操作

行の一念

出典: 浄土真宗聖典『ウィキアーカイブ(WikiArc)』

ぎょう-の-いちねん

 念は称念の意で、一声の称名念仏のこと。親鸞は『大経』弥勒付属の文に

「それかの仏の名号を聞くことを得て、歓喜踊躍して乃至一念せんことあらん」(大経 P.81)

と説かれている「乃至一念」を行の一念を示す文と位置づけた。この一念に二種の解釈がある。

① 遍数(へん-じゅ)の一念。名号が衆生の声となって活動する信心獲得後の最初の一声をいう。「行巻」には

「行の一念といふは、いはく、称名の遍数について選択易行の至極を顕開す」(行巻 P.187)

とある。

② 行相の一念。ただ念仏して他の行を並べ修さないことをいう。「行巻」には

「専念といへるはすなはち一行なり、二行なきことを形すなり。いま弥勒付属の一念はすなはちこれ一声なり。一声すなはちこれ一念なり」(行巻 P.189)

とある。(浄土真宗辞典)

信の一念
行信不離
行信一念について
安心論題/行一念義