のうへより申せば人の信用もあり、また報謝ともなるなり。


(209)

一 蓮如上人仰せられ候ふ。弥陀の光明は、たとへばぬれたる物をほすに、 うへよりひて、したまでひるごとくなることなり。これは日の力なり。決定の心おこるは、これすなはち他力の御所作なり。罪障はことごとく弥陀の御消しあることなるよし仰せられ候ふと[云々]。


(210)

一 信心治定の人はたれによらず、まづみればすなはちたふとくなり候ふ。これその人のたふときにあらず。仏智をえらるるがゆゑなれば、弥陀仏智のありがたきほどを存ずべきことなりと[云々]。


(211)

一 蓮如上人御病中の時仰せられ候ふ。御自身なにごとも思し召しのこさるることなしと。ただ御兄弟のうち、その外たれにも信のなきをかなしく思し召し候ふ。世間にはよみぢのさはりといふことあり。われにおいては往生すともそれなし。ただ信のなきこと、これを歎かしく思し召し候ふと仰せられ候ふと。


(212)

一 蓮如上人、あるいは人に御酒をも下され、物をも下されて、かやうのこ とどもありがたく存ぜさせ近づけさせられ候ひて、仏法を御きかせ候ふ。さればかやうに物を下され候ふことも、信をとらせらるべきためと思し召せば、報謝と思し召し候ふよし仰せられ候ふと[云々]。


(213)

一 おなじく仰せにいはく、心得たと思ふは心得ぬなり。心得ぬと思ふは心得たるなり。弥陀の御たすけあるべきことのたふとさよと思ふが、心得たるなり。少しも心得たると思ふことはあるまじきことなりと仰せられ候ふ。されば『口伝鈔』(四)にいはく、「さればこの機のうへにたもつところの弥陀の仏智をつのらんよりほかは、凡夫いかでか往生の得分あるべきや」といへり。


(214)

一 加州菅生願生坊主の聖教をよまれ候ふをききて、聖教は殊勝に候へども、信が御入りなく候ふあひだ、たふとくも御入りなきと申され候ふ。このことを前々住上人(蓮如)きこしめし、蓮智をめしのぼせられ、御前にて不断聖教をもよませられ、法義のことをも仰せきかせられて、願生に仰せられ候ふ。蓮智に聖教をもよみならはせ、仏法のことをも仰せきかせられ候 ふよし仰せられ候ひて、国へ御下し候ふ。その後は聖教をよまれ候へば、いまこそ殊勝に候へとて、ありがたがられ候ふよしに候ふ。


(215)

一 蓮如上人、幼少なるものには、まづ物をよめと仰せられ候ふ。またその後は、いかによむとも復せずは詮あるべからざるよし仰せられ候ふ。ちと物に心もつき候へば、いかに物をよみ声をよくよみしりたるとも、義理をわきまへてこそと仰せられ候ふ。その後は、いかに文釈を覚えたりとも、信がなくはいたづらごとよと仰せられ候ふ。


(216)

一 心中のとほり、ある人、法敬坊に申され候ふ。御詞のごとくは覚悟仕り候へども、ただ油断・不沙汰にて、あさましきことのみに候ふと申され候ふ。その時法敬坊申され候ふ。それは御詞のごとくにてはなく候ふ。勿体なき申されごとに候ふ。御詞には、油断・不沙汰なせそとこそ、あそばされ候へと申され候ふと[云々]。

(217)

一 法敬坊に、ある人不審申され候ふ。これほど仏法に御心をも入れられ候ふ法敬坊の尼公の不信なる、いかがの義に候ふよし申され候へば、法敬坊申され候ふ。不審さることなれども、これほど朝夕御文をよみ候ふに、驚きまうさぬ心中が、なにか法敬が申し分にて聞きいれ候ふべきと申され候ふと[云々]。


(218)

一 順誓申され候ふ。仏法の物語申すに、かげにて申し候ふ段は、なにたるわろきことをか申すべきと存じ、脇より汗たりまうし候ふ。前々住上人(蓮如)聞し召すところにて申す時は、わろきことをばやがて御なほしあるべきと存じ候ふあひだ、心安く存じ候ひて、物をも申され候ふよしに候ふ。


(219)

一 前々住上人仰せられ候ふ。不審と一向しらぬとは各別なり。知らぬことをも不審と申すこと、いはれなく候ふ。物を分別して、あれはなにと、これはいかがなどいふやうなることが不審にて候ふ。子細もしらずして申すことを、不審と申しまぎらかし候ふよし仰せられ候ふ。

(220)

一 前々住上人(蓮如)仰せられ候ふ。御本寺御坊をば聖人(親鸞)御存生の時のやうに思し召され候ふ。御自身は、御留主当座御沙汰候ふ。しかれども御恩を御忘れ候ふことはなく候ふと、御斎の御法談に仰せられ候ひき。御斎を御受用候ふあひだにも、すこしも御忘れ候ふことは御入りなきと仰せられ候ふ。


