人能念是仏…

出典: 浄土真宗聖典プロジェクト『ウィキアーカイブ(WikiArc)』
移動先: 案内検索

にんのうねんざぶつ…

 「易行品」の原文では「是故我帰命」の後に「彼仏本願力」が続く。「人よくこの仏の無量力功徳を念ずれば、即のときに必定に入る。このゆゑにわれつねに念じたてまつる。 もし人、仏にならんと願じて、心に阿弥陀を念じたてまつれば、時に応じてために身を現じたまはん。このゆゑにわれ、かの仏の本願力を帰命す」(行巻訓) (尊号 P.650)


 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)第二版』本願寺出版社)
 出典(教学伝道研究センター編『浄土真宗聖典(注釈版)七祖篇』本願寺出版社)
 区切り線以下の文章は各投稿者の意見であり本願寺派の見解ではありません。