操作

かくしん

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

覚信

 (1224-1283)親鸞聖人の末娘。王御前(おうごぜん)ともよばれる。日野広綱(ひのひろつな)に嫁し、覚恵法師など二子を生む。広綱の死後、小野宮禅念(おのでらぜんねん)と再婚して、唯善(ゆいぜん)を生む。禅念の私有地に親鸞聖人の廟堂を創設し、さらに禅念から土地を譲り受けて、これを聖人の廟地とし、関東の門弟に寄進して、みずからは留守として廟堂の守護に任じた。 覚信尼。



出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。