(221)

一 善如上人綽如上人両御代のこと、前住上人(実如)仰せられ候ふこと、両御代は威儀を本に御沙汰候ひしよし仰せられし。しかれば、いまに御影に御入り候ふよし仰せられ候ふ。黄袈裟・黄衣にて候ふ。しかれば、前々住上人の御時、あまた御流にそむき候ふ本尊以下、御風呂のたびごとに焼かせられ候ふ。この二幅の御影をも焼かせらるべきにて御取りいだし候ひつるが、いかが思し召し候ひつるやらん、表紙に書付を「よし・わろし」とあそばされて、とりておかせられ候ふ。このことをいま御思案候へば、御代のうちさへかやうに御違ひ候ふ。ましていはんやわれら式のものは違ひたるべきあひだ、一大事と存じつつしめよとの御ことに候ふ。いま思し召しあはせられ候ふよし 仰せられ候ふなり。また「よし・わろし」とあそばされ候ふこと、わろしとばかりあそばし候へば、先代の御ことにて候へばと思し召し、かやうにあそばされ候ふことに候ふと仰せられ候ふ。また前々住上人(蓮如)の御時、あまた昵近のかたがた違ひまうすこと候ふ。いよいよ一大事の仏法のことをば、心をとどめて細々人に問ひ心得まうすべきのよし仰せられ候ふ。


(222)

一 仏法者のすこしの違ひを見ては、あのうへさへかやうに候ふとおもひ、わが身をふかく嗜むべきことなり。しかるを、あのうへさへ御違ひ候ふ、ましてわれらは違ひ候はではと思ふこころ、おほきなるあさましきことなり[云々]。


(223)

一 仏恩を嗜むと仰せ候ふこと、世間の物を嗜むなどといふやうなることにてはなし。信のうへにたふとくありがたく存じよろこびまうす透間に懈怠申す時、かかる広大の御恩をわすれまうすことのあさましさよと、仏智にたちかへりて、ありがたやたふとやと思へば、御もよほしにより念仏を申すなり。嗜むとはこれなるよしの義に候ふ。

(224)

一 仏法に厭足なければ、法の不思議をきくといへり。前住上人(実如)仰せられ候ふ。たとへば世上にわがすきこのむことをばしりてもしりても、なほよくしりたう思ふに、人に問ひ、いくたびも数奇たることをば聞きても聞きても、よくききたく思ふ。仏法のこともいくたび聞きてもあかぬことなり。しりてもしりても存じたきことなり。法義をば、幾度も幾度も人に問ひきはめまうすべきことなるよし仰せられ候ふ。


(225)

一 世間へつかふことは、仏の物をいたづらにすることよと、おそろしく思ふべし。さりながら、仏法の方へはいかほど物を入れてもあかぬ道理なり。また報謝にもなるべしと[云々]。


(226)

一 人の辛労もせで徳をとる上品は、弥陀をたのみて仏に成るにすぎたることなしと仰せられ候ふと[云々]。


(227)

一 皆人ごとによきことをいひもし、働きもすることあれば、真俗ともにそれ を、わがよきものにはやなりて、その心にて御恩といふことはうちわすれて、わがこころ本になるによりて、冥加につきて、世間・仏法ともに悪しき心がかならずかならず出来するなり。一大事なりと[云々]。


(228)

一 にて兼縁、前々住上人(蓮如)へ御文を御申し候ふ。その時仰せられ候ふ。年もより候ふに、むつかしきことを申し候ふ。まづわろきことをいふよと仰せられ候ふ。後に仰せられ候ふは、ただ仏法を信ぜば、いかほどなりともあそばしてしかるべきよし仰せられしと[云々]。


(229)

一 おなじく堺の御坊にて、前々住上人、夜更けて蝋燭をともさせ、名号をあそばされ候ふ。その時仰せられ候ふ。御老体にて御手も振ひ、御目もかすみ候へども、明日越中へ下り候ふと申し候ふほどに、かやうにあそばされ候ふ。辛労をかへりみられずあそばされ候ふと仰せられ候ふ。しかれば、御門徒のために御身をばすてられ候ふ。人に辛労をもさせ候はで、ただ信をとらせたく思し召し候ふよし仰せられ候ふ。

(230)

一 重宝の珍物を調へ経営をしてもてなせども、食せざればその詮なし。同行寄合ひ讃嘆すれども、信をとる人なければ、珍物を食せざるとおなじことなりと[云々]。


(231)

一 物にあくことはあれども、仏に成ることと弥陀の御恩を喜ぶとは、あきたることはなし。焼くとも失せもせぬ重宝は、南無阿弥陀仏なり。しかれば、弥陀の広大の御慈悲殊勝なり。信ある人を見るさへたふとし。よくよくの御慈悲なりと[云々]。


(232)

