操作

乃至一念

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

ないし-いちねん

 心念・称名・時刻などの極少の一念をあげ、さらに多念をも含める意があるので「乃至一念」という。下至一念に同じ。→一念。   (唯信鈔 P.1354)  

出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社
『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社

区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。

ないし-いちねん 乃至一念

一念」とは心念・称名・時刻などの極小を表し、「乃至」は多念を含めることを表す。『大経』には第十八願成就文(註41)、三輩段(註43)、弥勒付属(註81)の3カ所に「乃至一念」が説かれている。このなか親鸞は、第十八願成就文の「乃至一念」を信の一念、弥勒付属の「乃至一念」を行の一念とする。→行の一念、→信の一念 (浄土真宗辞典)
乃至