一 信決定の人は、仏法の方へは身をかろくもつべし。仏法の御恩をばおもくうやまふべしと[云々]。


(233)

一 蓮如上人仰せられ候ふ。宿善めでたしといふはわろし。御一流には宿善ありがたしと申すがよく候ふよし仰せられ候ふ。

(234)

一 他宗には法にあひたるを宿縁といふ。当流には信をとることを宿善といふ。信心をうること肝要なり。さればこの御をしへには群機をもらさぬゆゑに、弥陀の教をば弘教ともいふなり。


(235)

一 法門をば申すには、当流のこころは信心の一義を申し披き立てたる、肝要なりと[云々]。


(236)

一 前々住上人(蓮如)仰せられ候ふ。仏法者には法の威力にて成るなり。威力でなくは成るべからずと仰せられ候ふ。されば仏法をば、学匠・物しりはいひたてず。ただ一文不知の身も、信ある人は仏智を加へらるるゆゑに、仏力にて候ふあひだ、人が信をとるなり。このゆゑに聖教よみとて、しかもわれはと思はん人の、仏法をいひたてたることなしと仰せられ候ふことに候ふ。ただなにしらねども、信心定得の人は仏よりいはせらるるあひだ、人が信をとるとの仰せに候ふ。

(237)

一 弥陀をたのめば南無阿弥陀仏の主に成るなり。南無阿弥陀仏の主に成るといふは、信心をうることなりと[云々]。また、当流の真実の宝といふは南無阿弥陀仏、これ一念の信心なりと[云々]。


(238)

一 一流真宗のうちにて法をそしり、わろさまにいふ人あり。これを思ふに、他門・他宗のことは是非なし。一宗のうちにかやうの人もあるに、われら宿善ありてこの法を信ずる身のたふとさよと思ふべしと[云々]。


(239)

一 前々住上人(蓮如)には、なにたるものをもあはれみかはゆく思し召し候ふ。大罪人とて人を殺し候ふこと、一段御悲しみ候ふ。存命もあらば心中を直すべしと仰せられ候ひて、御勘気候ひても、心中をだにも直り候へば、やがて御宥免候ふと[云々]。


(240)

一 安芸の蓮崇国をくつがへしくせごとにつきて、御門徒をはなされ候ふ。前々住上人御病中に御寺内へまゐり、御詫言申し候へども、とりつぎ 候ふ人なく候ひし。その折節、前々住上人(蓮如)ふと仰せられ候ふ。安芸をなほさうと思ふよと仰せられ候ふ。御兄弟以下御申すには、一度仏法にあだをなしまうす人にて候へば、いかがと御申し候へば、仰せられ候ふ。それぞとよ、あさましきことをいふぞとよ。心中だに直らば、なにたるものなりとも、御もらしなきことに候ふと仰せられ候ひて、御赦免候ひき。その時御前へまゐり、御目にかかられ候ふ時、感涙畳にうかび候ふと[云々]。しかうして御中陰のうちに、蓮崇も寺内にてすぎられ候ふ


(241)

一 奥州に御一流のことを申しまぎらかし候ふ人をきこしめして、前々住上人奥州の浄祐を御覧候ひて、もつてのほか御腹立候ひて、さてさて開山聖人(親鸞)の御流を申しみだすことのあさましさよ、にくさよと仰せられ候ひて、御歯をくひしめられて、さて切りきざみてもあくかよあくかよと仰せられ候ふと[云々]。仏法を申しみだすものをば、一段あさましきぞと仰せられ候ふと[云々]。

(242)

一 思案の頂上と申すべきは、弥陀如来の五劫思惟の本願にすぎたることはなし。この御思案の道理に同心せば、仏に成るべし。同心とて別になし。機法一体の道理なりと[云々]。


(243)

一 蓮如上人仰せられ候ふ。御身一生涯御沙汰候ふこと、みな仏法にて、御方便・御調法候ひて、人に信を御とらせあるべき御ことわりにて候ふよし仰せられ候ふ[云々]。


(244)

一 おなじく御病中に仰せられ候ふ。いまわがいふことは金言なり。かまへてかまへて、よく意得よと仰せられ候ふ。また御詠歌のこと、三十一字につづくることにてこそあれ。これは法門にてあるぞと仰せられ候ふと[云々]。


(245)

一 「愚者三人に智者一人」とて、なにごとも談合すれば面白きことあるぞと、前々住上人(蓮如)、前住上人(実如)へ御申し候ふ。これまた仏法がたにはいよいよ肝要の御金言なりと[云々]。

(246)

一 蓮如上人、順誓に対し仰せられ候ふ。法敬とわれとは兄弟よと仰せられ候ふ。法敬申され候ふ。これは冥加もなき御ことと申され候ふ。蓮如上人仰せられ候ふ。信をえつれば、さきに生るるものは兄、後に生るるものは弟よ。法敬とは兄弟よと仰せられ候ふ。「仏恩を一同にうれば、信心一致のうへは四海みな兄弟」(論註・下意 一二〇)といへり。


(247)

一 南殿山水御縁の床のうへにて、蓮如上人仰せられ候ふ。物は思ひたるより大きにちがふといふは、極楽へまゐりてのことなるべし。ここにてありがたやたふとやと思ふは、物の数にてもなきなり。かの土へ生じての歓喜は、ことのはもあるべからずと仰せられしと。


(248)

一 人はそらごと申さじと嗜むを、随分とこそ思へ。心に偽りあらじと嗜む人は、さのみ多くはなきものなり。またよきことはならぬまでも、世間・仏法ともに心にかけ嗜みたきことなりと[云々]。

(249)

一 前々住上人(蓮如)仰せられ候ふ。『安心決定鈔』のこと、四十余年があひだ御覧候へども、御覧じあかぬと仰せられ候ふ。また、金をほりいだすやうなる聖教なりと仰せられ候ふ。


(250)

一 大坂殿にておのおのへ対せられ仰せられ候ふ。このあひだ申ししことは、『安心決定鈔』のかたはしを仰せられ候ふよしに候ふ。しかれば、当流の義は『安心決定鈔』の義、いよいよ肝要なりと仰せられ候ふと[云々]。


(251)

一 法敬申され候ふ。たふとむ人より、たふとがる人ぞたふとかりけると。前々住上人仰せられ候ふ。面白きことをいふよ。たふとむ体、殊勝ぶりする人はたふとくもなし。ただありがたやとたふとがる人こそたふとけれ。面白きことをいふよ、もつとものことを申され候ふとの仰せごとに候ふと[云々]。


(252)

一 文亀三、正月十五日の夜、兼縁夢にいはく、前々住上人、兼縁へ御問ありて仰せられ候ふやう、いたづらにあることあさましく思し召し候へば、稽 古かたがた、せめて一巻の経をも、日に一度、みなみな寄合ひてよみまうせと仰せられけりと[云々]。あまりに人のむなしく月日を送り候ふことを悲しく思し召し候ふゆゑの義に候ふ。


(253)

一 おなじく夢にいはく、同年の極月二十八日の夜、前々住上人(蓮如)、御袈裟・衣にて襖障子をあけられ御出で候ふあひだ、御法談聴聞申すべき心にて候ふところに、ついたち障子のやうなる物に、御文の御詞御入れ候ふをよみまうすを御覧じて、それはなんぞと御尋ね候ふあひだ、御文にて候ふよし申し上げ候へば、それこそ肝要、信仰してきけと仰せられけりと[云々]。


(254)

一 おなじく夢にいはく、翌年極月二十九日夜、前々住上人仰せられ候ふやうは、家をばよく作られて、信心をよくとり念仏申すべきよし、かたく仰せられ候ひけりと[云々]。


(255)

一 おなじく夢にいはく、近年、大永三、正月一日の夜の夢にいはく、野村殿 南殿にて前々住上人(蓮如)仰せにいはく、仏法のこといろいろ仰せられ候ひて後、田舎には雑行雑修あるを、かたく申しつくべしと仰せられ候ふと[云々]。


(256)

一 おなじく夢にいはく、大永六、正月五日夜、夢に前々住上人仰せられ候ふ。一大事にて候ふ。今の時分がよき時 にて候ふ。ここをとりはづしては一大事と仰せられ候ふ。畏まりたりと御うけ御申し候へば、ただその畏まりたるといふにてはなく候ふまじく候ふ。ただ一大事にて候ふよし仰せられ候ひしと[云々]。  つぎの夜、夢にいはく、蓮誓仰せ候ふ。吉崎〔にて〕前々住上人に当流の 肝要のことを習ひまうし候ふ。一流の依用なき聖教やなんどをひろくみて、御流をひがざまにとりなし候ふこと候ふ。幸ひに肝要を抜き候ふ聖教候ふ。これが一流の秘極なりと、吉崎にて前々住上人に習ひまうし候ふと、蓮誓仰せられ候ひしと[云々]。  わたくしにいはく、夢等をしるすこと、前々住上人世を去りたまへば、い まはその一言をも大切に存じ候へば、かやうに夢に入りて仰せ候ふことの金言なること、まことの仰せとも存ずるまま、これをしるすものなり。まことにこれは夢想とも申すべきことどもにて候ふ。総体、夢は妄想なり、さりながら、権者のうへには瑞夢とてあることなり。なほもつてかやうの金言のことばはし るすべしと[云々]。


(257)

一 仏恩がたふとく候ふなどと申すは聞きにくく候ふ、聊爾なり。仏恩をありがたく存ずと申せば、莫大聞きよく候ふよし仰せられ候ふと[云々]。御文がと申すも聊爾なり。御文を聴聞申して、御文ありがたしと申してよきよしに候ふ。仏法の方をばいかほども尊敬申すべきことと[云々]。


(258)

一 仏法の讃嘆のとき、同行をかたがたと申すは平懐なり。御方々と申してよきよし仰せごとと[云々]。


(259)

一 前々住上人(蓮如)仰せられ候ふ。家をつくり候ふとも、つぶりだにぬれずは なにともかともつくるべし。万事過分なることを御きらひ候ふ。衣装等にいたるまでも、よきもの着んと思ふはあさましきことなり。冥加を存じ、ただ仏法を心にかけよと仰せられ候ふ[云々]。


(260)

一 おなじく仰せられ候ふ。いかやうの人にて候ふとも、仏法の家に奉公申し候はば、昨日までは他宗にて候ふとも、今日ははや仏法の御用とこころうべく候ふ。たとひあきなひをするとも、仏法の御用と心得べきと仰せられ候ふ。


(261)

一 おなじく仰せにいはく、雨もふり、また炎天の時分は、つとめながながしく仕り候はで、はやく仕りて、人をたたせ候ふがよく候ふよし仰せられ候ふ。これも御慈悲にて、人々を御いたはり候ふ。大慈大悲の御あはれみに候ふ。つねづねの仰せには、御身は人に御したがひ候ひて、仏法を御すすめ候ふと仰せられ候ふ。御門徒の身にて御意のごとくならざること、なかなかあさましきことども、なかなか申すもことおろかに候ふとの義に候ふ。

(262)

一 将軍家 [義尚] よりの義にて、加州一国の一揆、御門徒を放さるべきとの義にて、加州居住候ふ御兄弟衆をもめしのぼせられ候ふ。その時前々住上人(蓮如)仰せられ候ふ。加州の衆を門徒放すべきと仰せいだされ候ふこと、御身をきらるるよりもかなしく思し召し候ふ。なにごとをもしらざる尼入道の類のことまで思し召さば、なにとも御迷惑このことに極まるよし仰せられ候ふ。御門徒をやぶらるると申すことは、一段、善知識の御うへにてもかなしく思し召し候ふことに候ふ。


(263)

一 蓮如上人仰せられ候ふ。御門徒衆のはじめて物をまゐらせ候ふを、他宗に出し候ふ義あしく候ふ。一度も二度も受用せしめ候ひて、出し候ひてしかるべきのよし仰せられ候ふ。かくのごとくの子細は存じもよらぬことにて候ふ。いよいよ仏法の御用、御恩をおろそかに存ずべきことにてはなく候ふ。驚き入り候ふとのことに候ふ。


(264)

一 法敬坊、大坂殿へ下られ候ふところに、前々住上人仰せられ候ふ。 御往生候ふとも、十年は生くべしと仰せられ候ふところに、なにかと申され、おしかへし、生くべしと仰せられ候ふところ、御往生ありて一年存命候ふところに、法敬にある人仰せられ候ふは、前々住上人(蓮如)仰せられ候ふにあひまうしたるよ。そのゆゑは、一年も存命候ふは、命を前々住上人より御あたへ候ふことにて候ふと仰せ候へば、まことにさにて御入り候ふとて、手をあはせ、ありがたきよしを申され候ふ。それより後、前々住上人仰せられ候ふごとく、十年存命候ふ。まことに冥加に叶はれ候ふ。不思議なる人にて候ふ。


(265)

一 毎事無用なることを仕り候ふ義、冥加なきよし、条々、いつも仰せられ候ふよしに候ふ。


(266)

一 蓮如上人、物をきこしめし候ふにも、如来・聖人(親鸞)の御恩にてましまし候ふを御忘れなしと仰せられ候ふ。一口きこしめしても、思し召しいだされ候ふよし仰せられ候ふと[云々]。

(267)

一 御膳を御覧じても、人の食はぬ飯を食ふことよと思し召し候ふと仰せられ候ふ。物をすぐにきこしめすことなし。ただ御恩のたふときことをのみ思し召し候ふと仰せられ候ふ。


(268)

一 享禄二年十二月十八日の夜、兼縁夢に、蓮如上人、御文をあそばし下され候ふ。その御詞に、梅干のたとへ候ふ。梅干のことをいへば、みな人の口一同に酸し。一味の安心はかやうにあるべきなり。「同一念仏無別道故」(論註・下 一二〇)の心にて候ひつるやうにおぼえ候ふと[云々]。


(269)

一 仏法を好かざるがゆゑに嗜み候はずと、空善申され候へば、蓮如上人仰せられ候ふ。それは、好まぬは嫌ふにてはなきかと仰せられ候ふと[云々]。


(270)

一 不法の人は仏法を違例にすると仰せられ候ふ。仏法の御讃嘆あれば、あら気づまりや、疾くはてよかしと思ふは、違例にするにてはなきかと仰せられ候ふと[云々]。

(271)

一 前住様(実如)御病中、正月二十四日に仰せられ候ふ。前々住(蓮如)の早々われに来いと、左の御手にて御まねき候ふ。あらありがたやと、くりかへしくりかへし仰せられ候ひて、御念仏御申し候ふほどに、おのおの御心たがひ候ひて、かやうにも仰せ候ふと存じ候へば、その義にてはなくして、御まどろみ候ふ御夢に御覧ぜられ候ふよし仰せられ候ふところにて、みなみな安堵候ひき。これまたあらたなる御事なりと[云々]。


(272)

一 おなじき二十五日、兼誉・兼縁に対せられ仰せられ候ふ。前々住上人(蓮如)御世を譲りあそばされて以来のことども、種々仰せられ候ふ。御一身の御安心のとほり仰せられ、一念に弥陀をたのみまうして往生は一定と思し召され候ふ。それにつきて、前住上人(蓮如)の御恩にて、今日までわれと思ふ心をもち候はぬがうれしく候ふと仰せられ候ふ。まことにありがたくも、または驚きいりまうし候ふ。われ、人、かやうに心得まうしてこそは、他力の信心決定申したるにてはあるべく候ふ。いよいよ一大事の御ことに候ふ。

(273)

一 『嘆徳の文』に、親鸞聖人と申せば、その恐れあるゆゑに、祖師聖人とよみ候ふ。また開山聖人とよみまうすも、おそれある子細にて御入り候ふと[云々]。


(274)

一 ただ「聖人」と直に申せば、聊爾なり。「この聖人」と申すも、聊爾か。「開山」とは、略しては申すべきかとのことに候ふ。ただ「開山聖人」と申してよく候ふと[云々]。


(275)

一 『嘆徳の文』に、「以て弘誓に託す」と申すことを、「以て」を抜きてはよまず候ふと[云々]。


(276)

一 蓮如上人、堺の御坊に御座の時、兼誉御まゐり候ふ。御堂において卓のうへに御文をおかせられて、一人二人 [乃至] 五人十人、まゐられ候ふ人々に対し、御文をよませられ候ふ。その夜、蓮如上人御物語りの時仰せられ候ふ。このあひだ面白きことを思ひいだして候ふ。つねに御文を一人なりとも来 らん人にもよませてきかせば、有縁の人は信をとるべし。このあひだ面白きことを思案しいだしたると、くれぐれ仰せられ候ふ。さて御文肝要の御ことと、いよいよしられ候ふとのことと仰せられ候ふなり。


(277)

一 今生のことを心に入るるほど、仏法を心腹に入れたきことにて候ふと、人申し候へば、世間に対様して申すことは大様なり。ただ仏法をふかくよろこぶべしと[云々]。またいはく、一日一日に仏法はたしなみ候ふべし。一期とおもへば大儀なりと、人申され候ふ。またいはく、大儀なると思ふは不足なり。人として命はいかほどもながく候ひても、あかずよろこぶべきことなりと[云々]。


(278)

一 坊主は人をさへ勧化せられ候ふに、わが身を勧化せられぬはあさましきことなりと[云々]。


(279)

一 道宗、前々住上人(蓮如)へ御文申され候へば、仰せられ候ふ。文はとりおとし候ふことも候ふほどに、ただ心に信をだにもとり候へば、おとし候は ぬよし仰せられ候ひし。またあくる年、あそばされて、下され候ふ。


(280)

一 法敬坊申され候ふ。仏法をかたるに、志の人をまへにおきて語り候へば、力がありて申しよきよし申され候ふ。


(281)

一 信もなくて大事の聖教を所持の人は、をさなきものに剣を持たせ候ふやうに思し召し候ふ。そのゆゑは、剣は重宝なれども、をさなきもの持ち候へば、手を切り怪我をするなり。持ちてよく候ふ人は重宝になるなりと[云々]。


(282)

一 前々住上人(蓮如)仰せられ候ふ。ただいまなりとも、われ、死ねといはば、死ぬるものはあるべく候ふが、信をとるものはあるまじきと仰せられ候ふと[云々]。


(283)

一 前々住上人、大坂殿にておのおのに対せられて仰せられ候ふ。一念に凡夫の往生をとぐることは秘事・秘伝にてはなきかと仰せられ候ふと[云々]。

(284)

一 御普請・御造作の時、法敬申され候ふ。なにも不思議に御眺望等も御上手に御座候ふよし申され候へば、前々住上人(蓮如)仰せられ候ふ。われはなほ不思議なることを知る。凡夫の仏に成り候ふことを知りたると仰せられ候ふと。


(285)

一 蓮如上人、善従御かけ字をあそばされて、下され候ふ。その後善従に御尋ね候ふ。以前書きつかはし候ふ物をばなにとしたると仰せられ候ふ。善従申され候ふ。表補絵仕り候ひて、箱に入れ置きまうし候ふよし申され候ふ。そのとき仰せられ候ふ。それはわけもなきことをしたるよ。不断かけておきて、そのごとく心ねなせよといふことでこそあれと仰せられ候ふ。


(286)

一 おなじく仰せにいはく、これの内に居て聴聞申す身は、とりはづしたらば仏に成らんよと仰せられ候ふと[云々]。ありがたき仰せに候ふ。


(287)

一 仰せにいはく、坊主衆等に対せられ仰せられ候ふ。坊主といふものは大罪 人なりと仰せられ候ふ。その時みなみな迷惑申され候ふ。さて仰せられ候ふ。罪がふかければこそ、阿弥陀如来は御たすけあれと仰せられ候ふと[云々]。


(288)

一 毎日毎日に、御文の御金言を聴聞させられ候ふことは、宝を御賜り候ふことに候ふと[云々]。


(289)

一 開山聖人(親鸞)の御代、高田の [二代] 顕智上洛の時、申され候ふ。今度はすでに御目にかかるまじきと存じ候ふところに、不思議に御目にかかり候ふと申され候へば、それはいかにと仰せられ候ふ。舟路に難風にあひ、迷惑仕り候ふよし申され候ふ。聖人仰せられ候ふ。それならば、船には乗らるまじきものをと仰せられ候ふ。その後、御詞の末にて候ふとて、一期、舟に乗られず候ふ。また茸に酔ひまうされ、御目に遅くかかられ候ひし時も、かくのごとく仰せられしとて、一期受用なく候ひしと[云々]。かやうに仰せを信じ、ちがへまうすまじきと存ぜられ候ふこと、まことにありがたき殊勝の覚悟との義に候ふ。

(290)

一 身あたたかなれば、眠気さし候ふ。あさましきことなり。その覚悟にて身をもすずしくもち、眠りをさますべきなり。身随意なれば、仏法・世法ともにおこたり、無沙汰・油断あり。この義一大事なりと[云々]。


(291)

一 信をえたらば、同行にあらく物も申すまじきなり、心和らぐべきなり。触光柔軟の願(第三十三願)あり。また信なければ、我になりて詞もあらく、諍ひもかならず出でくるものなり。あさましあさまし、よくよくこころうべしと[云々]。


(292)

一 前々住上人(蓮如)、北国のさる御門徒のことを仰せられ候ふ。なにとしてひさしく上洛なきぞと仰せられ候ふ。御前の人申され候ふ。さる御方の御折檻候ふと申され候ふ。その時御機嫌もつてのほか悪しく候ひて、仰せられ候ふ。開山聖人(親鸞)の御門徒をさやうにいふものはあるべからず。御身一人聊爾には思し召さぬものを、なにたるものがいふべきとも、とくとくのぼれといへと仰せられ候ふと[云々]。

(293)

一 前住上人仰せられ候ふ。御門徒衆をあしく申すこと、ゆめゆめあるまじきなり。開山(親鸞)は御同行・御同朋と御かしづき候ふに、聊爾に存ずるはくせごとのよし仰せられ候ふ。


(294)

一 開山聖人の一大事の御客人と申すは、御門徒衆のことなりと仰せられしと[云々]。


(295)

一 御門徒衆上洛候へば、前々住上人(蓮如)仰せられ候ふ。寒天には御酒等のかんをよくさせられて、路次の寒さをも忘られ候ふやうにと仰せられ候ふ。また炎天の時は、酒など冷せと仰せられ候ふ。御詞をくはへられ候ふ。また、御門徒の上洛候ふを、遅く申し入れ候ふことくせごとと仰せられ候ふ。御門徒をまたせ、おそく対面することくせごとのよし仰せられ候ふと[云々]。


(296)

一 万事につけて、よきことを思ひつくるは御恩なり、悪しきことだに思ひ捨てたるは御恩なり。捨つるも取るも、いづれもいづれも御恩なりと[云々]。

(297)

一 前々住上人(蓮如)は御門徒の進上物をば、御衣のしたにて御拝み候ふ。また仏の物と思し召し候へば、御自身の召し物までも、御足にあたり候へば、御いただき候ふ。御門徒の進上物、すなはち聖人(親鸞)よりの御あたへと思し召し候ふと仰せられ候ふと[云々]。


(298)

一 仏法には、万かなしきにも、かなはぬにつけても、なにごとにつけても、後生のたすかるべきことを思へば、よろこびおほきは仏恩なりと[云々]。


(299)

一 仏法者になれ近づきて、損は一つもなし。なにたるをかしきこと、狂言にも、是非とも心底には仏法あるべしと思ふほどに、わが方に徳おほきなりと[云々]。


(300)

一 蓮如上人、権化の再誕といふこと、その証おほし。まへにこれをしるせり。御詠歌に、「かたみには六字の御名をのこしおく なからんあとのかたみともなれ」と候ふ。弥陀の化身としられ候ふこと歴然たり。

(301)

一 蓮如上人、細々御兄弟衆等に御足を御見せ候ふ。御わらぢの緒くひ入り、きらりと御入り候ふ。かやうに京・田舎、御自身は御辛労候ひて、仏法を仰せひらかれ候ふよし仰せられ候ひしと[云々]。


(302)

一 おなじく仰せにいはく、悪人のまねをすべきより、信心決定の人のまねをせよと仰せられ候ふ[云々]。


(303)

一 蓮如上人御病中、大坂殿より御上洛の時、明応八、二月十八日、さんばの浄賢〔の〕処にて、前住上人(実如)へ対し御申しなされ候ふ。御一流の肝要をば、御文にくはしくあそばしとどめられ候ふあひだ、いまは申しまぎらかすものもあるまじく候ふ。この分をよくよく御心得あり、御門徒中へも仰せつけられ候へと御遺言のよしに候ふ。しかれば、前住上人の御安心も御文のごとく、また諸国の御門徒も、御文のごとく信をえられよとの支証のために、御判をなされ候ふことと[云々]。

(304)

一 存覚は大勢至の化身なりと[云々]。しかるに『六要鈔』には三心の字訓そのほか、「勘得せず」とあそばし、「聖人(親鸞)の宏才仰ぐべし」と候ふ。権化にて候へども、聖人の御作分をかくのごとくあそばし候ふ。まことに聖意はかりがたきむねをあらはし、自力をすてて他力を仰ぐ本意にも叶ひまうし候ふ物をや。かやうのことが名誉にて御入り候ふと[云々]。


(305)

一 『』を御あらはし候ふこと、御自身の智解を御あらはし候はんがためにてはなく候ふ。御詞を褒美のため、仰崇のためにて候ふと[云々]。


(306)

一 存覚御辞世の御詠にいはく、「いまははや一夜の夢となりにけり 往来あまたのかりのやどやど」。この言を蓮如上人仰せられ候ふと[云々]。さては釈迦の化身なり、往来娑婆の心なりと[云々]。わが身にかけてこころえば、六道輪廻めぐりめぐりて、いま臨終の夕、さとりをひらくべしといふ心なりと[云々]。


(307)

一 陽気陰気とてあり。されば陽気をうる花ははやく開くなり、陰気とて日 陰の花は遅く咲くなり。かやうに宿善も遅速あり。されば已今当の往生あり。弥陀の光明にあひて、はやく開くる人もあり、遅く開くる人もあり。とにかくに、信不信ともに仏法を心に入れて聴聞申すべきなりと[云々]。已今当のこと、前々住上人(蓮如)仰せられ候ふと[云々]。昨日あらはす人もあり、今日あらはす人もありと仰せられしと[云々]。


(308)

一 蓮如上人、御廊下を御とほり候ひて、紙切れのおちて候ひつるを御覧ぜられ、仏法領の物あだにするかやと仰せられ、両の御手にて御いただき候ふと[云々]。総じて紙の切れなんどのやうなる物をも、仏物と思し召し御用ゐ候へば、あだに御沙汰なく候ふのよし、前住上人(実如)御物語り候ひき。


(309)

一 蓮如上人、近年仰せられ候ふ。御病中に仰せられ候ふこと、なにごとも金言なり。心をとめて聞くべしと仰せられ候ふと[云々]。


(310)

一 御病中に慶聞をめして仰せられ候ふ。御身には不思議なることあるを、 気をとりなほして仰せらるべきと仰せられ候ふと[云々]。


(311)

一 蓮如上人仰せられ候ふ。世間・仏法ともに、人はかろがろとしたるがよきと仰せられ候ふ。黙したるものを御きらひ候ふ。物を申さぬがわろきと仰せられ候ふ。また微音に物を申すをわろしと仰せられ候ふと[云々]。


(312)

一 おなじく仰せにいはく、仏法と世体とは嗜みによると、対句に仰せられ候ふ。また法門と庭の松とはいふあがると、これも対句に仰せられ候ふと [云々]。


(313)

一 兼縁、堺にて、蓮如上人御存生の時、背摺布を買得ありければ、蓮如上人仰せられ候ふ。かやうの物はわが方にもあるものを、無用の買ひごとよと仰せられ候ふ。兼縁、自物にてとりまうしたると答へまうし候ふところに、仰せられ候ふ。それはわが物かと仰せられ候ふ。ことごとく仏物、如来・聖人(親鸞)の御用にもるることはあるまじく候ふ。


(314)

一 蓮如上人、兼縁に物を下され候ふを、冥加なきと御辞退候ひければ、仰せられ候ふ。つかはされ候ふ物をば、ただ取りて信をよくとれ。信なくは冥加なきとて仏の物を受けぬやうなるも、それは曲もなきことなり。われするとおもふかとよ。皆御用なり。なにごとか御用にもるることや候ふべきと仰せられ候ふと[云々]。

                            実如[ 御判]

蓮如上人御一代記聞書 末